目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

目の美容整形、目頭切開とは

このサイトでは、目頭切開を受けるためのお勧めクリニックや、手術の種類や方法、体験談など、目頭切開をする前に知っておきたい情報をまとめています。

どんな人に向いている?

憧れを抱く女の子の画像目頭切開をすると、印象が大きく変わります。両目の距離が近づくだけでなく、大きな目、切れ長の目を手に入れることができます。平行型の二重まぶたを作る効果もあります。

  • 左右の目が離れている人   
  • 顔全体のバランスを整えたい
  • 平行型二重で目をパッチリ目にしたい人
  • 目の横幅を広くして目を大きくしたい人
  • 切れ長の目にしたい人

どんな手術を行うの?

目頭から上まぶた部分を覆っている「蒙古(もうこ)ヒダ」と呼ばれる皮膚を切開または切除し、ピンク色の涙丘という部分を見えるようにします。手術の術式などはクリニックによって様々です。

目頭切開の主な施術方法

  • Z法…目頭付近の皮膚をZ型に切開し、皮弁を入替えて縫合する術式
  • W法(内田法)…皮膚をW型に切開して切除、その後Wの中央の三角の皮膚を目頭の奥に差し込み縫合する術式

これらは、従来の手術法と比べて傷跡が残りにくく、傷の治りも早いため、多くのクリニックが取り入れています。これら以外にも、クリニック独自の術式など様々な施術法があります。

施術法の選択は、個人の状態に左右されます。また、ドクターの技術力次第で、同じ施術法でも仕上がりが大きく変わります。まずは何よりも適切なクリニック選びが最重要です。

バラ目頭切開の名医厳選6院を紹介しています

目頭切開を受けるクリニックの選び方

昔と比べて美容整形自体が一般的となり、ファッションの一部のような感覚で捉えられている感がありますが、手術のひとつであることには変わりありません。メスを用い、皮膚を切開・切除して縫合するという、外科手術と違いのない方法ですから、その分リスクもあるのです。

そのリスクを少しでも減らすために、クリニック選びは慎重に行いましょう。

信頼のおける医師がいるクリニック選びのポイント

  • 医師の経歴がしっかりしていて、確かな経験を積んでいるか。
  • 豊富な症例数をこなし常に技術の向上を図っているか。
  • 患者さんや第3者からの評価が高いか。
  • 一人のドクターがカウンセリングから手術まで行っているか

細かな事を言えば、手術費用、スタッフ・医師の対応力などチェックポイントはありますが、この4つのポイントをクリアしているクリニックであれば、安心して手術を任せることができると思います。

大切な顔の一部である目を手術するのですから、絶対に後悔しないクリニック選びをしてください

これらのチェックポイントを踏まえた上で、当サイトでは、全国から選りすぐりの名医のいる美容整形クリニックを5医院ピックアップいたしました。

目頭切開の手術を検討していらっしゃる方、迷いが捨てきれない方に、日本の最高峰の技術レベル・最新設備を整えたクリニックを知っていただき、最適なクリニック選びの参考になれたら幸いです。

本当のこと教えて!気になる目頭切開の疑問

目頭切開を受けたいと思っていても、不安があると、なかなか踏み切れないものです。
術後の腫れやダウンタイム、傷跡など、手術をしたことがバレないかなど、術前に気になる心配ごと、疑問について解説をしています。
体験談もまとめてありますので、参考にしてみてください。

術後の腫れやダウンタイムはどのくらい?

手術の方法や個人によって程度に差はありますが、目頭切開の手術後に腫れは起こります。
術前に腫れの程度を予測するのは難しいため、ダウンタイム(腫れの期間)を意識して手術の日程を決めなければなりません。
手術直後2~3日は強い腫れが起こるケースが多く、術後2週間ほどで腫れが収まってくるのが一般的なようです。

腫れやダウンタイムの詳細や腫れに関する体験談はこちら>>

傷跡は残らない?

腫れは時間とともに収まっていきますが、「傷跡」が残るのかどうかは一番気になるところだとお思います。
傷跡についても、個人の状況によって変わってきます。正確に言えば、メスを入れる手術ですので、傷跡は大なり小なり残るようです。
術後に腫れや傷跡の程度は、医師の技量にもかかってきます。最小限に抑えるためには、クリニック選びが重要なポイントになるでしょう。

傷跡を目立たなくするには?詳細や体験談はこちら>>

修正は可能?

もしも、術後の仕上がりが希望と大きく違っていたら…
目頭切開の手術を受ける前の心配事として、これも大きな問題だと思います。
結論から言うと、修正は不可能ではありません。

そもそも、目頭切開の手術自体、高度な技術を要しますので、腕が確かなうえに、美的センスも備えた医師のもとで行うことがトラブルを防ぐ第一条件となります。
修正となると、さらに高い技術を要します。とくに皮膚の一部を取り除く術法の場合、修正には、かなりのテクニックが要求されるため、対応できる医師も当然限られてきます。
修正を行うためのクリニック選びはもちろんですが、満足のいく仕上がりにするためには、最初から、クリニック選びは慎重に行うようにしましょう。

修正に関する詳細と修正事例はこちら>>

目頭切開したことがバレない?

目は、顔の中でも一番目立つパーツ。いくら理想の目元になれたといっても、できることなら、目頭切開を行ったことを周囲の方にバレたくないですよね。
同じ手術を行っても、いかにも「ザ・目頭切開」になってしまう場合と、そうでない場合があります。

より自然で美しく、バレにくい仕上がりにするためには、やはり医師の技術やセンスが絶対条件。費用が安いから、有名だから、アクセスがよいから…などという安易な理由に流されず、口コミ等を参考にして、評判の高いクリニックを選ぶことが賢明です。それが、後々の満足度にもつながりますし、結果的に費用面も抑えることにもつながるのです。

バレた?バレない?目頭切開をした方の体験談もまとめました>>

手術は痛くない?

目頭切開手術は、麻酔時や手術中に痛みを伴うことはほとんどありません。口コミでは、「麻酔をするときに少しだけ痛かった」という声もありますが、最近は麻酔クリームと併用して痛みの少ない、細い針を使用しているクリニックもあるため、痛みはほとんどないと思って良いでしょう。 痛みが発生する可能性があるのは、「術後」。目頭切開手術はメスを使用するため、麻酔が切れたときに痛みを伴うのが一般的です。しかしそれも痛み止めを飲むほどではなく、我慢できるレベルだと言われています。

手術は痛くない?詳細や体験談はこちら>>

失敗例を知りたい

これまでに挙がっている失敗例は、「効果が感じられない」「目頭が不自然」「傷跡が目立つ」などがあります。手術を受ける以上は、少なからず失敗する可能性はあるため、リスクを把握しておくことが大切です。また、目元は加齢とともに変化していくため、手術を受ける場合は、将来起こりうるリスクについても目を向けなければなりません。目頭切開手術で失敗しないためには、カウンセリングをしっかり受けることや担当医師のスキルを見極めることも大切です。

失敗例の詳細や体験談はこちら>>

目頭切開の「気になる」は体験談で解決!

手術を受けているのは女性だけではありません。また、脱脂や二重手術などを併せて行う場合もあります。

そこで、女性と男性それぞれの目頭切開の体験談を集めました。併せて行った施術も明記していますので、ぜひ参考にしてください。

女性の目頭切開体験談を読む>>

男性の目頭切開体験談を読む>>

目頭切開法の種類と適する症状

Z法

Z法(Z-plasty法)は、目頭が見えるように皮膚を入れ替え、目幅を大きく見せることができる手術法。W法と比べてシャープで切れ長の目を作りやすいのが特徴です。切開方法は、目頭をZ型に切開し、その部分の皮膚を入れ替えて蒙古(もうこ)ヒダと呼ばれる目頭部分の皮膚を少なくします。ダウンタイムが少なく、スッキリとした目元になれるのが魅力です。デメリットとしては自由度が低い、可愛い印象になりくいなどが挙げられます。

目頭をZ型に切開する手術法の詳細や体験談はこちら>>

W法(内田法)

目頭を覆ってしまっている蒙古ヒダをW型に切開して取り除く「W法(内田法)」。Z法に比べて柔らかい印象の目になりやすいため、「目を大きく見せたい!」という人にピッタリの術式です。W法は医師によって上手い・下手がわかれる手術で、技術力のないドクターが施術を行なうと長いあいだ手術跡が目立ってしまうことがあります。また、皮膚を切除するため、失敗した場合の修正が難しいことも頭に入れておかなければなりません。優秀な医師に手術を行なってもらえば傷跡も目立ちにくく、キレイに仕上げることができます。

目頭をW型に切開する手術法詳細や体験談はこちら>>

そのほかの方法

目頭切開手術はZ法・W法以外にも、三日月法やStallard法、平賀法など種類が豊富。シンプルで所要時間を短縮できる方法や再建治療として使用される方法など、目的に合わせて特徴が違います。切開手術を成功させるためのポイントは、一般的に行なわれている手術を選ぶだけではなく、方式をしっかりと理解して自分に合った手術方法をみつけることです。

そのほかの手術法についての詳細や体験談はこちら>>

目頭切開にかかる費用を調査

一般的な費用目安

目頭切開にかかる費用は、両目でおおよそ20万円~30万円前後。手術を行なっているクリニックの中には、相場よりもかなり安い金額で行なっているところもありますが、価格設定が低いところは手術をきちんと行なってくれない可能性があります。クリニックを選ぶうえで料金をチェックするのはとても大切ですが、目頭切開手術は高い技術力を必要する手術です。料金だけではなく医師のスキルや症例についても調べるようにしましょう。

一般的な目頭切開の費用目安を知る>>

モニター価格とは

「クリニック選びをしている際によく目にするモニター価格とは一体なんだろう?」と一度は疑問に思ったことがあるはず。モニターのやるべきことは、実際に手術を体験して、症例写真としてデータに残ることです。クリニックがネットにアップしたり、同じ手術を受ける患者に説明する際の参考資料として役立てたりしています。クリニックによって割引幅は異なりますが、割引価格10~50%程度の料金で手術や治療を受けられます。ただし、希望すれば誰でも受けられるわけではなく、モニターとして相応しいかどうかの審査を受けなければなりません。また、手術後も何度か通院・撮影する必要があります。

モニター価格について詳細を確認する>>

理想の目を手に入れる美容整形法

自然な二重にしたい

自然な二重を希望する人はたくさんいますが、その定義は人それぞれ。自然な二重にする手術と言えば「埋没法」。施術が簡単で失敗しても修正できるのが魅力です。また、手術時間も短く、両目合わせても10分程度で終了します。しかし、簡単な手術だからと言って誰でも良いわけではなく、医師の技術によって差がでるので、クリニック選びは慎重に行なったほうがいいでしょう。

自然な二重にしたい場合の美容整形法はこちら>>

二重の幅を広くしたい

ハーフのような華やかな印象に見せられる幅の広い二重は、若者の間で流行しています。そんな目元になれる手術法は「全切開法」「部分切開法」「目頭切開法」など、さまざま。全切開法術法は、くっきりとした二重を作るのに適しており、部分切開法はダウンタイムが気になる方におすすめです。目頭切開法は、手術方法によって幅の広い二重を作ることができます。施術を受ける際は医師としっかりと相談して自分にピッタリの施術方法を選びましょう。

二重の幅を広くしたい場合の美容整形法はこちら>>

絶対に取れない二重にしたい

安全性が高く簡単に行なえる埋没法は、二重ラインを作っている糸が切れやすいため、永久的な二重を望んでいる方にはあまり向いていません。永久的な二重を手に入れたい方には、全切開法や目頭切開がおすすめです。全切開法は、二重にしたいラインを切開し余分な皮膚や組織を除去するため、絶対に取れない二重を作るのに最も適した方法と言われています。目頭切開は、目頭を覆っている皮膚を切り取り、隠れていた二重の先端部分を露出させる方法です。パッチリとした目を作ることができ、全切開法と組み合わせることで半永久的な二重にすることができます。

絶対に取れない二重にしたい場合の美容整形法はこちら>>

垂れたまぶたをスッキリ

垂れ下がったまぶたの施術には、「眼瞼下垂(がんけんかすい)」と「脱脂法」が行なわれます。眼瞼下垂手術は、まぶたの緩んだ筋肉を短く縫い縮める手術のこと。眠たげな眼をパッチリと開かせることができます。脱脂法は上まぶたの余分な脂肪を取り除き、目元を整える手術です。傷跡を目立たせず、治療できるのが魅力です。

垂れたまぶたをスッキリしたい場合の美容整形法はこちら>>

目をもっと大きく見せたい

タレントやモデルのような大きな目は、いつになっても女性にとっての憧れ。目を大きく見せるための手術方法はまぶたの脂肪を除去する「切開法」や目頭の皮膚を切開する「目頭切開法」など、いろいろあります。しかし、数ある手術の中からどの方法が適しているかは、素人ではなかなか判断しにくいもの。自分に1番合う手術を受けるためには、担当医師としっかり相談することが大切です。また、施術の良し悪しは医師の技術力によっても異なるので、クリニックを選ぶ際はしっかりと下調べをするようにしましょう。

目をもっと大きく見せたい場合の美容整形法はこちら>>

目の下を若返らせたい

目の下のたるみは、顔を老けさせる原因となりますが、改善するだけで若く見せることができます。たるみ改善にはさまざまな治療法があり、中には「下眼瞼脱脂術」「目の下のクマ治療」「下まぶたのたるみ取り」など、低リスクで受けられる手術もあります。目の整形術となると、切る方法を思い浮かべてしまいがちですが、術法は豊富にあるのでいろいろ知っておくと役立ちますよ。

目の下を若返らせたい場合の美容整形法はこちら>>

切れ長の目にしたい

切れ長の目を作るための手術方法には、「目頭切開Z法」「目尻切開術」「目尻挙上術」などがあります。目頭切開Z法は、腫れや傷跡が少なく済むことが特徴で、目尻切開術は優しい雰囲気の目に仕上げたいという方におすすめの手術です。目尻挙上術は、目尻を吊り上げ強くキリッとした印象の目に仕上げる方法で、クールな切れ長の目にすることができると言われています。

切れ長の目にしたい場合の美容整形法はこちら>>

目頭切開あんしんパーフェクトガイド