目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

このサイトでは、目頭切開を受けるためのお勧めクリニックや、手術の種類や方法、体験談など、目頭切開をする前に知っておきたい情報をまとめています。

目の美容整形、目頭切開とは?

蒙古襞

蒙古襞

目頭切開とは、日本人をはじめとしたアジア人によく見られる蒙古襞(もうこひだ/目頭を覆っている部分)を切ることによって、隠れている目頭を見えるようにする手術です。

目頭に指をあてて、鼻の方向(真横)に引っ張ってみると想像がしやすいかもしれません。

もともと隠れている目頭を見えるようにするだけなので、しっかりとしたドクターに手術してもらえば自然な仕上がりが得られます。

しかし、逆を言えば技術力が足りないドクターの場合、思ったような仕上がりにならないことも。クリニックとドクターの見極めが重要です。

どんな人に向いている?

憧れを抱く女の子の画像目頭切開をすると、印象が大きく変わります。両目の距離が近づくだけでなく、大きな目、切れ長の目を手に入れることができます。平行型の二重まぶたを作る効果もあります。

  • 左右の目が離れている人
  • 顔全体のバランスを整えたい
  • 平行型二重で目をパッチリ目にしたい人
  • 目の横幅を広くして目を大きくしたい人
  • 切れ長の目にしたい人

どんな手術を行うの?

目頭から上まぶた部分を覆っている「蒙古(もうこ)ヒダ」と呼ばれる皮膚を切開または切除し、ピンク色の涙丘という部分を見えるようにします。手術の術式などはクリニックによって様々です。

目頭切開法の種類と適する症状

Z法

Z法切開イメージ

Z法(Z-plasty法)は、目頭が見えるように皮膚を入れ替え、目幅を大きく見せることができる手術法。W法と比べてシャープで切れ長の目を作りやすいのが特徴です。

切開方法は、目頭をZ型に切開し、その部分の皮膚を入れ替えて蒙古襞(もうこひだ)と呼ばれる目頭部分の皮膚を少なくします。

ダウンタイムが少なく、スッキリとした目元になれるのが魅力です。デメリットとしては自由度が低い、可愛い印象になりくいなどが挙げられます。

目頭をZ型に切開する手術法の詳細や体験談はこちら>>

W法(内田法)

W法切開イメージ

目頭を覆ってしまっている蒙古ヒダをW型に切開して取り除く「W法(内田法)」。Z法に比べて柔らかい印象の目になりやすいため、「目を大きく見せたい!」という人にピッタリの術式です。

W法は医師によって上手い・下手がわかれる手術で、技術力のないドクターが施術を行なうと長いあいだ手術跡が目立ってしまうことがあります。また、皮膚を切除するため、失敗した場合の修正が難しいことも頭に入れておかなければなりません。

優秀な医師に手術を行なってもらえば傷跡も目立ちにくく、キレイに仕上げることができます。

目頭をW型に切開する手術法詳細や体験談はこちら>>

リドレープ法

リドレープ法切開イメージ

「韓国流目頭切開」とも呼ばれるリドレープ法。韓国では主流となっている目頭切開法です。

皮下を剥離して、傷を目の縁に合わせて縫合します。他の施術法と比べて切開の範囲が少ないため、傷跡が目立ちにくいのが特徴。

自然な仕上がりになる反面、大きな変化が欲しい方には足りないかもしれません。

傷跡が残るのが心配な人や、控えめな効果が欲しい人に向いてる方法です。

目頭をリドレープ法で切開する手術法詳細や体験談はこちら>>

三日月法(単純切開)

三日月法切開イメージ

その名の通り、目頭部分を三日月形に切開し、余分な組織を除去して縫合する施術です。

古くから行なわれているシンプルな手法のため、所要時間が短いのが特徴。

しかし、シンプルな施術がゆえに、皮膚が元に戻ろうとする力に負けてしまうことも。結果として、施術前の状態に戻ってしまったという声も報告されています。

蒙古襞の切開範囲が小さい人であれば、そういった心配は少ないようです。

その他の方法

目頭切開手術には、他にもミニZ法やImre法(Z形成術)、Stallard法(変形Z形成術)など種類が豊富にあります。クリニックによってはオリジナルの目頭切開法を用意しているところも。短時間で済む手軽なプチ整形や時間かかりますが大きく目元を改善できる再建治療などさまざまです。目頭切開は一人ひとりの目元に合った施術を受けることが大切。切開手術を成功させるためには、メジャーな施術だけでなく、マイナーな施術を検討するのも手ですよ。その他の方法を以下にまとめたので、参考にしてみてください。

ミニZ法

形成外科の一般的な施術である「Z-plasty」を蒙古ひだ用に改良したのが「ミニZ法」。皮膚を切除する「W型切開」とは違う観点から開発された施術法です。蒙古ヒダを切除せず「Z型」に切り込み入れて皮膚を立体的に入れ替えます。ミニZ法では切開線を小さめすることで切開部分を最小で済ませるとのこと。切開部にかかる張力も小さくなるため、早い段階で傷跡が目立たたない自然な仕上がりになるのが特徴です。

Imre法(Z形成術)

内眼角部のひだの位置を移動することで目元を大きくするZ形成術のひとつ。Z形成術は傷が最小限で済むため腫れを抑えやすい施術です。施術結果に納得できない場合は、修正しやすいのが大きなメリットだといえます。0.1mm単位で切開位置を計り細部用のメスで切開を行なうことで、皮膚の繊維組織を最小限で切除。また「吸収される糸」で中縫いを行ない、極細の糸でさらに細かく縫合していきます。

Stallard法(変形Z形成術)

Z形成術を応用して開発されたのが、Stallard法(変形Z形成術)。蒙古ひだの表面(前葉)と裏面(後葉)にまたがって切開します。

V法

蒙古ひだの中心から水平に切開して、余分な皮膚を切除(トリミング)して縫合する施術。傷跡がVの字に残りますが、蒙古ひだを完全に取り除いて目頭にある涙丘(るいきゅう)を露出させられます。単純な施術で蒙古ひだを取り除けるのですが、希望に合わせた細かい調節ができません。

Park法

Z形成術と余剰皮膚切除を行なうのがPark法。Z形成による皮膚の入れ替えと同時に余剰皮膚を切除することで、平行型の二重を作れます。二重の内側の幅を広げたい場合やまつ毛側の余った皮膚を取り除きたい場合に最適な施術です。また二重の仕上がりを平行型にしたい方にもおすすめします。

VY形成

丸みのある目頭を実現するためにV字に切開したあとにY字に縫合する施術。手術直後は目頭が尖った状態になってしまうのですが、半年くらいかけて徐々に丸みを帯びてきます。目頭切開で蒙古ひだを切りすぎてしまった方の修正で使われることの多い施術です。

平賀法

蒙古ひだを切り取ってV型またはY型に縫い合わせる施術。切り取り量を加減することで手術の効果を変えられます。傷跡があまり目立たないのも◎。目頭をきりっとしたシャープな印象に仕上げたい場合におすすめです。

渡辺法

伝統的な平賀法を改良した目頭切開が渡部法。切開する角度を抑えてデザインを工夫できるようになっています。

平賀法変法

これまでに使われてきた平賀法に改良を加えた目頭切開が平賀法変法。蒙古ひだを覆っている皮膚を切除して縫合します。ひだのきつくない方におすすめできる施術です。

Mack法(Y-V形成術)

蒙古ひだの表面をY字切開したうえで、内側を鼻のほうに向けて伸ばすのがMack法(Y-V形成術)。平賀法よりも柔らかい目元に仕上がるのが特徴です。

Mustarde(Y-V形成Z形成複合法)

美容整形手段であまり使用されず、形成外科にて再建治療の目的で行なわれることの多い施術です。Y-V形成術とZ形成術とを組み合わせた施術で、効果が高く優れた方法。しかし、広範囲に切開するため、離れた皮膚の色を合わせるのが難しいそうです。高い技術力を要する施術だといえます。

そのほかの手術法についての詳細や体験談はこちら>>

これらは、従来の手術法と比べて傷跡が残りにくく、傷の治りも早いため、多くのクリニックが取り入れています。これら以外にも、クリニック独自の術式など様々な施術法があります。

施術法の選択は、個人の状態に左右されます。また、ドクターの技術力次第で、同じ施術法でも仕上がりが大きく変わります。まずは何よりも適切なクリニック選びが最重要です。

バラ目頭切開の名医厳選6院を紹介しています

目頭切開をしても変わらない人もいる

蒙古襞を切ることによって切れ長の目になれる目頭切開ですが、手術をしても変わらない人もいます。

もともと蒙古襞がない人や、あっても覆いかぶさっている部分が少ない人はせっかく手術をしても大きな変化は見られません。まずは、自分の蒙古襞がどういった状態か確認してからクリニックに行くことをおすすめします。

もちろん、クリニックでのカウンセリングでも術後のイメージを見せてくれるので、ドクターに相談してみるのも良いでしょう。

目頭切開を受けるクリニックの選び方

昔と比べて美容整形自体が一般的となり、ファッションの一部のような感覚で捉えられている感がありますが、手術のひとつであることには変わりありません。メスを用い、皮膚を切開・切除して縫合するという、外科手術と違いのない方法ですから、その分リスクもあるのです。

そのリスクを少しでも減らすために、クリニック選びは慎重に行いましょう。

信頼のおける医師がいるクリニック選びのポイント

  • 医師の経歴がしっかりしていて、確かな経験を積んでいるか。
  • 豊富な症例数をこなし常に技術の向上を図っているか。
  • 患者さんや第3者からの評価が高いか。
  • 一人のドクターがカウンセリングから手術まで行っているか

細かな事を言えば、手術費用、スタッフ・医師の対応力などチェックポイントはありますが、この4つのポイントをクリアしているクリニックであれば、安心して手術を任せることができると思います。

大切な顔の一部である目を手術するのですから、絶対に後悔しないクリニック選びをしてください

これらのチェックポイントを踏まえた上で、当サイトでは、全国から選りすぐりの名医のいる美容整形クリニックを6医院ピックアップいたしました。

目頭切開の手術を検討していらっしゃる方、迷いが捨てきれない方に、日本の最高峰の技術レベル・最新設備を整えたクリニックを知っていただき、最適なクリニック選びの参考になれたら幸いです。

目頭切開の名医 厳選6選

理想の目元を実現してくれる経験豊富な名医を6名ピックアップしました。目頭切開の症例数が多いのはもちろん、オリジナルの手法を考案している医師もいます。また、宣伝をしていないのに著名人や芸能人が口コミで来院するほど人気があるクリニックも。確実に効果の出る施術してくれる証拠だといえるでしょう。ほかにも失敗しない名医選びのポイントを4つに分けてご紹介。名医が所属するクリニックの特徴や料金、口コミも載せています。

バラ目頭切開の名医!厳選6院を詳しく見る>>

目頭切開が受けられる全国のクリニック

ここでは、北海道から沖縄、さらに韓国にあるクリニックの情報をピックアップして載せているので、参考にしてみてください。日本全国には目頭切開を受けられる美容形成外科クリニックが多くあります。クリニックによって扱っている施術法が違いますし、症状に合わせた治療をする必要があるのです。またアフターケアのことも考えると通いやすいクリニックを選ぶことも大切。とはいえ、どのクリニックが目頭切開に対応しているのか調べるのは大変ですよね。

北海道・東北

札幌美容形成外科

美容形成外科に携わって30年以上の経験がある院長が施術を丁寧に行なってくれます。目頭切開には韓国の医師が開発した「内眼角靭帯短縮法」を採用。目を大きくすることに期待がもてる方法です。
また、手術用顕微鏡を使用し、数ミリ単位で切開することで希望通りのデザインに仕上げます。ダウンタイムが短く日帰りで施術を受けられるのも魅力だといえるでしょう。

所在地:北海道札幌市中央区北三条西3-1-3 コンタクトオフビル

ソフィアイーストクリニック

「自然な若さで美しくいたい人の応援」をモットーに地域に根差した治療を行なっているソフィアイーストクリニック。地元からの信頼が厚く、リピーターが多いそうです。また、口コミで評判が広がり、足を運ぶ患者も多いのだとか。目頭切開はミニZ法やW法で治療を行ない、患者の目元の状態にあった方法を提案。施術前にコンピューターシミュレーションでデザインを確認できるのも特徴です。

所在地:北海道札幌市中央区南1条西5丁目 敷島南1条ビル9階

仙台中央クリニック

適正価格で高い技術力を提供している仙台中央クリニック。さまざまな美容外科手術を受けられるのが魅力です。施術は美容外科医師歴 20 年以上の院長が行ないます。日本美容外科学会の専門医資格を持っているので、その技術力は高いといえるでしょう。目頭切開は切除法を分類した最適な方法を提案。また、高度な技術を必要とする、他院修正を積極的に行なっているのも特徴です。

所在地:宮城県仙台市青葉区中央3-6-8 JTBビル7F

タウン形成外科クリニック

タウン形成外科クリニックの理事長をはじめとする所属ドクターは、日本美容外科学会や日本形成外科学会で正式に認定された専門医の資格を持っています。全員が美容医療に携わって15年以上のベテランです。知識と経験を豊富に持つドクターが、丁寧にカウンセリングを行ないます。目頭切開にはZ形成法、内田法、平賀法などを採用。他院修正も行なっています。

所在地:宮城県仙台市青葉区 中央1-3-1 AER16F

関東

目白ポセンシアクリニック

目白ポセンシアクリニックの院長には年間1,200件の施術を行なっている実績があります。カウンセリングからアフターフォローまで一貫して行なうワンドクター制を採用。目頭切開には院長が自ら開発したパーソナルデザイン法で治療にあたります。営業活動を一切行わず口コミだけで患者が来院するクリニックです。料金内訳を丁寧に説明してくれるメディカル(医療)コンシェルジュ制度を導入しています。料金ついてしっかり説明を受けられるので安心です。

所在地:東京都豊島区目白3-5-12目白コアビル3F

高須クリニック

コマーシャルでお馴染の高須クリニック。「YES!高須クリニック」というフレーズは一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
目頭切開にはZ法やW法(内田法)、V法などで治療を行ないますが、要望がない限りは、自然な仕上がりが期待できるZ法を採用しているそうです。
コンピューターシミュレーションで、顔のバランスに合わせて切開する角度や長さを決められます。

所在地:東京都港区赤坂2-14-27国際新赤坂ビル東館12F

プリモ麻布十番クリニック

プリモ麻布十番クリニックでは、傷跡が最小限で済み、仕上がりが自然なZ形成術で目頭切開を行なっています。カウンセリングで丁寧に要望を聞き、最適な施術を提案。
目元の施術経験が豊富な専門医の資格を持つ医師が、治療にあたるので安心です。

所在地:東京都港区麻布十番1-7-11 麻布井上ビル2F

ヤスミクリニック

50年以上の実績があるヤスミクリニック。中国人スタッフを常駐させているので、中国語にも対応可能です。目頭切開にはZ法とW法で治療にあたります。逆Z法(切開を戻す手術)も行なっているようです。また、公式サイトでは施術に関しての解説やQ&A、コラムなどを掲載。施術を受ける前に詳しい内容を確認できます。

所在地:東京都豊島区巣鴨1-18-11十一屋ビル5F

十仁美容整形

日本に美容外科が普及する以前から美容整形医学を研究してきた十仁美容整形。その歴史は80年以上にもなり、美容医療界のパイオニアと呼ばれています。
常に最先端の知識を取り入れ、これまでに培ってきた臨床経験に基づいて治療にあたっているとのこと。
目頭切開を行なう際は、一人ひとりの目元の状態を確認して施術法を提案してくれます。

所在地:東京都中央区銀座8-9-11 天国ビル5F

ヴェリテクリニック 銀座

ヴェリテクリニック銀座院では、Z法やリドレープ法、皮膚切除法で目頭切開を行ないます。主にZ法で治療を行なっているようです。患者の蒙古ひだの状態に合わせて、最適な施術法を提案しています。院長は美容外科界で有名なドクター。その技術力の高さは著名人から指名が入るほど。医師を指導する立場である指導医の資格を持っています。「予約の取れない美容外科」と言われている人気のあるクリニックです。

所在地:東京都中央区銀座5-5-7 ニュー銀座ビル6号館3F

ライフクリニック・インターナショナル

ライフクリニック・インターナショナルは、開院から16年以上の歴史を持つ美容外科です。院長は10年間整形外科の研究を行い、大手クリニックで20年以上のキャリアを積んだ経験豊富な医師。積極的に学会で研究成果を発表したり、新しい技術を学んだりするなど、研究熱心です。目頭切開の内田法・Z法・W法などを採用。局所麻酔で痛みを感じることなく治療を受けられます。

所在地:東京都墨田区江東橋4-19-3 セントラルビル6F

共立美容外科

全国に16院ある美容外科グループである共立美容外科。各院で個々の経営形態をとっているため、担当医が変わることはほとんどありません。全国に展開するクリニック間で情報を共有し、より良い治療を実現しているのだそう。目頭切開には、Z法やW法を採用しています。
徹底したコストカットによって、適正な価格で手術を提供できるように努めているクリニックです。

所在地:東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビル7F

ノエル銀座クリニック

都内の一等地に店舗を構えるノエル銀座クリニック。医療に携わって30年以上のキャリアを持つ院長をはじめ各分野の専門資格を持つドクターが、カウンセリングから手術、アフターケアまでを担当してくれます。カウンセリングの内容に沿って治療を行なってくれるので安心です。目頭切開はオリジナルの「くの字型」に切開する施術を採用。顔のバランスを考慮して施術を行なってくれます。

所在地:東京都中央区銀座5-4-6 ROYAL CRYSTAL GINZA 3F

東京美容外科

「美しくなりたいと願う全ての女性の為に」をコンセプトに治療を行なう東京美容外科。院長は形成外科に携わって40年以上になるベテラン医師です。目元の施術を得意としており、専門医の資格も多数所持しています。
目頭切開は患者の目に合わせて適切な方法を提案。縫合の際は、内側眼瞼靱帯をしっかり留めることで、確実に自然な仕上がりとなります。

所在地:東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F

東京青山クリニック

東京青山クリニックは、関東を中心に全国12院を展開する美容形成クリニックです。美容医療に関わる幅広い治療を提供しています。治療説明を本人や家族に確認するインフォームド・コンセントを行なっているとのこと。丁寧にカウンセリングを行なうので、でき上がりの質の高さには定評があるようです。傷口や手術跡、腫れが起きにくい独自の施術法を開発。また、施術時間は15分で済み、当日からメイクができます。通院の必要がないのも特徴です。

所在地:東京都港区南青山5-12-6青山第2和田ビル3F

新宿中央クリニック

新宿中央クリニックは、全国に展開する中央クリニックグループの本院です。「痛くない治療」を掲げており、麻酔科ドクターがさまざまな麻酔方法で対応してくれるので、痛みが心配な方でも安心。
カウンセリングで要望をしっかりと聞き、ドクターから最適な施術を提案。患者一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療を行なってくれるのが特徴です。目頭切開には、オリジナルのカット法で治療を行ないます。

所在地:東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル6F(1Fソフトバンク)

水の森美容外科

「患者優先」をコンセプトに治療を行なう水の森美容外科。治療を受ける一人ひとりとコミュニケーションが取れるように、医師やスタッフの教育を徹底しています。また、治療の技術統一が確立しているのも魅力。目頭切開をする前に念入なシミュレーションを行ないデザインを確認します。これまでに行ってきた症例経験から、最適な治療法を提案してくれるクリニックです。

所在地:東京都中央区銀座2-5-4 ファサード銀座4F

有楽町高野美容クリニック

有楽町高野美容クリニックは「すべては患者様の為に」を理念に掲げています。美容医療に精通している院長がこれまでに培ってきた知識と経験で治療を提案。最新の機器や最先端の治療法を取り入れることで、より高品質な施術が行なえるように努力しているとのこと。目頭切開には二重のラインに傷跡を隠して目立たなくする、オリジナル術式を採用しているのが魅力です。

所在地:千代田区有楽町1-6-3 日比谷頴川ビル3F

ノブビューティークリニック

ノブビューティークリニックでは、カウンセリングをしっかり行ない患者の要望をヒアリングします。痛みが心配な患者のために、静脈麻酔を採用しているのが特徴。完全無痛による治療を受けられます。目頭切開には、大きな目を実現するための手術を採用しています。理想の目元にするために二重術と目頭切開を併用する患者も多いのだとか。また、ダウンタイム中のケアの指導や、術後の経過を医師がチェックしてくれる制度など、アフターフォローも充実しています。

所在地:東京都墨田区江東橋4-22-4 第一東永ビル4F

池袋ガーデンクリニック

池袋ガーデンクリニックは、全国展開するガーデンクリニックグループのひとつです。目頭切開には、三日月型」やW型(内田法)、「Z法」の3つを用意しています。カウンセリングで目元の状態を見極め、最適な方法をアドバイスしてくれるとのこと。「追加料金がない会計」「年中無休の相談受付」なども魅力です。

所在地:東京都豊島区南池袋2-26-6島倉ビル 3・4F

船橋中央クリニック

船橋中央クリニックでは、美容医療の経験と実績を積んだ院長が、一貫してカウンセリングからアフターケアまで行なってくれます。また、常に最高の治療を提供できるように美容外科・美容整形の学術会議や研修会などに積極的に参加して技術を習得。目頭切開には、目頭を切開し蒙古ひだを取り除く術法を採用しています。

所在地:千葉県船橋市本町6-4-15 グラン大誠ビル2F

中部・東海

ユリシスクリニック

ユリシスクリニックは静岡県浜松市にある美容形成外科です。清潔に保たれている院内はショールームのような空間が広がっています。院長は大手美容形成外科の院長を歴任した経歴の持ち主。「患者様の利益第一主義」「専門機器の導入」「医療の技術・技能・対応の向上」を基本理念に治療にあたっています。目頭切開には多数の臨床結果をもとに開発したオリジナル目頭切開を採用。目頭の外側に傷跡を残さず、大きな目元を実現できます。

所在地:静岡県浜松市中区鍛冶町1-39 ピンストライプビル6F

いちだクリニック

創業から25年以上もの歴史があるいちだクリニック。地元でコツコツ技術を磨いてきた院長は地元から絶大な信頼を得ている医師です。その評判を聞きつけて名古屋や三重、関西方面などからも患者が来院するのだとか。目頭切開は特殊なデザインで切開し、目がより大きく見えるように工夫しています。
院長が考案した傷跡が残らない「市田式埋没法」との目頭切開の併用をおすすめしているようです。

所在地:岐阜県岐阜市清本町10-18

関西

ルネッサンス美容外科医院

ルネッサンス美容外科医院は、「美容医療のあるべき姿」を実践し、美容医療業界の再生(ルネッサンス)を推進しています。「厳格な手術適応」や「十分なインフォームド・コンセント」、「安全な手術を行なう配慮や準備」を徹底することで安心して施術が受けられる環境を提供。目頭切開にはZ法や内田法を改良した施術で治療にあたってくれます。

所在地:兵庫県神戸市中央区八幡通3-1-14 サンシポートビル8F

カリスクリニック

美容外科医として20年の経歴を持つ院長が治療を行なうカリスクリニック。院長は日本美容医療協会の認定医であり、日本美容外科学会専門医の理事を務める実力者です。目頭切開には、傷跡がほとんど見えない「Skin Redraping Method」を採用。自然で綺麗な目頭を手に入れられます。そのほかにもZ法やW法など、一人ひとりに最適な施術を提案するクリニックです。

所在地:大阪府大阪市北区梅田2-4-37 4F

ヴェリィ美容形成クリニック

ヴェリィ美容形成クリニックは、京都駅前という好立地の場所にあります。患者がリラックスできるようにすべての空間に細やかな配慮をしているのも特徴。無菌手術室も完備されているため備えは万全だといえるでしょう。目頭切開では、蒙古ヒダを取り除くことによって、隠れていたまつ毛の生え際を復活。そのため、本来持っている目の大きさを活かしてくれるのが魅力です。

所在地:京都府京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町717-1 京都駅前ビルBF1

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックは全国に10院を展開する美容外科院です。美容外科全般の手術を行なっており、世界各国の学会での症例報告も積極的に行なっているため、外部機関から高く評価されています。患者の満足を第一に考えて「最高の医療と顧客サービス」を導入してるとのこと。目頭切開は熟練ドクターが数ミリ単位の要望に応えます。最適な方法を提案してくれるので安心です。

所在地:東京都港区六本木6-6-9ピラミデ2F

九州・四国

リッツ美容外科

リッツ美容外科は技術の高さはもちろん、患者に対する真摯な態度から信頼を集めています。カウンセリングから執刀までを一貫して院長が行なうのが特徴。患者の要望に100%の力で対応しています。カウンセリングでは、1時間かけて患者の希望と術後についてまで綿密に打ち合わるとのこと。目頭切には「ミニZ法」を推奨しています。切除するほど皮膚が余っていない目頭に最適な施術法です。

所在地:香川県高松市瓦町2-6-14 瓦町スクエアビルド6F

城本クリニック

城本クリニックは開院から20年以上の歴史を持つ美容外科クリニックです。経験豊富な医師が患者一人ひとりと向き合い丁寧にカウンセリングを行ない、イメージや理想をしっかりヒアリングして信頼関係を築くとのこと。目頭切開は、W型に切開し皮膚を目頭へ入れて傷跡が見えないように縫合する「W-plasty(内田)法」を採用しています。

所在地:愛媛県松山市大街道2-5-9 久保豊ビル6F

プラチナクリニック

プラチナクリニックでは、最新の美容技術や優れた手法を取り入れています。院長がヨーロッパやアメリカ、アジアなど諸外国の美容外科医と親交がとても深く、日本で紹介されていない治療法を身につけているのも魅力です。オリジナルのプラチナ式は、従来のZ法・W法などとは異なる手法で治療を行ないます。15分という短時間で手術が終了し、傷の治りが早いというのが特徴です。

所在地:福岡県福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル 7F

福嶋美容外科クリニック

大手美容外科の院長・理事を歴任した実力者が院長を務める福嶋美容外科クリニック。「心から美しくなりたい方とまっすぐに向き合う」を理念に掲げ治療を行なっています。目頭切開を行なう際は、カウンセリングで患者の状態を把握したうえで最適な施術を提案。患者の理想のイメージをどれくらい的確に捉られるかを大切にして施術に取り組んでいるクリニックです。

所在地:北九州市小倉北区魚町1-4-21 魚町センタービル6F(1F JTB)

あやべビューティークリニック(旧:福岡三井中央クリニック)

開院から15年以上の歴史を持つあやべビューティークリニック。2017年に「福岡三井中央クリニック」から「あやべビューティークリニック福岡」へと病院名を変更しています。「痛くない・恐くない・恥ずかしくない」治療をポリシーとしているとのこと。目頭切開の施術には全身麻酔を使うため、痛みを感じずに治療を受けられます。

所在地:福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目1-23 サニックス博多ビル3F(1F 西日本シティ銀行)

海外

BK美容外科

BK美容外科は、美容大国の韓国でも有名な大手美容形成外科です。100名以上の職員が働いており、ビル1棟丸ごと使って最新の美容医療設備を完備しています。日本から整形手術を受けに行かれる方も増えているのだとか。治療によっては日本の半額で施術が受けられるのが人気の理由です。目頭切開には傷痕を残さない「マジック目頭切開」を採用しています。

所在地:韓国ソウル市江南区論ケン洞1-2BKB/D(135-010)

本当のこと教えて!気になる目頭切開の疑問

目頭切開を受けたいと思っていても、不安があると、なかなか踏み切れないものです。

術後の腫れやダウンタイム、傷跡など、手術をしたことがバレないかなど、術前に気になる心配ごと、疑問について解説をしています。

体験談もまとめてありますので、参考にしてみてください。

術後の腫れやダウンタイムはどのくらい?

手術の方法や個人によって程度に差はありますが、目頭切開の手術後に腫れは起こります。

術前に腫れの程度を予測するのは難しいため、ダウンタイム(腫れの期間)を意識して手術の日程を決めなければなりません。

手術直後2~3日は強い腫れが起こるケースが多く、術後2週間ほどで腫れが収まってくるのが一般的なようです。

腫れやダウンタイムの詳細や腫れに関する体験談はこちら>>

傷跡は残らない?

腫れは時間とともに収まっていきますが、「傷跡」が残るのかどうかは一番気になるところだとお思います。

傷跡についても、個人の状況によって変わってきます。正確に言えば、メスを入れる手術ですので、傷跡は大なり小なり残るようです。

術後に腫れや傷跡の程度は、医師の技量にもかかってきます。最小限に抑えるためには、クリニック選びが重要なポイントになるでしょう。

傷跡を目立たなくするには?詳細や体験談はこちら>>

修正は可能?

もしも、術後の仕上がりが希望と大きく違っていたら…、目頭切開の手術を受ける前の心配事として、これも大きな問題だと思います。

結論から言うと、修正は不可能ではありません。

そもそも、目頭切開の手術自体、高度な技術を要しますので、腕が確かなうえに、美的センスも備えた医師のもとで行うことがトラブルを防ぐ第一条件となります。

修正となると、さらに高い技術を要します。とくに皮膚の一部を取り除く術法の場合、修正には、かなりのテクニックが要求されるため、対応できる医師も当然限られてきます。

修正を行うためのクリニック選びはもちろんですが、満足のいく仕上がりにするためには、最初から、クリニック選びは慎重に行うようにしましょう。

修正に関する詳細と修正事例はこちら>>

目頭切開したことがバレない?

目は、顔の中でも一番目立つパーツ。いくら理想の目元になれたといっても、できることなら、目頭切開を行ったことを周囲の方にバレたくないですよね。

同じ手術を行っても、いかにも「ザ・目頭切開」になってしまう場合と、そうでない場合があります。

より自然で美しく、バレにくい仕上がりにするためには、やはり医師の技術やセンスが絶対条件。費用が安いから、有名だから、アクセスがよいから…などという安易な理由に流されず、口コミ等を参考にして、評判の高いクリニックを選ぶことが賢明です。それが、後々の満足度にもつながりますし、結果的に費用面も抑えることにもつながるのです。

バレた?バレない?目頭切開をした方の体験談もまとめました>>

手術は痛くない?

目頭切開手術は、麻酔時や手術中に痛みを伴うことはほとんどありません。口コミでは、「麻酔をするときに少しだけ痛かった」という声もありますが、最近は麻酔クリームと併用して痛みの少ない、細い針を使用しているクリニックもあるため、痛みはほとんどないと思って良いでしょう。 痛みが発生する可能性があるのは、「術後」。目頭切開手術はメスを使用するため、麻酔が切れたときに痛みを伴うのが一般的です。しかしそれも痛み止めを飲むほどではなく、我慢できるレベルだと言われています。

手術は痛くない?詳細や体験談はこちら>>

失敗例を知りたい

これまでに挙がっている失敗例は、「効果が感じられない」「目頭が不自然」「傷跡が目立つ」などがあります。手術を受ける以上は、少なからず失敗する可能性はあるため、リスクを把握しておくことが大切です。また、目元は加齢とともに変化していくため、手術を受ける場合は、将来起こりうるリスクについても目を向けなければなりません。目頭切開手術で失敗しないためには、カウンセリングをしっかり受けることや担当医師のスキルを見極めることも大切です。

失敗例の詳細や体験談はこちら>>

目頭切開の「気になる」は体験談で解決!

手術を受けているのは女性だけではありません。また、脱脂や二重手術などを併せて行う場合もあります。

そこで、女性と男性それぞれの目頭切開の体験談を集めました。併せて行った施術も明記していますので、ぜひ参考にしてください。

女性の目頭切開体験談を読む>>

男性の目頭切開体験談を読む>>

目頭切開にかかる費用を調査

一般的な費用目安

目頭切開にかかる費用は、両目でおおよそ20万円~30万円前後。手術を行なっているクリニックの中には、相場よりもかなり安い金額で行なっているところもありますが、価格設定が低いところは手術をきちんと行なってくれない可能性があります。クリニックを選ぶうえで料金をチェックするのはとても大切ですが、目頭切開手術は高い技術力を必要する手術です。料金だけではなく医師のスキルや症例についても調べるようにしましょう。

一般的な目頭切開の費用目安を知る>>

モニター価格とは

「クリニック選びをしている際によく目にするモニター価格とは一体なんだろう?」と一度は疑問に思ったことがあるはず。モニターのやるべきことは、実際に手術を体験して、症例写真としてデータに残ることです。クリニックがネットにアップしたり、同じ手術を受ける患者に説明する際の参考資料として役立てたりしています。クリニックによって割引幅は異なりますが、割引価格10~50%程度の料金で手術や治療を受けられます。ただし、希望すれば誰でも受けられるわけではなく、モニターとして相応しいかどうかの審査を受けなければなりません。また、手術後も何度か通院・撮影する必要があります。

モニター価格について詳細を確認する>>

目頭切開と併用して理想の目を手に入れる方法

自然な二重にしたい

自然な二重を希望する人はたくさんいますが、その定義は人それぞれ。自然な二重にする手術と言えば「埋没法」。施術が簡単で失敗しても修正できるのが魅力です。また、手術時間も短く、両目合わせても10分程度で終了します。しかし、簡単な手術だからと言って誰でも良いわけではなく、医師の技術によって差がでるので、クリニック選びは慎重に行なったほうがいいでしょう。

自然な二重にしたい場合の美容整形法はこちら>>

二重の幅を広くしたい

ハーフのような華やかな印象に見せられる幅の広い二重は、若者の間で流行しています。そんな目元になれる手術法は「全切開法」「部分切開法」「目頭切開法」など、さまざま。全切開法術法は、くっきりとした二重を作るのに適しており、部分切開法はダウンタイムが気になる方におすすめです。目頭切開法は、手術方法によって幅の広い二重を作ることができます。施術を受ける際は医師としっかりと相談して自分にピッタリの施術方法を選びましょう。

二重の幅を広くしたい場合の美容整形法はこちら>>

絶対に取れない二重にしたい

安全性が高く簡単に行なえる埋没法は、二重ラインを作っている糸が切れやすいため、永久的な二重を望んでいる方にはあまり向いていません。永久的な二重を手に入れたい方には、全切開法や目頭切開がおすすめです。全切開法は、二重にしたいラインを切開し余分な皮膚や組織を除去するため、絶対に取れない二重を作るのに最も適した方法と言われています。目頭切開は、目頭を覆っている皮膚を切り取り、隠れていた二重の先端部分を露出させる方法です。パッチリとした目を作ることができ、全切開法と組み合わせることで半永久的な二重にすることができます。

絶対に取れない二重にしたい場合の美容整形法はこちら>>

垂れたまぶたをスッキリ

垂れ下がったまぶたの施術には、「眼瞼下垂(がんけんかすい)」と「脱脂法」が行なわれます。眼瞼下垂手術は、まぶたの緩んだ筋肉を短く縫い縮める手術のこと。眠たげな眼をパッチリと開かせることができます。脱脂法は上まぶたの余分な脂肪を取り除き、目元を整える手術です。傷跡を目立たせず、治療できるのが魅力です。

垂れたまぶたをスッキリしたい場合の美容整形法はこちら>>

目をもっと大きく見せたい

タレントやモデルのような大きな目は、いつになっても女性にとっての憧れ。目を大きく見せるための手術方法はまぶたの脂肪を除去する「切開法」や目頭の皮膚を切開する「目頭切開法」など、いろいろあります。しかし、数ある手術の中からどの方法が適しているかは、素人ではなかなか判断しにくいもの。自分に1番合う手術を受けるためには、担当医師としっかり相談することが大切です。また、施術の良し悪しは医師の技術力によっても異なるので、クリニックを選ぶ際はしっかりと下調べをするようにしましょう。

目をもっと大きく見せたい場合の美容整形法はこちら>>

目の下を若返らせたい

目の下のたるみは、顔を老けさせる原因となりますが、改善するだけで若く見せることができます。たるみ改善にはさまざまな治療法があり、中には「下眼瞼脱脂術」「目の下のクマ治療」「下まぶたのたるみ取り」など、低リスクで受けられる手術もあります。目の整形術となると、切る方法を思い浮かべてしまいがちですが、術法は豊富にあるのでいろいろ知っておくと役立ちますよ。

目の下を若返らせたい場合の美容整形法はこちら>>

切れ長の目にしたい

切れ長の目を作るための手術方法には、「目頭切開Z法」「目尻切開術」「目尻挙上術」などがあります。目頭切開Z法は、腫れや傷跡が少なく済むことが特徴で、目尻切開術は優しい雰囲気の目に仕上げたいという方におすすめの手術です。目尻挙上術は、目尻を吊り上げ強くキリッとした印象の目に仕上げる方法で、クールな切れ長の目にすることができると言われています。

切れ長の目にしたい場合の美容整形法はこちら>>

目頭切開あんしんパーフェクトガイド