目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 目頭切開手術後の隠し方とは?
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

目頭切開手術後の隠し方とは?

目が大きくなり美しい目元が手に入る目頭切開。しかし、目頭切開手術後は目が赤くなったり、腫れたりなどのダウンタイムがあります。このカテゴリでは、ダウンタイム中でも違和感のない目元の隠し方について紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

メガネをかけて目頭切開の傷跡を隠す方法

目頭切開の傷跡はメガネをかけることで隠すことができます。特に、これまで裸眼で生活していた人は、メガネをかけただけでもインパクトを与えることができるため、施術の傷跡がバレにくくなります。まぶたの腫れや赤みよりも、メガネをかけたことに注意を向けられるので、傷跡を上手に隠せるのです。

元々メガネをかけていた人の場合は、デザイン性の強いメガネに変えることで、いつもより強いインパクトを与えることができます。縁が太めのメガネは、より効果的です。メガネの縁に目線がいくので、目頭切開の傷跡に視線がいかないようになります。また、ファッション性が高いので、違和感なく取り入れることができますよ。ここでは、メガネで目頭切開の傷跡を隠す方法について紹介しているので、ぜひご覧ください。

メガネで目頭切開の傷跡を隠す
方法はこちら>>

髪型で目頭切開の傷跡を隠す方法

髪型が変わると、見た目のイメージはがらりと変わります。そのため、髪型を変えると周囲は、「髪型を変えていつもと雰囲気が違うな…」と感じて目頭切開の傷跡に気づきにくくなるでしょう。さらに、目元以外に視線を注目させるために、目の上ギリギリになるように前髪を少し長めにそろえると、目頭切開の傷跡や腫れを隠すことができます。髪形を変えるだけではなく、髪色を変えるのも一つの手です。ここでは、髪型で施術のダウンタイムを上手に隠すことができる方法をまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

髪型で目頭切開の傷跡を隠す
方法はこちら>>

目頭切開を隠すときの注意点

目頭切開を受けた直後は、基本的にメイクは避けましょう。例え傷口を避けてメイクをしたとしても、何かの拍子にファンデーションが傷に触れて、体内にばい菌が入ってしまうおそれがあるのです。

中には「目元のメイクをしなければ、簡単なメイクならOK」としているクリニックもあるので、どうしてもメイクをしたい方は医師にしっかりと相談してみましょう。

ダウンタイムの期間はどれくらい?

目頭切開の施術後は、赤みや腫れなどのダウンタイムの期間があります。施術の内容や体質によって個人差がありますが、赤みが消えるまでの期間は一般的に1~数週間程度です。腫れが引く期間も個人差があり、早ければ数日後。長い場合だと1ヶ月程度かかることもあります。

目頭切開のダウンタイムは、医師の腕に左右される部分が大きいため、豊富な経験と確かな腕を持つクリニックで施術を受けましょう。

目頭切開のダウンタイム
と注意点についてはこちら>>

目頭切開あんしんパーフェクトガイド