目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 目頭切開手術後の隠し方とは? » 目頭切開の傷跡をメガネで隠す方法
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

目頭切開の傷跡をメガネで隠す方法

目の幅を広げて目と目の距離を近づけられる目頭切開。施術した箇所は抜糸するまでメイクは、できません。さらに、目頭切開手術後は目が赤くなったり、腫れたりなどのダウンタイムがあるため、周囲に目頭切開を受けたことがバレてしまいます。そんな時に役立つのがメガネです。ここでは、メガネを使用して目元を隠す方法について紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

メガネで目頭切開の傷跡を隠せる!

目頭切開の傷跡は、メガネをかけることで隠すことができます。特に、これまで裸眼で生活していた人だとメガネをかけただけで十分インパクトを与えることができるため、注意をそらすことが可能です。ダウンタイムを乗り切るための必須アイテムだと言えるでしょう。

メイクで傷跡をカバーできるようになるまでは、メガネをかけて目の腫れや赤みなどのダウンタイムを乗り切りましょう。

おすすめのメガネとは?

メガネと言っても色や形が異なる種類がさまざまありますが、目頭切開後の傷跡を隠すためのポイントはフレームです。傷跡や縫合糸は黒いものが多いため、中でも黒色の太いフレームがおすすめです。メガネにはフレームがないものがあるので、もし自分の持っているメガネにフレームがない場合は新しく購入しましょう。通常よりも太めの黒いフレームが付いたメガネをかけることで目の印象が弱まり、傷跡が目立たなくなります。人によっては目頭切開と同時に二重切開法を受けることも。黒縁のメガネだと二重のラインとフレームが重なるのでカモフラージュになるでしょう。

また元々メガネをかけていた人は、デザイン性の強いフレームのメガネに変えることで、いつもより強いインパクトを与えることができます。また、ファッション性が高いので、違和感なく取り入れることが可能です。

手術前にメガネを準備する

目頭切開の手術を受けた後にメガネを購入するのではなく、手術を受ける前に準備しておきましょう。今までメガネを掛けたことのない人が、突然メガネをかけるとインパクトがあるので、「どうしたの?」と注目を浴びてしまう可能性もあります。前もって「メガネ姿の自分」を周囲に印象付けておけば、手術後にメガネをかけていてもおしゃれの一貫として認識してもらえるでしょう。

メガネは度付きだと1万円以上する商品が多くあります。しかし、傷跡を隠すためだけに1万円以上もかけるのはもったいないと感じる方も多いでしょう。そんな方は、よくファッションアイテムとして使われている伊達メガネであれば、1,000円程度で購入できます。Amazonや楽天などで簡単に手に入るのでおすすめです。目頭切開後の傷跡を隠すだけではなく、その先もオシャレとして楽しみたい方は、少し値段が高いですがZoffやオリバーピープルズなどのブランドのメガネを選ぶのもいいかもしれません。

おすすめメガネブランド

PC GLASS

ブルーライトをカットできるPC GLASS。パソコン業務を行なう方におすすめです。度が入っていない伊達メガネで、1,000円台で購入できます。カラーバリエーションが豊富なので、好みのメガネを見つけられるでしょう。

PAGEBOY

PAGEBOY も1,000円台でメガネを購入できます。サングラスが有名ですが、ネット通販で伊達メガネの購入も可能。UVカット加工されているタイプが多く、目への紫外線をカットしてくれます。

Zoff

ディズニーとコラボした可愛いデザインが特徴のZoff。相場は5,000円ほどと若干高い気がしますが、フレームが豊富にそろっているので、おしゃれを楽しみたい方におすすめです。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド