目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

城本クリニック

目の美容整形「目頭切開」を行う城本クリニックの手術法や特長、料金、実績、口コミ情報等を紹介します。

目頭切開の方法と特長

  • 目頭切開料金/270,000円(税込)
  • 治療時間/約30分

目元が変わると印象が変わり、気分も前向きになりますよね。城本クリニックでは、「目が大きくなりたい」「平行型二重になりたい」「顔の印象を買えたい」という方に目頭切開の手術をおすすめしています。

城本クリニックの目頭切開は、目頭をW型に切開し、切開した皮膚を目頭へ入れて傷跡が分からないように縫合する「W-plasty(内田)法」で行います。

4つの安全・安心ポイント

城本クリニックは患者さんが安心して治療を受けられるように、4つの安心・安全ポイントを設けています。

極細針の使用

極細の注射針を使用しているため、腫れや痛みの少ない施術が可能。痛みに抵抗がある人でも安心して治療を受けられます。

保証が選べる

二重まぶたの施術は、「永久保証」と「1年保証」の2つから選ぶことが可能です。

他院修正ができる

他院で施術を受けて「イメージと違った」「失敗した」など、結果に不満を持っている人に向けて修正を行っています。

男性の目の悩みにも対応

目の悩みでクリニックに通うのは女性が多いですが、城本クリニックでは男性の目の悩みにも対応しています。

全力で患者さんをサポート

城本クリニックは、患者さんの安全を第一に考えて施術を行っている美容専門クリニックです。カウンセリングには充分な時間を確保。患者さんの要望を聞いたうえ、納得してもらってから施術を行います。アフターケアも充実しており、施術後は無料電話相談でしっかりとサポート。料金は施術前に提示されるので、後から追加される心配はありません。

経験豊富な症例実績

城本クリニックは、10万件以上の豊富な症例実績を持っています。施術を行うのは美容外科専門医なので、細やかなデザインになる美しい目元を手に入れることが可能です。

城本クリニックの患者さんの声

  • 目と目の間が広く顔が大きい印象を与えるのをずっと気にしていました。知り合いから紹介を受けた城本クリニックで相談し、埋没法でくっきりとした二重にして、目頭切開で目と目の間隔を狭く見えるようにしてもらうようにしました。聞いていた通り、先生の技術は高く、安心して任せることができました。目と目のバランスが整って、理想通りの華やかな顔になることができて、とてもうれしいです。(20歳:女性)
  • カウンセリング時、先生のお話で仕上がりの状態が希望通りの「大きめの平行型パッチリ二重」になることが分かり、すごく興奮して思わず「あっ、それです!その目にしたい!と叫んでしまいました。思い切って埋没法と目頭切開の両方を受けることにして、手術が終わるのをわくわくして待ちました。仕上がりは、自分で言うのは恥ずかしいけど、ほんとに可愛くなってすごくうれしいです!!(19歳:女性)
  • 広告を大きく出していてたくさんの症例数があり信頼できそうだったので、城本クリニックで目頭切開の手術を受けることにしました。初めての美容整形外科で、すごくドキドキしましたが、カウンセリング時に先生が丁寧に説明してくださり、安心することができました。地味な印象の顔をはっきりとした顔立ちにしたかったのですが、手術後、想像以上に目が大きくパッチリとして明るい印象になってので、手術を受けて本当に良かったです。(28歳:女性)

目頭切開の名医「田中真輔」新宿院院長

患者が満足いくよう全力を尽くしてくれる医師

1993年に九州大学医学部を卒業後、九州大学病院に形成外科がなかったことから、再建外科のある耳鼻咽頭科への入局を選んだ田中医師。1996年には、久留米大学医学部形成外科に入局して日本形成外科学会専門医の資格を取得しています。

2004年に済生会二日市病院形成外科に勤務。悪性腫瘍を切除した後の再建治療を行っていましたが、機能は改善できても美容的には患者さんが満足するにはほど遠い結果に。そのため、さらに高い満足を提供したいと考えて、美容外科医を目指すことにしたそうです。

2007年には、美容外科・皮膚科クリニックで院長を務め、2013年から城本クリニックで勤務するように。新宿院院長になった現在も、患者さんが満足いくまで妥協しないことをポリシーに診療を行っています。

カウンセリングでは親身になって質問に答えてくれ、最適な治療法を提案してくれると評判です。日本形成外科学会専門医だけでなく、日本美容外科学会専門医と麻酔科標榜医の資格を保持。田中医師を頼って、東京都以外の県からも数多くの患者さんが訪れています。

経歴

  • 1993年 九州大学医学部 卒業
  • 1996年 久留米大学医学部形成外科 入局
  • 2004年 済生会二日市病院形成外科 勤務
  • 2007年 美容外科・皮膚科クリニック 院長就任
  • 2013年 城本クリニック 勤務

目頭切開の名医「城本英明」大阪院院長

30年の歴史と実績を持つ城本クリニックの創業者

1983年に川崎医科大学を卒業した後、大阪市立城北市民病院の外科に入局して外科診療に携ってきた城本医師。1984年には、大阪市立大学医学部第2外科に勤務しています。

1986年に美容外科専門クリニックに入職して美容外科医としての実績を積み、1988年から城本クリニックを開院しました。現在、大阪院院長として活躍しています。

美容外科全般の治療を得意としていて、二重施術では長年キャリアを積んできた実力者。症例数は、二重まぶた挙筋法が30,000件以上、二重まぶたクイック法が20,000件以上あります。診療を城本医師にお願いしたいという患者さんが、国内だけでなく海外からも多数訪れるほどの人気。

仕上がりの美しさにこだわって痛みや腫れを最小限に抑え、日常生活への影響も少ない治療に取り組むドクターです。

経歴

  • 1983年 川崎医科大学 卒業
  • 1983年 大阪市立城北市民病院外科 入局
  • 1984年 大阪市立大学医学部第2外科 入局
  • 1986年 美容外科専門クリニック 勤務
  • 1988年 城本クリニック 開設

目頭切開の名医厳選6選

城本クリニックの基本情報

城本クリニックは、開院から約20年、各種の実績を残してきた大手美容外科クリニックです。

同クリニックでは、まず、経験豊富な医師が、ひとりひとりとしっかり向き合い、丁寧にカウンセリング。その方の持っているイメージや理想をしっかり伺うことで、それを形にするための信頼関係を第一に考えます。体に負担のかかる無理な施術は勧めず、きちんと患者さんに伝え、何でも・誰でもの施術を行わないのが、城本クリニックのポリシーです。

ドクター陣は、豊富な症例数を誇り、各機関から各種認定を受ける名医が揃っています。大阪院古谷院長は、「切らない若返りリフト術」「切らないふくらはぎスリム術」などの日本の第一人者としてマスター認定を受け、日本の美容外科医に指導をする立場です。

また、不安を取り除けるよう、アフターケアと保証制度が充実。術後に何か不安なことがあった場合は、『アフターケア専用フォーム』または、フリーダイヤルにて相談をすると、医師及びスタッフが必要な指示をいたします。アフターケア費用は施術料金に含まれているので無料です。

夜間に緊急の事態が起きた場合も、『夜間緊急サポート』体制をとっており、24時間アフターサポートを行うなど、患者第一の姿勢で取り組んでいます。

城本クリニック
所在地 大阪院:大阪府大阪市北区小松原町3-3 OSビル9F
アクセス 阪急デパート 東となり ヘップナビオ向い OSビル9F
【大阪市営地下鉄】梅田駅より徒歩3分 東梅田駅より徒歩4分
【阪急各線】梅田駅より徒歩5分
【阪神本線】梅田駅より徒歩5分
【JR】大阪駅より徒歩5分
診療時間 10:00~19:00【完全予約制】 ※土曜・日曜・祝日も診療 年中無休
目頭切開あんしんパーフェクトガイド