目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

東京美容外科

目力のある目元づくりを提供してくれるという東京美容外科。その口コミ評判や料金、気になる特長などを調べてみました。

東京美容外科の目頭切開の方法と特長

  • 目頭切開料金/108,000円~540,000円(税込)
  • 治療時間/40分

目が小さいことにコンプレックスを抱いている方、二重に憧れのある方におすすめの施術が目頭切開です。特に、目と目が離れて見える方におすすめしたい施術法。目がさらに大きく、モデルやタレントのようなハッキリとした目元になります。

日本人、東洋人に多い目頭にある蒙古ヒダを切ることで、目がパッチリと大きくなり、小顔に見えるという効果もあるそうです。

もちろん、患者さんの目のタイプに合わせた適切な方法を提供。縫合の際、内側眼瞼靱帯をしっかりと縫うので、より確実に、そして自然な仕上がりとなります。

切開の範囲は、どの施術方法を用いたとしても1~2mm程度。髪の毛よりも細い吸収糸で縫うため、抜糸の必要がなく、傷跡も目立たないのがメリットです。

東京美容外科では、オリジナル技術を駆使した施術を行っており、目力のある目元づくりを提供してくれます。

多種類の目頭切開法を実施

東京美容外科では、多種類の目頭切開法を用意。患者さんの目頭の部分を覆う蒙古(もうこ)ひだの状態や希望のデザインに合わせて、最適な治療法を選択してくれます。

内田法(W形成法)

内田法(W形成法)とは、目頭を覆っている蒙古ひだをW字型に切開して取り除き、目を大きく見せる目頭切開法です。末広型二重を平行型の二重にできます。

Z法

Z法は皮膚の切除部分が少ないため、傷跡が目立ちにくいZ法。顔のパーツのバランスや希望に合わせて、切開する大きさを調節できるのが特徴です。

パーク法

パーク法は蒙古ひだが広い人に効果的な切開法です。傷跡は目立ちませんが、高度な技術が必要となります。

アルツ法

三日月型に蒙古ひだを取り除き、被っている部分のひだを引っ張るシンプルな方法です。縫合するときは、髪の毛よりも細い吸収糸を使用します。

VY形成

目頭を尖った形にしたいときに有効な目頭切開法です。蒙古ひだ横を切開し、縫合する際にできる上下の余った皮膚を切除します。

アフターケアが充実

東京美容外科は目頭切開の手術を受けた人に対し、無料で定期検診を行っています。術後でも、気になることがあればすぐに相談できるので安心です。

東京美容外科の目頭切開解説動画

東京美容外科では、目頭切開について動画を使ってわかりやすく紹介をしているようです。目頭切開の方法だけではなく、手術の時間から抜糸までの期間、麻酔の方法まで解説しているので参考にしてみてください。

患者さんの声

  • 長期休みが取りにくい会社務めの人や学生に向けた、「片目ずつ施術する」という方法を選択。休みが不定期でしっかりとダウンタイムが取れなかったので、本当に助かりました。片目を施術後に眼帯をして過ごし、腫れが引いた後、もう片方の目を施術します。柔軟な対応に感謝です。(32歳:女性)
  • 憧れの二重を手に入れるため、施術を決意。カウンセリング時に、目頭切開をした方がより大きく自然な目になるというアドバイスを受け、思い切って二重と目頭をお願いしました。手術はあっという間に終わり、術後の経過も良いので、ダウンタイム後が楽しみです。(24歳:女性)
  • 日本人に多い蒙古ひだのせいで、目が小さく見えるのがコンプレックスでした。施術を受けたら、本当に目が大きくなってビックリ!目頭を切るだけでこんなに変わるんですね。今では自分の目がとってもお気に入りです。(27歳・女性)

目頭切開の名医「酒井成身」医療顧問

この道40年以上のベテラン医師

1970年に新潟大学医学部を卒業後、ニューヨーク大学やバージニア大学に形成外科臨床医として医学留学を行った経験を持つ酒井医師。帰国後、聖マリアンナ医科大学・国際医療福祉大学三田病院の2つの大学病院で講師を務め、2016年12月より東京美容外科の医療顧問に就任しました。

酒井医師は数多くの学会にも所属しており、日本形成外科学会・日本美容外科学会・日本顎顔面外科学会では、専門医の資格を取得。さらに第28回美容外科学会では会長を務めるなど、周囲からの信頼も厚いベテラン医師です。

形成外科・美容外科の手術全般を手掛ける酒井医師ですが、特に眼瞼手術・陥没乳頭修正術を得意としており、その実力はテレビや雑誌など数々のメディアにも取り上げられるほど。長年研究を重ねた陥没乳頭修正術では、自身が開発した「酒井法」で多くの実績を残しています。

眼瞼手術においても、一重まぶたや眼瞼下垂などで悩む多くの患者を担当。また2008年には、自身の経験と知識を綴った書籍「美容外科基本手術―適応と術式」も出版しました。美容医療に幅広く貢献し、名実ともに日本美容外科界における名医として活躍する医師です。

経歴

  • 1970年 新潟大学医学部 卒業
  • 1976年 ニューヨーク大学形成外科臨床医 留学
  • 1977年 バージニア大学形成外科臨床医 留学
  • 1979年 聖マリアンナ医科大学形成外科 講師
  • 1983年 聖マリアンナ医科大学形成外科 助教授
  • 1998年 聖マリアンナ医科大学 横浜市西部病院形成外科部長兼任
  • 2006年 国際医療福祉大学附属三田病院 形成外科教授
  • 2016年 東京美容外科 医療顧問 就任

目頭切開の名医厳選6選

東京美容外科の基本情報

東京美容外科銀座院は、「人種、性別、年齢、宗教を問わず、美しくなりたいと願う全ての女性の為に」というコンセプトのもと、2014年7月に開院しました。

施術後の無料の定期検診やアフターフォローはもちろん、セカンドオピニオン外来を併設するなど、患者さんの気持ちに寄り添った治療を展開しています。

また、東京美容外科では、10年以上のキャリアを持つ美容外科医師か、形成外科学会から認定を受け、3年以上美容外科医として経験を積んだ医師以外には施術を担当させないそう。施術に携わるドクターの経験と質を大切にしているからこそのこだわりと言えるでしょう。

東京美容外科
所在地 【銀座院】東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F
アクセス 地下鉄銀座駅A3出口徒歩5分
診療時間 11:00~20:00[完全予約制]
目頭切開あんしんパーフェクトガイド