目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

タウン形成外科クリニック

タウン形成クリニックの目頭切開の実績を、手術を受けた方の口コミとともに紹介します。

目頭切開の方法と特長

  • 目頭切開料金/162,000円(税込)
  • 治療時間/約30~45分

目と目が離れて、顔が間延びした印象に見える場合は、目頭切開がオススメされています。この手術を行うと、目頭を覆う蒙古ヒダと呼ばれる皮膚が無くなり、キリッとした大きな印象の目になって、顔のバランスも整います。

タウン形成外科クリニックでは、Z形成法、内田法、平賀法など、患者さんの希望や目の状態に合わせて、最も適した術式で手術に対応しています。

麻酔は局所麻酔なので、手術中に患者さんが状態を確認をすることができ、失敗もありません。

術後の腫れは、5日~1週間程度続くでしょう。抜糸は、5日後になります。 シャワーや洗髪は当日からすることができます。

3つの目頭切開法で対応

タウン形成外科クリニックは、3つの目頭切開法を行っています。

Z形成法

Z形成法は数多くのクリニックで採用されている目頭切開法です。目頭部分を覆っている蒙古(もうこ)ひだをZ型に切開することから、Z形成法と言われています。皮膚を切除せず、切開してできあがった皮膚を立体的にずらして縫合することで、目の幅を大きくする方法です。皮膚を切開する範囲が短いので、傷跡が目立ちません。

内田法

内田法は蒙古ひだをW型に切開して皮膚を取り除くため、W法ともいわれています。目頭の皮膚を単純に切り取るのではなく、Wの中央部にあたる三角形の皮膚を目頭の奥に差し込んで縫合する目頭切開法です。Z形成法に比べて術後のひきつれが少なくなっています。

平賀法

蒙古ひだを切り取って、V型に皮膚を縫い合わせる目頭切開法です。皮膚を切り取る量によって効果の調節が可能。傷跡が目立ちにくいのが特徴です。

他院術後修正相談を実施

タウン形成外科クリニックでは、日本美容外科学会認定専門医の石原医師と日本形成外科学会認定医の上医師による、「他院術後修正相談」を行っています。カウンセリングは無料です。不定期で開催されているので、気になる人はホームページでチェックしてください。

タウン形成外科クリニックの他院修正

タウン形成外科クリニックに他院修正を依頼する方が、全国から来院されています。目頭切開をはじめとしたまぶたの施術はもちろん、その他のパーツの変形や後遺症なども積極的に受け入れているようです。

他院修正は、修正を依頼したクリニックの医師が施術を担当したわけではないので、通常の施術よりも困難になってしまいます。

タウン形成外科クリニックに在籍している石原医師をはじめとしたドクターは高いスキルを持っているため、技術力を要する施術にも対応。形成外科医と美容外科医の両方の顔を持ち合わせており、機能面と美容面の両方からアプローチした修正をしてくれます。

カウンリングでは、患者のまぶたをくまなくチェックし、修正施術を行うか、違う方法で対応するか決定。今までの症例写真を見せながら施術法を説明してくれるのでよりイメージがしやすいでしょう。

万が一、修正が難しい場合はその理由を女性が納得いくまで話してくれます。

カウンセリングや施術を依頼したいドクターがいる場合は、メールまたは電話で指名可能です。もう1度同じドクターから話を聞きたい場合や別のドクターに相談してみたいという要望にも対応しているので、十分に納得したうえで修正を依頼できますよ。

タウン形成外科クリニックの患者さんの声

  • 離れ目で幼いイメージの顔が嫌で、タウン形成外科の先生に相談しました。すると、目頭の皮膚を取り除く目頭切開をすることで離れ目が解消するとの事。同時にくっきりとした二重にするため、全切開法も受けました。全切開をしたためダウンタイムが長く、これがずっと続いたらどうしようかと思いましたが、術後3ヶ月も経つと、ほとんど状態も良くなり、理想以上のくっきり二重になれました。(26歳:女性)
  • 末広型の二重で目が小さく見えるのを手術で治してもらいました。初めての美容整形で、すごく緊張していましたが、先生もスタッフもとても優しくて一安心。手術も思ったよりずっと早く終わって、ホッとしました。腫れもあまり出ず、自然でキレイな二重になれて大満足です!(20歳:女性)
  • タウン形成外科は、資格を持った先生が揃っていて信用できるという話を聞き、カウンセリングをお願いしました。年齢とともに下がったまぶたについて相談すると、現在の状態について分かりやすく、かつ詳細に説明してくださり、眼瞼下垂と目頭切開の手術を提案していただきました。手術は滞りなく完了。まぶたが完全に上がる様になって、眠そうな目と言われなくなり、本当に嬉しいです。(35歳:女性)

目頭切開の名医「石原信浩総」院長

他院修正手術のスペシャリスト

石原医師は、総院長としてタウン形成外科クリニック6院を束ねるドクターです。その傍ら、順天堂大学医学部の病院管理学教室にも在籍しています。

順天堂大学医学部を卒業した後は大学付属の病院で研修に取り組み、1991年に公立病院、1993年には大学病院の小児外科に勤務しています。2000年に郡山形成外科クリニックを立ち上げた後、系列のクリニックを次々と開院しました。

大学病院で小児外科を専攻して細かい手術に数多く携わってきた経験から、クリニックでは他院修正手術を専門に行なっています。治療には、ある程度結果が出ていて、その後も問題のない修正術を選択。その修正術は「あとが残らずキレイ」「自然になった」と、数多くの評判を呼んでいます。

現在も他院での手術結果に満足できなかった方々が、石原医師の再手術を受けるために全国から訪れているそうです。とくに二重の幅についての相談が多いそうなので、他院で受けた二重整形の結果にお悩みの方は、一度先生に相談してみるといいでしょう。

経歴

  • 1989年 順天堂大学医学部 卒業/順天堂大学付属浦安病院 研修
  • 1991年 公立葛南病院外科・小児外科 勤務
  • 1993年 順天堂大学附属病院小児外科 勤務
  • 2000年 郡山形成外科クリニック 開設/東邦大学形成外科 非常勤医
  • 2002年 盛岡形成外科クリニック 開設
  • 2006年 仙台形成外科クリニック 開設
  • 2007年 タウン形成外科クリニック(名称変更) 総院長就任
  • 2009年 いわきタウン形成外科クリニック 開設
  • 2010年 表参道タウン形成外科クリニック 開設
  • 2011年 順天堂大学医学部大学院 卒業
  • 2013年 青森タウン形成外科クリニック 開設

目頭切開で評判の名医、厳選6院をこちらで紹介しています

タウン形成外科クリニックの基本情報

タウン形成外科クリニックは、東京の表参道院の他、東北に盛岡院・仙台院・郡山院・いわき院の計5医院を展開するグループクリニックです。

同クリニックの医師は、全員が日本美容外科学会、日本形成外科学会に正式に認められた認定専門医。

認定専門医とは、経験年数が大体7年以上であることに加え、それまでの実績に基に、様々な条件について厳しく審査された後、ようやく承認が許される権威ある資格です。この資格を持つ医師だということは、手術を 安心して受けていただくことができる一つの目安となるでしょう。

また、同クリニックは美容外科で医療法人を取得している極めて少ないクリニックでもあります。個人のクリニックが医療法人を取得するには、相当厳しい条件や審査をクリアしなければならないため、相応の実力が無ければ国から認められることはできません。

この認定があることで、患者さんが客観的に見ても安心できるクリニックであることが証明されます。

きちんとした資格を持ち、安定した高い水準の医療を自信を持って提供しているタウン形成外科クリニックは、注目の美容外科です。

タウン形成外科クリニック
所在地 東京都港区北青山3-6-19 三和実業表参道ビル8F
アクセス 地下鉄銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅より徒歩1分
診療時間 10:00~19:00 (日曜~18:00) 年中無休
目頭切開あんしんパーフェクトガイド