目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 理想の目を手に入れる美容整形法
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

理想の目を手に入れる美容整形法

二重整形を行なうにあたり、目頭切開や埋没法の他にも様々な二重施術が存在します。どれが自分にあっている施術なのか迷う人もいるかも知れません。

こちらのページでは、各施術の特徴やなりたい目元別におすすめの施術法を紹介しています。また目頭切開と組み合わせた施術法も記述していますので、ぜひ理想の目に出会える施術の目安にしてください。

目頭切開と他の施術を比べてみました

目頭切開と他の施術方法について、比較を行いました。

目頭切開
どういう目になるの? 切れ長の大きな目
施術方法は? 皮膚(蒙古ひだ)を切開
ダウンタイムは
どのくらい?
1週間
二重埋没法
どういう目になるの? 自然な印象の目
施術方法は? 針と糸を使用
ダウンタイムは
どのくらい?
2日~1週間
二重切開法
どういう目になるの? パッチリとした目
施術方法は? 二重にしたいラインを切る
ダウンタイムは
どのくらい?
1週間
目尻切開
どういう目になるの? 切れ長の目
施術方法は? 目尻を横方向に切る
ダウンタイムは
どのくらい?
1週間
眼瞼下垂
どういう目になるの? 目力を強調した目
施術方法は? 瞼板から挙筋をはずして縫い縮める
ダウンタイムは
どのくらい?
1週間

各施術について、他にも詳しく説明を記載していますので、以下を参考にしてみてください。

目元の印象を変える目頭切開

目頭切開とは、目を中央に寄せて、切れ長の大きな目にする施術法です。目頭から上まぶたにかけて覆っている皮膚(蒙古ひだ)を切開することで、目の横幅が広がり、目元がひとまわり大きくなったように印象づけることができます。

目頭切開には、Z法、W法、V法、リドレープ法などさまざまな術式が存在します。

二重埋没法

二重埋没法とは、メスを使用せずに、医療用の針と糸を使うことで二重をつくる施術法になります。「切らない二重手術」とも呼ばれ、切開法に抵抗がある人におすすめ。

施術時間も15分程で完了するので、アイテープ感覚でできるのが特徴です。しかし、持続力が低く、元に戻ってしまう可能性があることが難点といえます。

二重切開法

二重切開法には、全切開法と部分切開法の2種類があるのが特徴です。メスを使用して、深い二重ラインをつくることで、パッチリとした二重まぶたをつくることができます。

埋没法と違って、半永久的に効果が持続することがポイントです。まぶたが厚く、埋没法でも上手くいかなかった人に向いている施術です。

目尻切開

目尻切開は、目尻を切ることにより、切れ長で大きな目にすることができます。目尻から下瞼にかけてラインを緩やかにし、白目の面積が大きくなるため、切れ長の大きな目の印象になるのです。

細くてキツい目元に悩んでいる人にとってオススメの施術といえますね。

眼瞼下垂

眼瞼下垂は、まぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなってまぶたが下がる状態のことを言います。瞼板から挙筋をはずして縫い縮め、引き上げる力をより強くする施術法。効果は10~15年間という長期間の持続が特徴です。

眠たそうな目をしている人や、二重だけど目力が弱いと感じている人に向いている施術です。

なりたい目元におすすめな施術方法とは

「目を大きく見せたい」、「クールな目になりたい」、「自然でナチュラルな目が希望」など、人によってなりたい目の願望は様々です。

ここでは、二重を目指す人に向けてなりたい目元別に施術方法をまとめてみました。自分が希望するなりたい目に近い施術はどれに当てはまるのかを、じっくりと読んで参考にしてください。

目頭切開

「印象のある大きな目になりたい」なら、目頭切開がオススメ。日本人に多い蒙古ひだ(皮膚が目頭に覆いかぶさることで、目が小さく見えるヒダ)を取ることで、横が広くなり、大きな目に見せることができます。

また左右の目の距離が縮まるので、鼻筋が整ったメリハリのある印象になりますよ。

目尻切開

「優しい印象の目元になりたい」なら、目尻切開の施術が向いています。目尻から下まぶたのラインにかけて緩やかになるから、細くキツかった目元もより自然で優しい印象にすることができますよ。

二重切開法、埋没法

「二重のラインをくっきりと見せたい」なら、二重切開法がオススメです。希望の二重ラインに沿って切開を行い、余分な脂肪を取り去った後、縫合していきます。この縫合した部分が二重のラインになりますので、くっきりとした線を出すことができる施術法となります。

同じく、二重埋没法でも切らずに二重ラインをつくれますから、切るのに抵抗がある人は埋没法を選択するのが良いでしょう。

眼瞼下垂

「まぶたのたるみを解消したい」なら、眼瞼下垂がオススメです。瞼板から挙筋をはずして縫い縮め、まぶたを引き上げる力を強くするので、目力が弱いと感じている人や、眠けまなこな目で悩んでいる人に向いている施術です。

上記のように、なりたい目に合わせて、様々な二重施術法が存在します。自分がどんな目になりたいかをじっくりと考えて医師と相談し、希望に合った施術を受けるのが最適でしょう。

目頭切開と組み合わせたプラスの施術法で効果がアップ

目頭切開を単体で行うことも、もちろん効果的ではありますが、さらに他の施術と組み合わせることで、よりパッチリとした目の印象を持たせることができます。それぞれの組み合わせについてご紹介しましょう。

目頭切開+埋没法

内側の白目部分が多くなることで、バランスのとれた大きな目元にすることができます。埋没法と組み合わせることで黒目が協調され、大人の印象を与えることができます。また、若く見える効果もあるため、オススメな組み合わせといえるでしょう。

目頭切開+目尻切開

目尻切開を組み合わせることで、魅力的な目を形成することができます。キツく見えてしまった目元を優しい目元に変えるから、普段から目がキツく見えると悩んでいる人に向いている施術です。

目頭切開+全切開

一重まぶたがコンプレックスな人に向いている施術です。全切開を組み合わせることで、大きくパッチリとした目元になることができます。全切開を取り入れているので、埋没法に比べて取れやすくなることはないでしょう。

目頭切開+眼瞼下垂

目が小さいと悩みを持っている人に向いている施術法です。眼瞼下垂を組み合わせることで、ひとまわり目が大きく見えるようになります。派手なメイクでもナチュラルメイクでも映えることができる施術といえるでしょう。

目頭切開にプラスで組み合わせることによって、理想の目元により近づく施術があるかも知れません。気になる施術があった際は、医師に必ず相談をして決めることをオススメします。

手術の方法は目の悩み別に異なる

目の形は十人十色、その分、悩みを抱えた患者さんが大勢いらっしゃいます。

小さな目を大きくしたい人、一重できつく見られがちな目を二重の華やかな目にしたい人、加齢やその他の影響でまぶたが下がってきて老けて見られるのを解消したい人など、悩みは実に様々です。

これらの悩みを解消する方法の一つとして、美容整形が上げられますが、患者さんの目の状態によって適合する手術方法が異なります

手術のタイプも複数ある上、クリニックごとにオリジナルの施術法があるため、自分が理想とする目になるのにどんな術式が良いのかを見極めるのはなかなか難しいものです。

「こういう目になりたい」という大前提はありつつも、魅力的な目をデザインするプロフェッショナルである医師とよく相談し、もっとも適した手術方法を決定することが大切です。

このカテゴリでは、悩みのタイプ別に適した手術方法を掲載していますので、今後の参考にして頂けたらと思います。

自然な二重にしたい

美容整形が行なう目元の施術には種類が複数あり、患者の希望によって手術の方法が異なります。「自然な二重」を希望する方はとても多いのですが、一人ひとりの自然な二重に対するイメージが違うようです。一般的な「自然な二重」というと、日本人に多い「幅の狭い末広型」の二重のことを指すことが多いとのこと。しかし若い世代にあたる10~20代の女性は、流行のギャル系ファッション雑誌等に登場するモデルさんのような「パッチリとした二重」を自然な二重と認識しているようです。そのため自然な二重にしたい場合は、適切なアドバイスができる経験豊富な医師に相談することをおすすめします。

自然な二重に適した
美容整形法「埋没法」をチェック>>

二重の幅を広くしたい

幅の広い二重は、顔の印象をハーフのような華やかなさに仕立ててくれるので、現在若い人の間で流行しています。また平行型の幅広二重にすれば目を大きく見せることが可能です。まぶたの脂肪の付き具合によって適した施術方法が異なるため、カウンセリングで詳細について話し合い、自分の目の状態を確認することが大切です。医師とよく相談することで、最適な施術方法を決めることをおすすめします。そうすることで、後悔のない仕上がりにできるはずです。

幅の広い二重に適した
美容整形術をチェック>>

絶対に取れない二重にしたい

半永久的に二重のラインが残る方法としておすすめなのが、全切開法や目頭切開です。手軽に二重になる埋没法は、一般的な美容整形で安全性の高い施術法です。しかし、何らかの理由で二重のラインを作った糸が切れると元の状態に戻ってしまう可能性も。半永久的な二重を望む方には向いていない施術だといえます。せっかく理想の二重になっても、戻ってしまっては意味がありませんよね。ずっと二重でいたいのなら、絶対に取れない二重の美容整形を検討してみてはいかがでしょうか。

取れない二重に適した
美容整形術をチェック>>

垂れたまぶたをスッキリさせたい

年齢以上に老けた印象になる「垂れまぶた」。まぶたが垂れ下がっていると眠たそうに見えますし、肩こりや頭痛の原因になるなど、不都合なことが多々あるといわれています。まぶたのたるみが進行すると眼瞼下垂(がんけんかすい)という状態になり、視界が悪くなることも。まぶたをリフトアップすれば本来の目の大きさを取り戻せるでしょう。まぶたの脂肪を取り除くことで目元をスッキリさせてパッチリ目を実現できます。上下まぶたの垂れ下がりが気になる方は、カウンセリングで医師とよく相談し、眼瞼下垂に対応した手術を受けてみるのもひとつの手です。

垂れたまぶたをスッキリさせるのに
適した美容整形術をチェック>>

目をもっと大きく見せたい

「目を大きく見せること」は、美容整形の相談で最も多い相談です。タレントやモデルのような大きな目は女性の憧れの的。もちろん、美容整形には目を大きく見せる施術は多く存在しています。しかし、どの方法が適しているかを自分自身で判断するのはとても難しいもの。一人ひとりの目の状態により施術が異なってくるため、施術を受けるクリニックの担当医とよく相談しデザインを決めましょう。経験豊富な医師なら最適な方法を提案してくれますよ。

目をもっと大きく見せるのに
適した美容整形術をチェック>>

目の下を若返らせたい

目の下のたるみやクマは顔を老けさせる大きな原因のひとつです。これらの原因を解決するだけで、顔の印象は明るくなり若返って見えます。治療法として注射を行なうものや下まぶたに小さな穴を開ける方法、切開をする方法など、さまざまです。低リスクで若返ることのできる施術法を選択すれば安心して施術が受けられるでしょう。加齢や疲れなどの影響で老けて見える目元をどうにかしたいという方のために、目の下を若返らせる美容整形の方法をいくつかピックアップしました。

目の下を若返らせるのに適した
美容整形術をチェック>>

切れ長の目にしたい

丸い目元がコンプレックスの方や目を大きく見せたい方、大人っぽい印象の顔になりたい方などにおすすめの「切れ長の目にする」美容整形術。カッコイイ印象を与えてくれる切れ長の目は、目頭切開や目尻切開で実現することができます。目頭切開と目尻切開を同時に受けた場合、二重のラインを修正するのが難しくなるため、注意が必要です。リスクを最小限に抑えたいならしっかりとしたクリニックを見極める必要があります。技術力のある医師が在籍するクリニックなら、目元がきれいに整う適切なアドバイスをしてくれますよ。

切れ長の目にしたい方に適した
美容整形術をチェック>>

目頭切開あんしんパーフェクトガイド