目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

目をもっと大きく見せたい

このページでは、目をもっと大きく見せたい方に適した美容整形の方法をいくつかご紹介いたします。

目をもっと大きく見せるのに適した美容整形術

目をもっと大きく見せるのに適した美容整形術タレントやモデルのような大きな目に憧れる女性はとても多く、「目を大きく見せること」は、美容整形の相談で最も多い課題の一つです。

目を大きく見せる手術方法は、かなりたくさんあり、どの方法を行うべきか素人の方には中々判断が付かないのではないかと思います。

患者さんの目の状態によっても適した手術方法は違ってきますので、担当の医師と相談し、なるべく目に負担のかからない良い方法を探してみてください。

【切開法】

上まぶたにたるみが出ると、まぶたが下がり、老けて見えるとともに、目も小さく見えてしまいます。
全切開法部分切開法脱脂術等によって、まぶたの脂肪を除去したり、たるんだ部分を縫い縮めることで、まぶたの開きを大きくし、目を大きく見せます。

【目頭切開法】

アジア人に多い目頭を覆う蒙古ヒダは、ヒダが本来の目の大きさを隠してしまい、実際の目よりも小さく見せてしまうことが多いです。
この蒙古ヒダを手術によって切除することで、元々の目の大きさがきちんと表れるとともに、目頭の皮膚の切込みをさらに大きくし、目を鼻側に向かって横に広げることで、より大きく見せることができます。

【目尻切開法】

目尻切開法は、目頭切開法を行うには目と目の間が狭すぎて切開してしまうとバランスが悪くなってしまう方に、目を大きく切れ長にする方法の一つとしてオススメの手術です。
目尻を5~7ミリ程度切開することで目が横に広がって大きく見え、視野が広くなる効果もあります。

【眼瞼下垂】

まぶたが目の上に垂れ下がり、目が上手く開かない、目つきが悪い、眠たそうに見えるなどのマイナスイメージを持たれがちなまぶたの症状が、眼瞼下垂です。
先天的な理由の場合もありますが、現在では、加齢やコンタクトレンズ使用による目の酷使、眼筋疾患等によりまぶたが垂れ下がってしまったという症例が多く報告されています。

眼瞼下垂よりまぶたが下がると、その分本来の目の大きさが隠れてしまうため、目が小さく見えてしまいます。
手術によって伸びた筋肉を短縮させることによってまぶたを上げ、元々の目の大きさにまで回復させることができます。

【上まぶたのくぼみ修正】

加齢により脂肪が減ったことがくぼみのできた原因です。脂肪注入やヒアルロン酸注入を行うことで、改善することが可能です。

▼目をもっと大きく見せたいなら▼

「切開法」を得意とする名医をチェック!

目頭切開あんしんパーフェクトガイド