目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

自然な二重にしたい

このページでは、自然な二重を作りたい場合の美容整形の方法をご紹介いたします。

自然な二重に適した美容整形法「埋没法」

自然な二重を作るのに適した美容整形の方法といえば「埋没法」でしょう。

二重の埋没法には、次のようなメリットがあります。

  • 施術が簡単
  • 手術時間が短時間
  • 術後に痛みや腫れが少なくダウンタイムが短い
  • 修正が可能

このように、手軽な手術であることから人気があり、多くのクリニックで行われています。

施術の方法は、髪の毛よりも細い特殊な糸を使ってまぶたの裏側から二重まぶたのヒダを作りたい線に沿って縫いとめるだけ。

両目あわせても10分程度で終了します。美容整形の中で最も安全で、手軽に目の印象を自然に華やかな感じに変化させることができるのです。

デザインは、控えめですが清純な美しい印象を与える末広型から、人形のようにパッチリとした二重まで自由自在。一人ひとりの理想をかなえることができます。

ただし、修正が可能である反面、二重が取れ易い施術法であることも事実であり、そのあたりの理解が必要がです。

簡単な施術だからこそ、医師の技術に差が表れ、結果に違いが出る手術でもあるため、クリニック選びは慎重に行うようにしてください。 

自然な二重の定義について

美容整形による目元の手術といっても、その種類は複数あり、患者さんの希望によっても手術の方法は様々です。

例えば、「自然な二重」を希望する方はとても多いと思いますが、「自然な二重」の定義自体、人それぞれ違うようです。

オーソドックスな「自然な二重」というと、日本人に多い幅の狭い末広型の二重のことを指すことが多いのですが、若い世代、特に10~20代の女性は、流行のギャル系ファッション雑誌等に登場するモデルさんのようなパッチリとした二重を好むようです。

「この雑誌みたいな自然な二重にしてください」と相談する例がとても多いのだそう。

これらのギャル系ファッション誌で見られる二重の多くは、幅の広い平行型で、くっきりパッチリとしています。

このように、世代の違いや流行の変化、又は個人の主観によって、「自然な二重」の定義も変わってきます。

そういった「個人の希望の違い」を見極めてひとり一人の望む「自然さ」を作り出す技術を持った医師(クリニック)を選ぶこと――それが、理想の「自然な二重」をかなえる第一歩です。

目頭切開と埋没法の組み合わせ

目頭切開と埋没法を同時に行うことで、2つの治療法の弱点をカバーできるメリットがあります。

目頭切開の弱点

目頭切開は、目を大きく見せたい人や目が離れておりコンプレックスを持っている人が目の幅を広げるために行う施術。患者さんの目の形によっては、目頭切開で目を大きく見せることは出来ても望んでいた二重のラインにはならない場合もあります。

二重施術「埋没法」の弱点

二重施術の埋没法は、二重を作ることに特化しているプチ整形です。二重のラインを作ることはできますが、埋没法は糸で縫って留めているだけなので、まぶたの腫れぼったさなどを解消することが出来ません。施術を受けた人によっては、効果をあまり実感できない場合や、望んでいたラインが作れないなんてことも。

施術が成功しても、まぶたの蒙古ヒダが厚いのが原因で、すぐに元に戻ってしまう方もいるようです。

目頭切開と埋没法を同時に行うメリット

目頭切開と埋没法を同時にすることで、目頭切開では難しかった希望通りの二重ラインがデザインできます。また埋没法でまぶたが元に戻ってしまうという方も、蒙古ヒダを切開するため元に戻ることはありません。

目を大きく見せながら二重ラインを手に入れたいのなら同時に手術することも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

目頭切開と埋没法の併用によるデメリット

2つの施術を組み合わせることで希望の二重ラインができるかもしれませんが、目にかかる負担は大きくなってしまいます。

目頭切開と埋没法の併用を考えている方は、リスクや負担をしっかりと説明してくれるクリニックを選ぶようにしてください。

「目の整形」の権威が勢ぞろい!名医5名を厳選して紹介しています

関連するページ

目頭切開あんしんパーフェクトガイド