目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

絶対に取れない二重にしたい

せっかく理想の二重を手に入れても、元に戻ってしまっては意味がありません。このページでは、絶対に取れない二重にしたい場合の美容整形の方法をご紹介いたします。

絶対に取れない二重に適した美容整形術とは

二重をつくる最も一般的な美容整形といわれる埋没法は、安全性が高く、手軽に行える方法です。
しかし、二重のラインを作った糸が切れてしまうと、元の状態に戻ってしまう危険性があり、永久的な二重を望まれる方には適していないのが実状です。

絶対に取れない二重現在、ほぼ永久的に二重のラインが残る方法として各クリニックがすすめているのが、全切開法や目頭切開です。

患者さんそれぞれの元々の目の状態によって適した手術方法が違いますので、医師とカウンセリングをしっかり行い、自分に一番適した方法で取れない二重手術を行うようにしましょう。

【全切開法】

全切開法は、絶対に取れない永久的な二重を作るのに最も適した施術方法です。

埋没法の場合、まぶたに脂肪が多かったり、皮膚が厚いとキレイな二重ができないことがあり、そのような状態の方には切開法がすすめられます。

手術の方法は、二重にしたいラインに沿って数cm皮膚を切開した後、余分な脂肪や組織などを除去し、丁寧に縫合を行います。手術後に一重に戻ったり元の状態に戻ることは、ほぼありません。

また、全切開法よりも効果が小さく、持続性に関しても確実性がありませんが、部分切開法やミニ切開法といわれる切開術も埋没法よりは安定性があります。ダウンタイムも全切開法より少ないため、社会復帰を早めにしたい方や、まぶたの脂肪が少なめの方には部分切開法がすすめられることがあります。

【目頭切開法】

目頭切開を行うことで、目頭を覆っている蒙古ヒダを解消し、皮膚に隠れていた二重の先端部分を露出させて、末広型の大人しい印象の目から、並行型のパッチリとした目を作ることが可能です。

また、もともと一重の方でも、目頭切開を行って蒙古ヒダを解消した上で、新たに全切開法で二重を作ると、半永久的なパッチリ二重を手に入れることができます。

▼絶対に取れないパッチリ二重を手に入れるなら▼

「全切開法」「目頭切開」の名医をチェック!

目頭切開あんしんパーフェクトガイド