目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 目頭切開手術の気になる疑問に回答 » 目頭切開の注意点はあるの?
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

目頭切開の注意点はあるの?

パッチリとした目を手に入れるために行なう目頭切開。しかし、知識がない状態で施術を行なうと、理想の目とかけ離れた結果になりかねない手術です。目頭切開を受ける前に知っておくべきことをまとめているので、施術を考えている方は一度チェックしてみてください。

目次

  • 目頭をたくさん切開したぶんキレイになるわけではない
  • 切開の具合により二重の種類が変わる
  • 後戻りについて
  • 将来的な注意点

目頭をたくさん切開したぶんキレイになるわけではない

目を大きく見せるために目頭切開を行なったときに、手術は成功したとしても不自然な目の形になることがあります。それは目頭を切り過ぎてしまうことが原因です。

目頭を切開すると、目の内側にあるピンクの粘膜の部分が見えるようになります。このピンクの部分は人によって丸型や四角型、鳥のくちばし型のようにタイプが分かれており、すべて見えてしまうと不自然な印象を与えかねません。その不自然さを防ぐためにも目頭をすべて切開するのではなく、タイプによっては一部残すことが必要になります。

目頭切開を受ける前に確認すべきポイント

手術を受ける前に必ずチェックするべきなのは、自身の目頭のピンクの肉の大きさと形です。もしも、四角型や丸型、鳥のくちばし型であれば目頭を一部残す手術を考えましょう。

良くも悪くも、医師は患者が希望するなら目頭の形が少しくらい変だとしても施術をしてくれます。しかし、術後に違和感を覚えて再手術するという方も。失敗を防ぐためにも、自身でしっかりと手術後のイメージを描いておくことが大切になります。

切開の具合により二重の種類が変わる

目頭切開は蒙古ひだと呼ばれる目頭を覆っている皮膚を切開する施術です。この蒙古ひだを残すのか、全て切開するのかによって、二重が平行か末広になるのかが変化することがあります。

パターン1.末広型→平行型のパターン

もともと末広型の二重の方が、蒙古ひだを全切開すると平行型の二重になります。

パターン2.末広型→平行型のパターン

蒙古ひだを一部残した場合でも、二重を作っていた二重の線の高さと蒙古ひだの位置関係により平行型に変わることがあります。

パターン3.末広型→末広型のパターン

蒙古ヒダを一部残す形で控えめに切開を行なった場合、末広型の二重は変わらずに末広型のまま変わらないことがあるようです。平行型の二重を臨む場合は、埋没法や全切開を行なう必要がでてきます。

術後に二重の形が変わることも考慮した上で、手術の程度を決めましょう。

後戻りについて

目頭切開の方法には複数の術式があり、一人ひとりの目の状態や症状によって適切な方法は様々。自分にあった術式で行なわれた手術の場合は、元に戻るおそれは低いとされています。しかし、後戻りしてしまった方がいるのは事実です。後戻りには大きく3つ原因があるとされているので、どのような原因なのかを解説します。

術式によるもの

複数ある目頭切開の術式のなかでも戻りやすい術式が「三日月法」です。施術方法がもっともシンプルで手術時間が短く、腫れが少ないのですが、シンプルなぶん元に戻る可能性が高い術式です。

未熟な医師による施術

同じ術式だったとしても、医師によって仕上がりに影響がでます。経験が浅い医師だと戻る可能性が高くなり、経験が豊かであれば後戻りする可能性が低くなる傾向があるようです。

皮膚組織の再生によるもの

皮膚には再生する力があるため、時間が経つとともに元に戻ろうとする力が働きます。この再生力により後戻りすることも。

将来的な注意点

目頭切開の手術が成功して理想の目を手に入れたとしても、まだ安心はできません。後戻り以外にも、将来的な不安がいくつか存在しています。ここでは将来大きな悩みになりかねない2点を紹介しているので、一度確認をしておきましょう。

加齢とともに形が変わる

年を重ねるごとに切開した部分と自然な部分が釣り合わなくなってしまい、目の形が変わって違和感を覚えることあります。また、目と目の間の距離が離れ、切開をする前よりも大きな悩みを抱える可能性も。

頭痛

加齢とともに筋力は衰えていくものです。筋力の衰えによりまぶたが下がりはじめると、下がったまぶたを持ち上げるための力が働き、頭痛や肩凝りといった症状が起きる可能性が高くなります。

目頭切開は理想の美しさを手に入れる方法の一つですが、将来現れる症状に対する覚悟と理解をしておく必要があるでしょう。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド