目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 目頭切開手術の気になる疑問に回答 » 目頭切開による二重の施術とは?
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

目頭切開による二重の施術とは?

二重には平行型と末広型の2種類があり、美容整形によって現在の二重を理想の型に変えることができます。ここでは、理想の二重を手に入れるための術式や目頭の変化による印象の変化について解説。理想の二重を手に入れる前に、正しい知識を身につけておきましょう。

目次

目頭は数ミリの違いで印象が大きく変わる

理想の二重を手に入れるために行なう施術「目頭切開」。アジア人特有の蒙古ひだという目頭を覆う皮膚を切除することで、目元の印象を変える施術です。

目元の印象はたった1mmの変化でも大きく印象が変わります。かわいらしい印象やパッチリとした目を手に入れたい方は少なくありません。

二重にしたい方や目と目の間が離れ気味で悩んでいる方は、どんな施術があるのかを一度チェックしてみましょう。

蒙古ひだが与える印象

上まぶたから目頭に掛けて覆いかぶさった膜状の蒙古ひだ。蒙古ひだがどのくらい目頭部分を覆っているかによって、与える印象が変わってきます。一般的に与える印象を下記にまとめたので、参考にしてみてください。

  • 蒙古ひだアリ:幼さやかわいらしさという印象を与えます
  • 蒙古ひだナシ:大人びた印象や欧米人のような印象、美人顔といった印象を与えます

平行型二重を作る施術法

ここでは平行型の二重を作る施術法はいくつか存在しているので、その一部を紹介します。

Z法

目頭を覆っている蒙古ひだを切開し、さらに蒙古ひだの内側に切れ込みを作り、はじめに切開した皮膚を切り込みと縫合する施術法です。

目頭近くまで切開して大きな切り込みを入れることで、蒙古襞を完全に無くすことができます。また末広型二重を平行型二重にすることが可能です。

目白ポセンシア式上部形成術

目と目の間の距離をほとんど変えることなく行なえる施術なので、寄り目気味の方でも手術が可能な術式です。

二重の幅を広げる施術が追加で必要な場合もありますが、末広型の二重を平行型にしやすい特徴を持っています。

大きな末広型二重を作る施術法

大きな末広型二重を作る施術法はいくつか存在しているので、その一部を紹介します。

Z法

蒙古ひだの皮膚のつっぱりを切開し、蒙古ひだの内側に切れ込みを作り、はじめに切開したつっぱりを縫合する方法です。小さな切開で目頭をデザインすると、少しだけ内側に目を大きくすることができます。

末広型二重を維持したまま、内側に目を大きくすることが可能です。比較的傷跡が小さく済むので、ダウンタイムが短いという特徴があります。

リドレープ法

術後の縫い上がりや仕上がりはZ法に似ているのですが、細かな調整が難しい施術です。術後は末広型っぽい二重になりやすい特徴があるので、末広型二重をキープしたい人に適した施術と言えます。

また、術後1ヶ月は傷跡が赤く腫れることがあるのですが、Z法に比べて傷跡が目立たないという特徴を持っています。

一重の方は目頭切開では二重にならない

目頭切開は目頭部分の形を整える手術なので、二重の手術とは異なるものです。

クリニックには時々、「二重になりたいので、目頭切開をしたいのですが」と相談が来るそうですが、目頭を切開しただけでは二重にはなりません。もともと一重の方が二重を手に入れる場合は、二重手術という別の手術を受ける必要があります。

理想の二重に近づくためには「組合せ施術」が有効

二重の方も目頭切開をすることで、平行型や大きな末広型にすることは可能です。

しかし、自分の思い描いた二重を作りたい場合は、目頭切開に加えてほかの二重手術を組み合せて施術するのがおすすめ。目頭切開だけでは二重のデザインや調整に限界があるからです。

中には目頭切開を行なった後に「形を整えるのに必要なら再施術したい」という方がいるのですが、あまりおすすめはできません。目頭切開を単独でしたあとで追加の施術を受ける場合と、施術を組み合せて同時に受ける場合とでは、可能なデザインの範囲が異なってくるためです。

1つずつ受けるとデザインに制限が生まれることも。より自分の理想に近いまぶたにしたいなら目頭切開と他の二重施術を同時に受けたいと医師に相談してみてはいかがでしょうか。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド