目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 目頭切開手術の気になる疑問に回答 » 二重の施術と同時に受けることはできる?
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

二重の施術と同時に受けることはできる?

二重整形は目元の整形の中でも人気の高い施術法ですが、二重整形と目頭切開の施術を同時に受けることはできるのでしょうか?こちらのページでは、二重整形の種類と、目頭切開と二重整形を同時に受けることについて解説します。

二重の手術はどのようなものがある?

埋没法

埋没法とは、まぶたの中に糸を通して1ヶ所から5ヶ所程度の結び目を作り、結び目の力によって二重を作り出す方法です。「プチ整形」と呼ばれるのがこの方法で、メスを使わず、手軽に二重になることができます。

埋没法は安価な費用で受けられて施術時間が短く、メスを使わないのでやり直すこともできる点がメリットです。また、施術後のダウンタイムも短いため、長期的な休みが取れない人にも良いでしょう。

その反面、糸が出てきてしまう可能性がある、一重に戻る可能性がある、結膜が傷つく可能性があることなどがデメリットとなります。

部分切開法

部分切開法とは、まぶたに小さくメスを入れて切開を行い、まぶたの脂肪やたるみなどを取り除いた後、二重になるようにまぶたを縫う施術方法のことです。まぶたの中央を1ヶ所だけ切開する場合と、まぶたの両端を二ヶ所切開する場合の2種類があります。

まぶたを大きく切開する切開法と比較すると、二重整形の効果は低いですが、施術後のダウンタイムが短いという点がメリットです。そして、効果が低いとはいえ、埋没法よりも高い効果を得られます。

切開法

切開法は、まぶたの皮膚を大きく切開して、まぶたの脂肪やたるみを取り除いた後、二重になるようにまぶたを縫う施術方法のことです。部分切開法との違いは、まぶたを切開する大きさですが、切開法の方が高い施術効果を得られます。

切開法は切開で二重のラインを作るため、埋没法とは違い、一重に戻ってしまうということはありません。その代わり、やり直しができず、施術後のダウンタイムが長いことがデメリットです。

目頭切開と同時に受けることはできる?

目頭切開の二重整形を同時に受けることは可能です。むしろ、この組み合わせは大変人気の高い組み合わせで、同時に施術を受ける方はとても多いと言われています。

目頭切開と二重整形を同時に受けるメリットは、特に「平行二重」にしたときに得られます。

平行二重とは、二重のラインが目頭から出るタイプではなく、目に対してラインが平行になる二重のことです。目頭にモウコヒダがある方が平行二重にすると、不自然な仕上がりになってしまう可能性があります。

ですが、目頭切開でモウコヒダを切除すれば、美しい平行二重を作ることができ、さらに目が大きく見えるようになるというメリットがあるからです。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド