目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 目頭切開手術の気になる疑問に回答 » 目頭切開を受けた際の内出血について
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

目頭切開を受けた際の内出血について

目頭切開は内出血を起こす恐れがある施術法です。症状は施術内容やまぶたの状態などによって個人差があるため、内出血の度合いはひと口にはいえません。ここでは、内出血が起こる原因や症状を緩和する方法について紹介してるので、確認しておきましょう。

目頭切開の内出血の期間は医師の腕に左右される

目頭切開を受けた後の目の状態は、担当する医師の腕の左右されます。施術を受けた方のなかでも「術後数日間だけ内出血を起こした」「1か月以上経つのに内出血が引かない」と、内出血が起こる期間が違います。目頭切開が原因で起こる内出血の症状には個人差があり期間もはっきりとはわかりません。

通常、内出血は1ヵ月程度で収まるといわれています。現れる症状は「片方だけ内出血がひどい」「まぶたに違和感がある」などが中心です。これらの症状が1ヵ月以上経過しても改善されなかったり、症状が悪化したりする場合、別途治療が必要になることがあります。

内出血を起こす原因として考えられるのは、医師の経験不足による可能性が高いです。内出血の少ない目頭切開を受けたいなら施術経験が豊富で信頼できる医師が在籍するクリニックで施術を受けましょう。また、目頭切開に詳しい医師がいるクリニックで施術を受ければ、もしもの症状が起こったとしてもすぐに相談できます。目頭切開をきれいに成功させたいなら、経験と知識が豊富なクリニックを選んでください。

目頭切開の内出血はアフターケアで和らげられる

経験豊富な医師が在籍するクリニックで施術を受けていても、術後に内出血が起こってしまうことがあるかもしれません。そのときに正しいケアをすることが大切です。

通常、怪我や捻挫、打撲をした場合の内出血では、「患部を冷やすと炎症や腫れが抑えられる」といわれています。

施術後に施術部位を冷やすことで出血は抑えられますが、冷やし過ぎると症状が悪化することがあるので注意してください。

施術後すぐの場合は冷却も効果がありますが、時間が経つにつれて冷やしても効果が期待できないといわれています。術後1週間程度が経過すると施術部位が紫色に変色。それ以降は、冷やすのではなく、温めることで内出血の症状改善を早められるそうです。

まぶたが二重用の化粧品の使用で炎症を起こしている場合や、アレルギーによって目をこすってしまう習慣がある場合などは、施術後に内出血を起こしやすいとのこと。目頭切開の施術を受ける前に、肌の調子を整えたり、目をこするクセを我慢するなどして内出血を未然に防げます。

術後のケアはもちろんですが、術前にもまぶたを労わりましょう。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド