目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

傷跡はのこるのか

目頭切開手術時でついた傷跡は残るか、どの位で目立たなくなるか説明します。

目次

目頭切開手術の傷跡について

切開手術をする方が必ず気にされること。それは「手術の傷跡がきちんと消えるか」ということです。目頭の横という顔の中でも一番目に付きやすい部分ですので、特に女性が気にするのは当然だと思います。

実際のところ、手術後の傷跡がどうなるかというと、個人差がありますが、最終的に大なり小なり傷跡が残ってしまうことが多いでしょう。

部分切開なので、傷の大きさは小さいですが、手術直後は非常に目立ち易く、1ヶ月くらいをかけて赤みが引いていくのを待ちます。

その間、早いところでは手術翌日から、または抜糸後からお化粧で隠すことができるため、傷跡自体はそんなに目立つことは無いと思われます。ただ、腫れやむくみも伴うので、ある程度のダウンタイム期間は必ず必要です。

術後3ヶ月から6ヶ月を過ぎた頃には、二重の切開跡等も含め、完全に落ち着いた状態になると思いますが、小さな傷跡は残ります。

また、若い方は腫れやむくみがひきにくく、特に成長期の方は、赤みが強くでてなかなかひかなかったり、傷跡が大きく残ってしまう等のリスクがあります。これは、手術跡自体も成長しているからです。そういったリスクも知った上で、手術に臨むことが大切です。

▼傷跡が目立たない、社会復帰が早い、自然な仕上がりはココ!▼

目頭切開の名医6名を紹介しています>>

手術直後に残る傷跡

目頭切開は基本的に時間が経つにつれて傷跡が目立たなくなる手術法です。そのため、手術直後は傷跡が目立ってしまう場合があります。

特に多いのが内出血です。切開部分が赤くなり目立ってしまうこともあるので「施術したことを人に絶対ばれたくない」という方は人前に出るのを避けた方が良いでしょう。

手術直後は麻酔によって目の周りが白っぽくなったり、腫れぼったくなったりすることもあります。抜糸前なので、糸が付いていることによって目立ちやすくはなりますが、少し離れるとわからない程度に。

手術法別の傷跡

三日月切開

手術法にはさまざまな種類がありますが、特に傷跡が目立つといわれているのは「三日月法」です。目頭を三日月形に切る手術法で、傷跡が汚くなってしまうこともあるのだとか。

Z法

Z法は他の施術に比べると手術直後の傷が目立たないのが特徴です。麻酔によって目頭が白くなったり、腫れてしまったりする場合もありますが、数時間立てば目立たなくなることも。糸がついていても、少し離れればわからないくらい目立ちません。

リドレープ法

手術直後は赤みが出ることがありますが、少しすれば引いていくようです。また、リドレープ法は内側を切除するため傷跡は見えにくくなります。

術後の傷跡は人によってさまざま。腫れが目立つ人もいれば、少し赤みを帯びるだけで違和感のない人もいます。

抜糸後の傷跡

手術直後の傷跡に比べると、抜糸後の傷跡は比較的小さくなっているようです。しかし、人によっては抜糸してからもまだ赤みを伴う場合もあります。早い人で1ヶ月経てばすっかり傷跡がわからなくなることもあるようです。

手術法別の傷跡

三日月切開

手術直後の傷跡も目立ちますが、抜糸したあとも傷が残ってしまう可能性が高いと言われています。傷跡が付きつつも、数ヶ月経つと元に戻ってしまうパターンが多いようです。

Z法

約1週間ほどで抜糸をするのですが、その際も多少赤みや傷跡は残っています。その後1ヶ月ほど経つと赤みや傷跡は目立たなくなり、6ヶ月後には完全に赤みや腫れの引いた状態になるようです。

リドレープ法

抜糸後も約1ヶ月は傷が目立ってしまうこともありますが、目のラインにそって切開しているため、だんだん目立たなくなっていくようです。また、控えめに切除した際は、より傷跡は目立たなくなります。

抜糸してからの経過は人によって異なりますが、抜糸後は修正に向かって傷跡が薄くなっていくでしょう。抜糸したあとの皮膚は敏感なので、傷が治りかけている間は強い刺激を与えたりこすったりしないようにしてください。少しの刺激でも跡に繋がる場合もあります。

施術してしばらく経ってからも残ってしまった傷跡

切開した直後や抜糸した直後は多少腫れや傷跡が残っていても普通だと考える人が多いと思います。しかし、施術してから大分経ち、既に傷が目立たなくなっていいはずの時期にまだ傷跡が残っていることもあるのです。

目頭切開はメスを入れるため傷は多少たりとも残ってしまうもの。しかし、少し経つとほとんど目立たないくらいに回復するのが普通です。術後に傷跡が少し目立ってしまう方もいますが、施術を受けた方のうちわずかな数しかいないのだとか。

傷が残ってしまう場合の症状として、施術して大分経ったのにも関わらず白い跡が消えず、成熟性瘢痕になってしまっていたというものです。修正施術を受けないと消えない傷跡で、時間が経っても消えたり目立たなくなったりすることはないと言います。

傷跡があきらかに残ってしまう理由は医師の技術力不足や無理な切開、術後の管理不足などさまざま。できるだけ傷を残さないようクリニック選びやカウンセリング、施術法などあらゆる面で納得してから施術を受けるようにしてくださいね。傷痕が残りやすいものとそうでない施術方法があるので、医師に相談してから決めましょう。

傷跡を目立たなくするには

では傷跡を目立たなくするにはどうしたらよいか?最も手っ取り早い手段といえば、お化粧で隠すことでしょう。

しかし、傷の度合いによっては見る人が見れば分かってしまいますし、スッピンで傷が目立つというのは、女性にはとても辛いことです。始めから傷跡がほとんど分からないくらいに目立たなければ良いのに、と思いませんか?

実は、クリニックの中には、そうした技術を持つところがあります。

切開をするわけですので、完全に傷を無くすことは不可能ですが、手術の仕方によっては、二重の線に合わせて切開をしたり、目頭の内側に傷跡を隠して見えないようにするなど、素人目にはほとんど分からないようにすることもできるのです。

でも、そのためには、ドクターの高い技術と美的センス、傷への配慮が必要不可欠。術後、リザベンやそのジェネリックなど傷の治りを良くする薬を処方してくれるクリニックもあります。

このように傷への取り組み方をしっかりとやっているクリニックがお勧めできます。

たくさんの美容外科の中から、本当に技術があるところを探し出すのは難しいことですが、インターネットの口コミやドクターの実績、施術の方法、症例写真などを参考にし、ここ、と思うところを見つけ出すことをおすすめします。

目頭切開手術の傷跡に関する体験談

手術する前にインターネットで目頭切開を受けた人の体験談や画像などを見ていて、ある程度の傷跡が残ることを覚悟していたのですが、術後に鏡を見て、ほとんど腫れや出血がなかったことにビックリしました!仕上がりもとっても可愛らしい目になって大満足です!

20代:女性/目白ポセンシアクリニック

カウンセリングで目を大きくしたいと相談したところ、目頭切開と二重にする手術を同時にすることに。その時の対応で信頼できる先生だと感じたので、こちらで手術をお願いしました。手術後は腫れましたが、1ヶ月くらい経った頃には傷跡すら目立たなくなり安心しました。希望の大きな目になれたことに感動しています。

20代:女性/プリモ麻布十番クリニック

先生から私の目には目頭切開が適しているとアドバイスをもらい、この手術を受けることにしました。職場や友人にはバレたくなかったので片目ずつ手術してもらいました。なにより傷跡が目立たなかったので、周りに気付かれずに手術することができました。

30代:女性/大宮中央クリニック

手術後は腫れもほとんどなく、赤みが少しある程度でしたが、その赤みもすぐに引きました。手術の傷跡もほとんど目立たず、今ではどこに傷があったのか探してもわからないくらいに自然な状態になりました。希望のはっきりとした目になって感謝しています。

30代:女性/目白ポセンシアクリニック

とにかく腫れが引くのが早かったのです。私の場合3日後には、すでに目のことを気にせず外出することができました。過去に他の病院で同じ手術をした時、何ヶ月も目に違和感があって悩んだことがありました。今回の経験から、いかに病院選びが大切かということが分かりました。

40代:女性/ヴェリィ美容形成クリニック

目頭切開手術について知りたい素朴な疑問

目頭切開あんしんパーフェクトガイド