目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 目頭切開手術の気になる疑問に回答 » 施術後にメイクはできる?
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

施術後にメイクはできる?

目頭切開の施術を受けた後、メイクはできるのでしょうか?こちらのページでは、目頭切開を受けた後に、目元のメイクが可能となる時期や、メイクをする時に気をつけたいことなどについて解説しています。

目頭切開にはダウンタイムがある

目頭切開の施術を受けた後には、ダウンタイムがあるため、施術後すぐに目元のメイクをすることはできません。コンタクトレンズの装着や洗顔なども、施術当日はしないようにしてください。

ダウンタイムとは、施術が終わった後に腫れや痛み、内出血などが残る期間のことです。特に目頭切開の施術後は、目の周辺に出血が広がることもあるので十分注意してください。

目頭切開のダウンタイムは、一般的に、施術後2日から3日程度で腫れが治まり、1週間から2週間前後で内出血などがなくなり、通常の状態になると言われています。ダウンタイムの期間中は、目元に刺激を与えないように、気をつけて生活するようにしましょう。

メイクをできるのはいつから?

目元のメイクができるようになるのは、目頭切開の施術をして、約1週間後の抜糸完了翌日からです。ただし、目元以外のメイクに関しては、施術をした翌日からできます。

メイクが可能となる時期は、施術を受けるクリニックによって説明が異なるでしょう。明確に「何日後から可能」という規定はないため、クリニックによっては、目元以外のメイクであれば当日から許可される場合もあります。ですが、目元に関してはどのクリニックも、「1週間後から」とほぼ統一されているようです。

施術をした後の状態は全員が同じではなく、腫れや内出血の状態、傷の具合などは、個人によって差が出るものです。そのため、実際に施術を受けた後は、執刀医に状態を確認してもらってから、メイクが可能な時期について尋ねるようにしてください。

目頭切開をしたときのメイクで気をつけたいこと

目頭切開をした後のメイクは、なるべくお肌に優しい化粧品を使うようにしてください。抜糸が完了したとしても、目元の傷が完全に治っているわけではないため、傷口に刺激を与えないようにするためです。

お肌への刺激が少ないアイライナーやアイシャドウを選び、ファンデーションはUVカット効果のあるものにしましょう。傷跡に紫外線があたると色素沈着を起こしてしまう可能性があるため、紫外線をカットする化粧品があると重宝します。

また、基本的なことですが、傷口の周辺に力を入れないようにすることも大切です。傷口が残っている間は、クリームタイプのコンシーラーを、優しくお肌に乗せるように塗ると傷口をうまく隠せるでしょう。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド