目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 目頭切開手術の気になる疑問に回答 » 末広二重は目頭切開で平行二重になる?
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

末広二重は目頭切開で平行二重になる?

理想の並行二重を手に入れるため、目頭切開をお考えの方もいるでしょう。実際に目頭切開をしたところで、本当に並行二重になるのか不安なこともあると思います。

ここでは、平行二重にするには本当に目頭切開が有効なのかの疑問を解決。平行二重や末広二重の違い、その原因についても解説していきます。目頭切開を行う前にぜひ参考にしてくださいね。

目頭切開でまぶたは並行二重になる?

きりっとした並行二重にするためには目頭切開が有効であるという話はよく聞きます。たしかに目頭切開を行うことで二重ラインを手に入れることは可能です。

ここでは、目頭切開を受けて二重ラインになる方の特徴や平行二重と末広二重の違いについて解説。二重のタイプを決める蒙古ヒダについても紹介しています。

そもそも、並行二重、末広二重ってどんなもの?

並行二重は、上まぶたのラインと二重ラインがくっつかずに平行になっていることから並行二重と呼ばれています。目元がくっきりとするので外国人っぽいシャープで大人っぽい印象を与える二重です。

末広二重は、目頭から目尻に向かって二重のラインが広がっていくことからそう呼ばれています。日本人の多くは末広二重だと言われており、自然で愛らしい印象を与える二重です。

末広二重の方は蒙古ヒダがあることで、目頭側のラインが埋まってしまい平行二重になり辛くなっています。平行型を目指すなら目頭切開を受けて二重ラインの位置を調整する方法が有効です。

並行二重とはどのような状態なのか

平行二重は二重まぶたのラインが目頭と目尻から離れている状態の二重のことです。幅の広い平行タイプと幅の狭いタイプがあり、蒙古ヒダがもともとない方や蒙古ヒダより上に二重ラインがある方が該当します。

末広二重の方でも目頭切開を受けることで平行二重になることが可能です。

末広二重とはどのような状態なのか

二重まぶたのラインのうち目頭側が、蒙古ヒダの中に入り、目尻部分が離れている二重です。

蒙古ヒダによって目頭側が隠れているので、目頭切開によって蒙古ヒダを減らすことで並行二重となる場合があります。

蒙古ヒダと二重ラインの関係とは

目頭切開では蒙古ヒダと呼ばれる目元のヒダを切除して二重を形成します。

蒙古ヒダは、目を開いたときに目元の内眼角(目頭にある赤い部分)を覆うように隠しており、二重ラインが蒙古ヒダより高い場所にあるか、低い場所にあるかで二重の形は決まるのです。

日本人のほとんどの方が蒙古ヒダを持っており、平行二重の方でも大小の差はありますが蒙古ヒダは存在しています。

どうして目頭切開で平行二重になるの?

目頭切開で平行二重になる方の特徴は、もともと末広二重であり、目頭側のラインが蒙古ヒダによって隠れていることです。そういった方は目頭切開をして二重ラインを蒙古ヒダより上にすることで、平行型にすることができます。

平行二重と末広二重は蒙古ヒダのある目の違いは蒙古ヒダの大きさやラインの位置によるもの。蒙古ヒダのない目は施術をせずとも元から並行二重になっており、末広二重になることはありません。

並行二重を作るために必ず目頭切開が必要というわけではありませんが、蒙古ヒダを残したままでも二重幅を調整することで平行二重は形成できる可能性があります。

また、目頭切開を行っても並行二重を必ず作れるわけではありません。まずはカウンセリングを受けて、自分のまぶたを平行二重にするにはどんな施術が向いているのかを知ることが重要になります。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド