目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 目頭切開手術の気になる疑問に回答 » 目頭切開は元に戻るって本当?
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

目頭切開は元に戻るって本当?

目頭切開をしたのに元に戻ってしまったという話を耳にしたり、目にすることがあります。

ここでは、どのような原因で目頭切開が戻ってしまうのか?戻りにくい施術はあるのかを解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目頭切開はしばらくすると元に戻る?

せっかく目頭切開をしてもしばらくすると元に戻ってしまったという話を聞いて、本当に施術をしてしまって大丈夫なのかなと不安になるかともいるかと思います。

残念ながら話の通り、施術後に戻ってしまうことはあります。ですが、後戻りは様々ある施術から戻りにくいものを選ぶことで防ぐことが可能です。

ここでは、後戻りしやすい施術とは何なのか、また、後戻り施術を行なうために注意すべきポイントを解説しています。

施術後の理想の状態を保つためにも、ぜひ参考にしてみてください。

基本的に戻ることはないが、三日月法は戻ってしまう可能性が高い

現在主流となっているZ法やW法などで行われた施術であれば、基本的に元に戻ってしまうことはありません。しかし、三日月法(単純切開)に関しては別です。

三日月法は目頭部分の皮膚を三日月状に切除し、縫い合わせるというシンプルな施術。その形状から後戻りすることがあり、元に戻ったと声をあげる方の大多数が三日月法ということが分かっています。

目頭切開における三日月法について

シンプルな施術である三日月法は、なぜ後戻りしやすいのでしょうか?

それは、人の組織には「元に戻ろうとする働き」があるから。

その元に戻ろうとする力は手術した後の傷に対しても働きます。そのため、切除した部分を縫い合わせるだけの簡単な施術では、その戻ろうとする力に負けてしまい、時間の経過とともに傷跡の幅が開いていき、後戻りが起こるのです。

それでは、なぜW法やZ法の施術法は元に戻らないのでしょうか?

W法は皮膚を切り開いた部分に2枚のフラッペ(皮弁)をはめ込む施術で、後戻りしにくい施術が施されています。

Z法は蒙古襞を切開してフラッペ上にした蒙古襞の内側の部分を切開して、その部分にフラッペをはめ込む術式。W法同様に後戻りが起こりにくい施術となっています。

施術は老化・たるみによって変わることがある

Z法やW法を行なった場合でも、元に戻ってしまうわけではありませんが、多少の変化は起こることがあります。それは、老化による肌のたるみやしわによる影響を受けるからです。

半永久的に続く施術でも、年齢を重ねることで変化することはあります。施術の特性や施術の失敗だけが変化の原因ではないことを覚えておきましょう。

施術後の後戻りを防ぐために

現在主流で行われている施術方法であれば、基本的に後戻りの心配はありません。ですので、施術を依頼するクリニックを選ぶ時には、三日月法以外の施術をしてくれるクリニックを選びましょう。

また、Z法やW法を行なってもドクターの腕によっては後戻りの可能性が高くなるので、実践豊富で腕利きのドクターに施術を依頼することも大切です。

キレイになるための施術を行なったとしても、元に戻ってしまっては意味がありませんよね。

再手術することにならないためにも、受けられる施術方法を確認し、実績のあるドクターがいるクリニックに依頼するようにしましょう。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド