目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

修正は可能か

美容外科で受けた目頭切開手術が思ったようにいかなかった人や、手術が失敗に終わってしまった人に向けて、修正手術の方法や、本当にキレイに治るのかなどの情報を紹介します。

二重整形手術に対して不安を抱いている人も、ぜひ参考にしてください。

目頭切開の失敗は修正できるか?

目頭の蒙古ヒダを切り開く目頭切開の手術は、目を大きく見せたい女性に人気の施術です。しかし手術を受ける人が増えるにつれて、手術の失敗や、仕上がりに対して不満を抱く女性も増えてきています。

例えば「目と目の幅が短くなりすぎて顔のバランスが悪くなった」、「蒙古ヒダを余分に切除してしまい、みてくれが悪くなった」など、症状はそれぞれです。

失敗した目頭切開の中でも多いのが、蒙古ヒダの切りすぎ、目立つ傷跡、希望と違う仕上がりの3つ。綺麗になりたいという思いで勇気を出して美容整形に臨んだ結果、失敗に終わってしまうという事実は、手術を受けた女性に大きな精神的ダメージを与えます。そのために悩まされ続け、苦しんでいる人も少なくありません。

失敗した目頭切開を改善させ、自然で美しい状態の目元を取り戻せるのが修正手術です。修正手術には、一般的な美容手術よりも高い技術と豊富な経験値、さらには優れた美的センスが必要となります。修正手術を受けるためには、優秀なドクターの腕が欠かせないのです。

切開の幅が想像していたより変化がない場合の修正

目頭切開を受けても、「目頭の幅がほとんど変わっていない」「もっと切開しても良かった」と、手術に対する物足りなさを感じる人がいます。その場合には、蒙古ヒダをもう少し切って理想の目元に修正する修正手術を行ないます。

切開の幅に物足りなさを感じてしまう原因の1つは、手術前のカウンセリングで患者が納得できるほどの説明をしなかったから。他にも、機械によるシミュレーションをしていなかったといった点があげられます。また、思い通りの目元になるかは医師の腕にも左右されるでしょう。

目頭の修正をする際は、1回目に手術を受けた時から3ヶ月以上開ける必要があります。もっと言えば、半年~1年以上の期間が理想です。

切開後の傷が完全に治る前に再びメスを入れてしまうと、完全に形成されていない皮膚を切ることになり、思った通りの仕上がりにならないケースがあります。傷の負担を減らすためにも、修正手術を行なう場合は推奨された期間を開けてから手術に臨みましょう。

目頭を切りすぎてしまった場合の修正

目頭切開手術で「蒙古ヒダを切りすぎてしまった」、「目の印象がキツくなった」と感じる女性も中にはいます。「目頭を切りすぎてしまったら、元には戻せないのでは?」と思うかもしれませんが、切開しすぎてしまっても修正は可能です。元の目元、または理想としている目元に変えられます。

切りすぎてしまう原因には、変化が足りなかった場合と同様に手術前のカウンセリングが不十分だとか、シミュレーションをしていないケースがあります。

最初に受けた施術が皮膚を切除せずに目頭を広げる方法なら、元の状態への修正手術が可能です。しかし、皮膚を切り取って目頭を作る方法では、皮膚自体を切り取ってしまうため完全に元の状態に戻すのが難しくなってしまいます。

ただ、「ヒダ」となる部分を作ることで半分近くは戻すことができるので、医師にしっかり相談しましょう。患者の目と顔のバランス、手術後の状態などをトータルで判断し、手術法を提案してくれます。目頭切開法は手術法によって手術後の形状が異なるため、カウンセリング時にしっかりとすり合わせを行なうことが大切です。

傷跡が残ってしまった場合の修正

目頭切開手術を行なって数ヶ月が経っても傷跡が消えなくて、傷跡を消すための修正手術を受けるケースがあります。その場合には傷跡の修正手術を受けて傷跡を消すか、傷跡を目立たなくする施術をします。

目頭の場合はメスを入れて傷跡を修正するよりも、レーザーで修正するケースがほとんど。効果は多少限られますが、ある程度の傷跡を消してくれます。

傷が膨らんでいるケース

傷跡が膨らみ目立ってしまっている場合には、ニキビ跡やくすみの改善にも使用されるフラクショナルレーザーを使います。傷跡周りの肌とできるだけ均等な状態にして、目立たなくするのが目的です。

他にも、ステロイド注射で膨らみを小さくする方法もあります。

傷に赤みがあるケース

傷に赤みがある場合には、色素治療レーザーを試してみるといいでしょう。目の近くの治療なので対応してくれるクリニックは限られてきます。

目頭切開の手術を受けると多少なりとも赤みは生じますが、長くても6ヵ月目ごろには赤みが治まるものです。もし1年以上経ってもおさまらない場合には、専門の医師に診てもらう必要があります。

傷がくぼんで見えるケース

切開をした部分が周りよりくぼんで違和感がある場合には、フラクショナルレーザーで周りの皮膚との境い目を目立たなくしていきましょう。くぼみ自体の改善というよりは、皮膚の状態を整える程度の修正と考えてください。

目頭切開の修正方法

目頭切開の修正手術では主に「蒙古ヒダ形成」という方法が用いられます。目頭の部分に覆いかぶさるように上まぶたから伸びている皮膚である蒙古ヒダを切開し、皮膚のバランスを整える手術法で、目元だけでなく顔全体のバランスも調整できる人気の手術法です。

蒙古ヒダ形成には代表的な4つの手法があり、それぞれで目頭の形や仕上がり具合が異なってくるもの。ここでは、蒙古ヒダ形成の4つの方法について詳しく解説をしていきます。

逆Z法

目頭切開の修正術である蒙古ヒダ形成、その中で最も一般的な手術が「逆Z法」です。目頭切開手術で用いられるZ法という術式の逆の手順で修正を行なう施術方法のため、逆Z法と呼ばれています。

目頭側の皮膚を切開してくっつけるための皮弁を作り、目頭の先端にある涙丘を覆い隠すような形で下に倒して、傷口を目立たないように縫合。約1週間後に抜糸をして完了です。

目頭のデザインがしやすく、蒙古ヒダが下向きの自然な仕上がりになるのが特徴。手術後は後戻りすることもなく、拒絶反応も出ないため、比較的安全な手術と言えます。

目頭切開で皮膚を切りすぎた人や、蒙古ヒダがなく寄り目になっている人に適した手術法です。

VY法

目頭の皮膚をV字に切り開き、その後にY字に縫合して蒙古ヒダを形成する方法です。手術直後は先のとがった鋭角状の目頭になりますが、逆Zとは違ってそこから多少後戻りが起こるため、最終的には丸みを帯びた仕上がりになるのが特徴。下眼瞼の皮膚にかぶさるような立体感がないため、平面的な蒙古ヒダが出来上がります。ただし、手術後の仕上がりが逆Z法よりも予測しづらいというデメリットを孕んだ手術法です。

VY法を用いる場合には、目頭切開の際に皮膚があまりに多く切除されていると適用できない可能性があるため注意が必要です。

下眼瞼皮弁法(フラップ法)

切開した下眼瞼の皮膚を皮弁にして、目頭を支点にするように回転させて上まぶたに移動させ、蒙古ヒダを形成する方法です。VY法とは違って、目頭切開の施術で皮膚が切除されすぎていた場合でも下まぶたの皮膚を皮弁にするので、十分な蒙古ヒダを形成できます。

しかし、これはあくまで下まぶたの皮膚を目頭の部分にかぶせる方法のため、取ってつけたようにやや不自然さの残る仕上がりになる可能性があるのです。

目頭切開手術後の修正はほとんどの場合逆Z法で対応が可能なため、最近ではあまり活用されていない手術法となっています。

目白ポセンシア式目頭切開修正術

目白ポセンシア式目頭切開修正術とは、目頭切開を得意としている「目白ポセンシアクリニック」が独自に編み出した術式です。逆Z法やVY法に比べて傷跡が小さくすみ、術後の目頭の形もキレイな三角形に仕上がるのが特徴。手術中には鏡を見ながら経過をチェックできるため、もし途中で気になるところがあってもすぐに修正対応してくれるとのこと。

一般的に行なわれる逆Z法は目頭切開前の状態に戻るイメージですが、それではせっかく行なった手術の意味がなくなってしまいます。しかし、目白ポセンシア目頭切開修正術なら、手術中でも患者自身が経過を確かめられるため、理想とする目頭へと近づけられるのです。医師と相談することで患者の要望も汲み取ってもらえる画期的な方法と言えます。

目頭切開の修正をした人の口コミ・体験談

他院で目頭切開を受けたのですが、仕上がりに満足ができなかったので修正の手術をしていただきました。術後は特に目立つようなこともなく、サングラスとマスクをして帰宅。手術の時には看護師さんが優しく接してくれて、とても安心したのを覚えています。カウンセリングの時に先生が私の要望をしっかりと聞いてくれたので、完成後は納得できる仕上がりになりました。

カウンセリング時の医師の対応がとても良かったです。クリニックに行くまでは、正直最初に受けた手術のことを思い出して少し不安だったのですが、建物内に入ると雰囲気がとてもオシャレで、居心地の良いクリニックでした。修正術の費用は30万円を超えていてお高めでしたが、最初の希望通りに修正してもらえて良かったです。

目頭切開自体は他のクリニックで受けたのですが、私が修正術を受けたクリニックは快く修正をしてくれました。カウンセリングでは3千円がかかりましたが、それでも丁寧で優しい対応を考えたら、とても安いと思います。修正術ではできることとできないことをしっかりと説明してくださり、できる限りのことをしてくれました。本当に信頼できる先生で良かったと思います。

目頭切開の手術を受けたのは約半年前です。同じ幅で切開したのですが、仕上がりは微妙にバランスが違っていて、なんだか変な感じでした。不安に感じて他のクリニックでカウンセリングを受けた結果、切開されている幅が左右で違うとのこと。泣く泣く修正術をお願いしました。右目は気に入っていたので左目の修正を依頼。難しい手術と聞いていましたが、短い時間で綺麗に仕上げてくれました。医師によってここまで差が出るのかとわかって良かったです。

修正を受けないで済むためのクリニック選び

目頭切開では修正術を受けないことが一番です。そのためには、目頭切開を行なうクリニック選びに力を入れなければいけません。修正をするような事態にならないクリニック選びには、ドクターの腕と施術前のカウンセリングを重視しているかを確認する必要があります。

目頭切開手術を受ける前のカウンセリングで仕上がりをしっかりと相談できずに手術を受けたため、手術が終わって修正術を受ける羽目になった人も少なくありません。中には手術当日になって、カウンセリングドクターと執刀医で違う医師が出てくることもあるようです。

目頭切開の手術を行なってくれる医師の技術も重要で、未熟な医師が担当すると、その後の修正術を断られる場合もあります。しっかりとしたカウンセリングを行ない、技術力の高い医師がいることが、目頭切開を成功させるために最も大切なことなのです。

高い技術力と実績をもった目頭切開の名医を特集しています>>

目頭切開の他院修正が可能なクリニック一覧

修正という事態にならないように、信頼できるクリニックを選ぶのが重要です。しかし、思ったような目になれなかった場合には他院修正が可能なクリニックに行くことも一つの手段。

思い通りにいかなかったクリニックにもう一度行くよりも、名医と呼ばれる腕の良いドクターに見てもらったほうが間違いありません。

ここでは、各地域ごとに目頭切開の他院修正が可能なクリニックを紹介しています。

東京

目白ポセンシアクリニック

料金 330,000円~
診療時間 10:00~19:00
所在地 東京都豊島区目白3-5-12 目白コアビル3階

プリモ麻布十番クリニック

料金 350,000円
診療時間 10:00〜19:00
所在地 東京都港区麻布十番1-7-11 麻布井上ビル2F

ヴェリテクリニック銀座

料金 400,000円
診療時間 10:00~19:00
所在地 東京都中央区銀座2-6-12 大倉本館5階

タウン形成外科クリニック

料金 要問合せ
診療時間 10:00~19:00
所在地 東京都港区北青山3-6-19 三和実業表参道ビル8F

ノエル銀座クリニック

料金 要問い合わせ
診療時間 10:00~19:00
所在地 東京都中央区銀座2‐5‐14 銀座マロニエビル7F

東京美容外科

料金 通常施術料金の20%アップ
診療時間 10:00~19:00
所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー3F

宮城

仙台中央クリニック

料金 要問合せ
診療時間 10:00~18:00
所在地 宮城県仙台市青葉区中央3-6-8 JTBビル7F

千葉

船橋中央クリニック

料金 400,000円
診療時間 9:30~18:00
所在地 千葉県船橋市本町6-4-15 グラン大誠ビル2F

静岡

ユリシスクリニック

料金 他院目頭切開修正:275,000円
他院目頭切開復元:350,000円
診療時間 10:00~18:40
所在地 静岡県浜松市中区鍛冶町1-39 ピンストライプビル6F

大阪

リッツ美容外科

料金 要問合せ
診療時間 10:00~19:00
所在地 大阪府大阪市北区中津1-2-21 中津明大ビル2F

兵庫

ルネッサンス美容外科医院

料金 要問合せ
診療時間 11:00~21:00
所在地 兵庫県神戸市中央区八幡通3-1-14 サンシポートビル8F

目頭切開手術について知りたい素朴な疑問

目頭切開あんしんパーフェクトガイド