目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

修正は可能か

目頭切開手術で失敗した際の修正方法やキレイに治るのか等の情報を紹介します。

目頭切開の失敗は修正できるか?

目頭切開の手術が一般的になるにつれ、手術に失敗したり、仕上がりを不満に思われる患者様が増えてきています。

例えば、蒙古ヒダを多く切除しすぎてオウムのくちばしのようになってしまったり、目と目の幅が短くなり過ぎて顔のバランスが悪くなってしまったりなど、症例は多岐にわたります。

失敗例で多いのが、切り過ぎ、傷の汚さ、希望した仕上がりと違う、の3つ。

綺麗になりたくて美容整形に臨んだのに、失敗に終わってしまった事実は、患者様への精神的ダメージが大きく、苦しみ続ける人も少なくないのです。

そのような状態を改善させ、自然な美しい目元を取り戻すことができるのが、修正手術です。

目頭切開の施術自体、高度な技術力を必要とするものです。その修正を行うには、より高い技術力と経験値、そして優れた美的センスが必要となります。自分で施した手術でも修正できない、と修正を拒む医師もいるくらい困難な手術のため、ドクターの見極めはとても重要といえます。

目頭切開修正の手術方法

目頭切開は皮膚を取り除くことがあるため、基本的に完全に元の状態の戻すことの難しい手術です。そのため、修正手術の費用も元の手術と比較すると、高額になってしまうことが多いでしょう。

  • 逆Z法

修正術で一番ポピュラーな方法です。
仕上がりは目頭が丸い形になります。
欠点は傷跡が大きいことです。また、微調整はできませんので、術者のセンスや患者の希望をしっかりと聞いてくれる医師を探すことが大切になります。
 

  • 三角法(古川法)

仕上がりは目頭が三角の形になります。
傷が大きいことが欠点です。
 

  • 目白ポセンシア式修正法

目白ポセンシアクリニック院長が考案した方法です。
傷が小さく、その場でミラーチェックができて、手術中修正の微調整ができます。
目頭の形は三角になります。
欠点は東京でしかこの方法が受けられないことです。

三日月法などの他の施術では、皮膚を切除してしまった分、自然な形状にするのに高度なテクニックが必要です。

目頭修正の事例

目頭切開修正手術を行っているクリニックの事例をいくつかご紹介いたします。修正は大変難しく、高度な技術とセンス・審美眼を要します。

【ケース1:目白ポセンシアクリニック】

他院で行った目頭切開手術によって蒙古ヒダを切りすぎたため、球結膜(目頭の赤い部分)が大きく露出し、不自然なイメージを与えるようになってしまった。同院で修正の手術を行い蒙古ヒダを再形成したことで、目頭の赤い部分がなくなり、自然な形状になった。

【ケース2:プリモ麻布十番クリニック】

蒙古ヒダを取り除きすぎたため、目と目の間が狭くなりバランスの悪い印象になってしまった。日本人女子の平均距離といわれる33~34mmに合わせて、蒙古ヒダを再形成し、顔のバランスを整え、ハーフっぽくなってしまった目の形を修正した。

【ケース3:高須クリニック】

もともと蒙古ひだが少なく、目が顔の中央に寄りすぎて、目がきつい印象だった20代男性。目頭修正によって顔のバランスを整える手術を行った。手術では目頭から上まぶたにかけて皮膚を切開し、広げた。1ヶ月後、傷跡も目立たず、自然な感じで目もとのバランスが整い、顔全体がやさしい印象になった。

【ケース4:ヴェリテクリニック】

キリッとしたカッコイイ顔に憧れて、2年前に目頭切開したが、可愛らしいくりっとした目元が流行り出し、修正することに。癒し系メイクが似合う希望通りの目を手に入れ、満足している。

【ケース5:目白ポセンシアクリニック】

他院の目頭切開を受けたところ、担当医が下手だったのか、目頭の形を四角にされてしまった。ショックのあまり引きこもっていたが、目白ポセンシアクリニックで三角形の自然な目頭に修正してもらい、救われた。

【ケース6】

目頭切開を5年前に受けて以来、人に顔を見られるのが恥ずかしく、外に出るのも億劫になっていた。「一生このままなのは嫌だ」と決心し、逆Z施術を受けた。その後結婚も決まり、勇気を出してよかったと思う。

「修正」という事態をおこさないためのクリニック選び

最初から修正術を受けないようにするのが一番です。

術前に術者と良く相談するしかありません。クリニックによってはカウンセリングドクターと術者が違うクリニックもあるので、必ずカウンセリング時に確認されると良いと思います。
手術当日になって急にカウンセリングドクターと違うドクターが出てくることもあるので、そんな時はしっかりと断る勇気を持つことも大切です。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド