目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

視力に影響はある?

目頭切開などの目元の整形手術では、視力への影響が気になるものです。そこで、こちらのページでは、目頭切開の手術で視力が低下する可能性と、もし視力に違和感を覚えた場合の対処法について解説をしています。

目頭切開の手術では眼球に直接触れない

目頭切開の手術が正しく行なわれれば、視力が低下することや、視力に違和感を覚えることはないでしょう。その理由は、目頭切開の手術では、直接眼球に触れることがないからです。

目頭切開の手術方法は、蒙古ひだを完全に切除してしまうW法(内田法)、傷跡が小さくデザインの微調整ができるZ法、目を大きくできる代わりに傷跡が残りやすい三日月法などが一般的に採用されています。これらの手術方法によって、切開を行なう場所や切開の方法は異なりますが、いずれの術式であっても眼球には触れません。

目頭から少し鼻筋にずれた部分にメスを入れ、蒙古ひだを切除して、目頭にある「涙湖」というピンク色の部分を露出させるというのが目頭切開です。つまり、メスを入れる部分の下にあるのは、眼球ではなく涙湖になるため、眼球に触れてしまう危険性はありません。

その他、Irlt法、Mustarde法、Imre法、平賀法、Stallard法、Mack法などの術式が採用される可能性もありますが、どの方法でも同様で、眼球への影響は心配ないでしょう。

これらのことから、目頭切開の手術を受けて、視力に悪影響が及ぶという可能性は低いですが、目頭切開には高い技術力を要します。決して簡単なものではないため、確かな技術力を持ち、実績が豊富なクリニックと医師を選択することも大切です。

もし視力に違和感を感じたら

目頭切開で視力が低下する可能性は低いですが、絶対にないとは言い切れません。上の項目でご紹介したように、目頭切開は簡単な手術ではなく、執刀医の技術力や実績が必要だからです。実際に、手術をしてから視界がぼやける、視力の低下を感じるという方も稀にいます。

手術後にもし視力に違和感を覚えた場合は、まずは病院に行くことが先決です。手術をしてもらったクリニックに相談に行っても良いですが、視力に関することなので、眼科に行って診察を受けるようにしてください。

目頭切開はリスクの高い手術ではありませんが、眼球という大切な器官が存在する近くにメスを入れる行為です。もし万が一、その影響で視力に違和感が出た場合、視力が元に戻らない可能性もあります。本当に信頼できるクリニックを慎重に探して、手術の内容についてよく確認するようにしましょう。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド