目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

失敗例を知りたい

美容整形の定番となっている「目頭切開手術」の失敗例や、失敗に関しての体験談を紹介します。

目頭切開の失敗例

蒙古ひだを切り取って、目元の印象を変えることができる目頭切開手術は、多くのクリニックで定番の手術となっています。施術数も多い手術ですが、手術において絶対に100%失敗しないということはありません。起こりうるリスクをしっかりと理解した上で、対処法やリスクを最小にするポイントを知っておきましょう。

[失敗例]

▶ 効果があまりない

ドクターとデザインの共有がうまくできていない場合に多いです。切る長さが自分のイメージよりも短かったり、執刀医のスキルが未熟だった時に起こり得ます。

▶ 目頭が不自然

蒙古ひだを切り過ぎると、目頭にあるピンクの涙丘が見え過ぎてしまい不自然な印象になってしまいます。パンチで穴を開けたようになってしまうこともあるようです。ドクターとイメージの共有ができていなくて、術式の選択を誤ってしまった場合もありますし、執刀医のスキルが未熟だった時にも起こり得ます。

▶ 寄り目

目頭切開をすると、目と目の距離が必然的に近づきます。切り過ぎてしまった場合や、もともと目と目の距離が近い人が、目頭切開手術を受けると寄り目になってしまいます。目と目の距離が平均未満の人は、目頭切開手術を受けられないようにしているクリニックも多いです。

▶ 傷跡が目立つ

術式やデザイン、その人の体質によっても目立つ度合いは違いますが、執刀医のスキルが未熟だった場合に、手術の跡が目立ってしまうケースもあります。

共通して言えることは、カウンセリングやドクターとの話し合いが不足していると、発生しやすいということです。

また、ドクターの提案を無視して、自分に合わないデザインを希望する人も少なくありませんが、結果的に不自然な仕上がりになってしまいます。

そして、もっとも大きく影響するのはドクターのスキルです。

目頭切開を失敗しないためには?

下記のポイントをチェックすることで、目頭切開手術の失敗リスクを最小にすることができます。

▶ カウンセリングをしっかりと

目頭は顔の目立つ場所にあるので、切り込む長さや角度によって、ほんの数ミリ違うだけで印象が大きく変わります。カウンセリングで自分のイメージをしっかり伝えることも大切ですし、その人の顔のバランスや目の形状、皮膚の状態などを考慮し、的確なアドバイスをしてくれるドクターを選ぶことも重要です。カウンセリングと手術するドクターが同じクリニックなら更に安心ですね。

▶ ミラーチェックができるか?

手術中にミラーチェックをしてくれるクリニックなら、自分のイメージと合っているか確認しながら手術を受けることができます。その場でドクターに伝えられるのと、術後に修正依頼をするのでは、時間と手間が大きく変わります。

▶ ドクターのスキル

目頭切開の仕上がりは、執刀医のスキルによるところが一番大きいので、信頼できるドクターを見つけることが重要です。ひとつの術法しか施術できないドクターよりも、Z法やW法など複数の術式を使い分けできるドクターの方がスキルが高いと言えます。

また、修正手術を手掛けているドクターは高いスキルを持っているので、修正もできるドクターを探すこともポイントです。

目頭切開手術の失敗の体験談

目頭切開手術を受けたのですが、大きく切られてしまって、きつい寄り目になってしまいました。同じ医院に行って蒙古ひだ形成手術を受けましたが、全く元に戻らず、別の医院へ相談しに行きました。

30代:女性

もともと二重だったのですが、もっと目を大きくしたくて、二重を広くする手術と目頭切開をしました。カウンセリングで私には合わないかもしれないと言われたのですが、希望を通して手術してもらいました。とても不自然な目になってしまいました。ちゃんと先生の話を聞いていれば良かったです。

10代:女性

パンチでくりぬいたようになってしまいました。上手な先生にやってもらえば良かったという後悔しかありません。

20代:女性

5年ほど前に目頭切開手術をしましたが、目頭のくぼみが気になるので修正したいです。最初の手術で目立たず控えめにとお願いしたのでZ法だと思ってたのに、別のクリニックで違うと言われてショックです。

30代:女性

目頭切開で失敗して何度か修正手術をしましたが、今度は戻され過ぎてしまい、不自然な丸い目になってしまいました。病院を慎重に選ばなかったことをとても反省しています

20代:女性

目頭切開あんしんパーフェクトガイド