目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

目頭切開法の種類と適する症状

このカテゴリでは、目頭切開の手術法の種類と、手術に適した目の状態を解説しています。

目頭切開の手術について

目頭切開とは、東洋人に多く見られる目頭を覆っている蒙古(もうこ)ヒダと呼ばれる皮膚を切除、あるいは切開する手術です。

日本人には特に蒙古ヒダが発達した人が多いと言われ、有名人の中にも目頭切開手術を経験した人が大勢いると言われています。目と鼻の手術はデビュー前の基本と言われているくらい、芸能界では頻繁に行われている手術です。

目と目の間が広すぎて離れて見えるので狭くしたい、平行の二重にして目をパッチリさせたい、横幅を広げて目を大きくしたい、切れ長の目にしたいなど、様々なコンプレックスを解消することが可能なため、今、大変注目を集めている手術です。

目頭切開の手術法各種

目頭切開には、いろいろな手術方法があります。目頭切開の手術誕生当初からある皮膚を切り取る単純切開法三日月法蒙古ヒダを入れ替えるZ法や、W型に皮膚に切り目を入れることで皮膚のひきつれを予防するW法、その他クリニックのオリジナルなどさまざまです。

現在ではZ法やW法が多く行われています。が、それぞれの手術方法で、手術結果が変わってきます。

自分の希望にあったデザインと手術が行われるよう、しっかりと担当医と打ち合わせをすることが大切です。医者任せにしないで当サイトをはじめ、様々な情報を収集し、しっかりと自分の要望を担当医に伝え、綿密な打ち合わせをすることが良い結果へと導いてくれるでしょう。

目頭切開のメリット・デメリット

目頭切開の手術は、1~2mm程度、ほんの少し切開するだけでも、離れ目の改善、大きな目や切れ長の目、キレイな二重になるなど、目元の印象を変えることのできる手術です。

その反面、メスを使用するため技術がない医師が担当すると傷跡が目立つリスクや、センスの無い医師が担当した場合、理想とは程遠い仕上がりになる危険性もはらんでいるというデメリットも存在します。

経験を積んでいることはもちろん、美的センス・デザインセンスの高い医師と出会うことが手術成功の鍵となります。

目頭切開の手術方法を比較

クリニックによって受けられる目頭切開の方法はさまざまです。たくさんの手術があるなかで自分にあった手術を見つけるのは難しいと感じている人に、おもに行われている目頭切開の手術法4種類を紹介しています。

Z法

切開方法

目頭部分をZの形で切る方法。W法とならんでポピュラーな目頭切開法となっています。目を大きく見せるための二重まぶたの手術と一緒に行われることが多い手術です。

どんな方に向いているのか

横幅のある二重まぶたを手に入れたい人や、大人っぽい印象を受ける目が欲しい人に向いているといえます。

ダウンタイム

メスを入れる部分が小さくて済むため、他の目頭切開法と比べてもダウンタイムは短くて済むようです。

ばれにくさ

傷跡が小さく、手術による変化も自然なものなので、バレる可能性は低いようです。そのことから、数ある目頭切開法のなかでも、Z法をすすめているクリニックも多いようです。

メリット

  • 自然な変化になるので、周囲の人にバレにくい
  • 縦方向の変化が付けやすい
  • W法に比べてダウンタイムが少なくて済む

デメリット

  • ドライアイになる可能性がある
  • 費用が他の目頭切開法と比べて高めである
  • 変化があまり感じられない場合もある

費用の違い

費用は高め。しかし、多くのクリニックが目頭切開法としてZ法を採用しているため手術費用の価格帯には幅があるようです。

目頭切開術のZ法について詳しくチェック>>

W法

切開方法

目頭切開の手術後に元に戻ってしまうという問題を解消するためにできた目頭の切開をWの形で切る方法です。内田法とも呼ばれることもあります。

Z法と比べると皮膚の切除があるため、元に戻る可能性が低く、信頼できる医師やクリニック選びが大切だといえます。

どんな方に向いているのか

Z法に比べて目頭の形が丸みを帯びるような仕上がりになる手術です。そのため可愛らしい印象を受ける目元を手に入れたい人におすすめです。

ダウンタイム

術後のダウンタイムは、Z法よりも長めですが、腫れは1~2週間程度で徐々に引いていきます。

メリット

  • 二重手術と併用することで平行な二重になりやすい
  • 手術後に元に戻ってしまう可能性が低い
  • 目元の印象が大きく変わる

デメリット

  • 傷跡が目立ってしまう
  • まわりの皮膚を取り除くため、修正が難しい
  • ダウンタイムが長い

費用の違い

クリニックによって値段の幅が広いです。平均的には20万円~30万円ほどかかります。W法は皮膚の一部を切り取る手術なので、修正が難しいことや医師の技術により仕上がりが異なります。単に安いからという理由でクリニックを選ばないようにしましょう。

目頭切開術のW法(内田法)について詳しくチェック>>

リドレープ法

切開方法

目頭の皮膚下を剥離し、皮膚を移動して蒙古襞(もうこひだ)を目の下のふちに沿って切開する手術です。

韓国で人気のある目頭切開法で「韓国式目頭切開」ともいわれています。他の目頭切開法と比べると控えめな変化になります。

どんな方に向いているのか

他の目頭切開の手術よりも、自然な仕上がりの二重になるのが特徴の手術です。末広がりの二重を手に入れたい人に向いているといえるでしょう。

ダウンタイム

一般的な他の目頭切開法と同じようなダウンタイムが必要となります。

手術後の傷跡が目立ちにくいというメリットもあるので、人によってはダウンタイムが短く感じる人がいるかもしれません。

ばれにくさ

目頭の皮膚下にメスを入れ、縫い合わせるため、術後の傷跡が目立たないという特徴があります。

傷跡の目立たなさは4つの手術法の中でピカイチです。

メリット

  • 傷跡が目立ちにくい
  • 自然な二重が手に入る

デメリット

  • 平行二重にはなりにくい
  • 大きな変化がないこともある

費用の違い

費用の相場は両目で20万円~30万円ほどです。Z法とW法と比べても同じぐらいの費用なので、自分がどのような目になりたいのかをよく考えてから選択すると良いでしょう。

目頭切開術のリドレープ法について詳しくチェック>>

三日月法

切開方法

蒙古襞(もうこひだ)の部分を三日月状に切り取って余分な皮膚を切除します。従来からよく行われてきた目頭切開法のひとつです。

どんな方に向いているのか

蒙古襞(もうこひだ)があまり強く出ていない人におすすめです。

ダウンタイム

単純に蒙古襞(もうこひだ)部分を切除する手術であり、切除部分の調整が可能です。切除する範囲によっては手術時間も短く、腫れも少ないというメリットがあるようです。

ばれにくさ

三日月法は単純に切開を行うため、傷が目立ちやすい手術といえます。しかし、切る範囲を調節することで、傷跡を目立ちにくくすることも可能なようです。

メリット

  • 腫れが少なく、ダウンタイムが短くて済む

デメリット

  • 元に戻る可能性がある

費用の違い

費用の相場は両目で14万円~22万円ほどです。目頭切開法の中では比較的安い手術ですが、メスを入れ皮膚の切除を行うため、信頼できるクリニックを選ぶことが重要だといえます。

目頭切開術の三日月法について詳しくチェック>>

気になるその他の目頭切開法とは?

目頭切開は、顔の印象を左右する目元の美容整形です。クリニックによって既存の手術方法を改良した方法が用意されているのが特徴。自分の理想の目元を手に入れるためには、顔の印象に合わせた手術を選ぶことが大切です。

目元という目立つ部分にメスを入れるので、失敗は許されません。後悔しないためにも、クリニック選びを慎重に行ないましょう。前述した目頭切開以外の方法についても以下にまとめているので、チェックしてみてください。

ミニZ法

形成外科的な手技である「Z-plasty」を目頭に応用したのが「ミニZ法」。皮膚を切除する「W型切開」とは違う観点から開発されたので、蒙古ヒダを切除するのではなく「Z型」に切り込みを入れることで立体的にずらして入れ替える施術方法です。切開線を小さめにすることで、最短で済むと同時に切開部にかかる張力が小さくなり、早い段階で傷跡が目立たずとても自然な目もとになるのが特徴です。

Imre法(Z形成術)

内眼角部のひだの位置を移動するZ形成術のひとつです。Z形成術は傷が最小限で済み、腫れが引きやすい施術です。最大のメリットとして術後の形態が気に入らない場合でも、術前のイメージに戻しやすい点が挙げられます。0.1mm単位で計測し、細部用のメスで切開を行ない皮膚の下の繊維組織を必要最小限切除。「吸収される糸」で中縫いをして、極細の糸でさらに細かく縫合をします。

Stallard法(変形Z形成術)

蒙古ひだの表面(前葉)と裏面(後葉)にまたがる変形Z形成術。Z形成術を応用して開発されました。

V法

蒙古ひだの中心を水平に切開し、開いた皮膚の余分な皮膚を切除して縫合する方法です。傷跡が大きくVの字に残りますが、蒙古ひだを取り除き、目頭にある涙丘(るいきゅう)を完全に出すことができます。単純な施術で蒙古ひだを完全に取り除けますが、患者の要望に合わせた細かい調節ができません。また傷跡が目立ちやすいというデメリットもあります。

Park法

Park法は、Z形成術と余剰皮膚切除を同時に行なう施術です。Z形成による皮膚の入れ替えとともに余剰皮膚を切除することで、平行型の二重を作ることができます。二重の内側の幅を広げたい場合やまつ毛側の余った皮膚を取り除きたい場合に最適です。また二重の仕上がりを平行型にしたい方にもおすすめです。

VY形成

目頭をV字に切開したあとにY字に縫合する施術法で、丸みのある蒙古ひだになるのが特徴です。手術直後は尖った形の目頭になってしまいますが、3ヶ月から6ヶ月くらいかけて少しずつ丸みを帯びてきます。目頭切開で切りすぎてしまった方のリカバリーに使われる施術ですが、蒙古ひだの残り具合で適用できないこともあります。

平賀法

蒙古ひだを切り取りV型(Y型)に縫い合わせる施術方法です。切り取り量の調節をすることで手術の効果を変えられるのがメリット。傷あとが目立ちにくいのも◎。目頭をシャープな印象に仕上げたい方におすすめの施術です。

渡辺法

伝統的な平賀法を改良して作られたのが渡部法です。急な角度を抑えることによってデザインに工夫をしています。

平賀法変法

従来の平賀法に改良を加えたのが平賀法変法です。蒙古ひだを覆っている皮膚を切除して縫合。ひだのきつくない方におすすめの施術です。

Mack法(Y-V形成術)

蒙古ひだの表面をY字切開して、内側をさらに鼻に向けて伸ばす施術です。平賀法よりは柔らかい目元に仕上がります。

Mustarde(Y-V形成Z形成複合法)

Y-V形成術とZ形成術とを組み合わせた施術です。効果が高く優れた方法ですが、広範囲に切開することになります。そのため離れた皮膚の色を合わせることが難しいとのこと。日本では美容整形手段ではなく、形成外科にて再建治療の目的で採用されることが多い手術です。

そのほかの目頭切開法をチェックする>>

目頭切開法と合わせて理想の目を手に入れる

目頭切開法は目元を大きく見せてくれる施術ですが、それだけでは思った通りの目元にならないこともあります。理想的な目元を手に入れたいなら、二重手術の美容整形を組み合わせることもおすすめです。2種類の施術を組み合わせることで、理想の目元に近づけていく人もいます。

目頭切開法と合わせて、他の目元の美容整形を行なう場合の施術を以下にまとめてみました。他の目の手術と合わせて受けることを考えている人は参考にしてみてください。

目頭切開+埋没法

東洋人に特有な目頭の突っ張りの部分である蒙古ひだを解消するのが目頭切開と、手軽に二重になれる埋没法を組み合わせることで、理想的な目元を手に入れられます。細かな変化ですが、目元の印象を大きく変えてくれる施術です。

目頭切開+全切開

蒙古ひだと切り取る目頭切開と半永久的な二重効果に期待できる全切開を組み合わせた施術です。

より目元を大きく見せたいという方におすすめ。全切開はメスを使って施術を行なうため、「二重が戻ってしまうかも」という心配がありません。

目頭切開+眼瞼下垂

目頭切開と眼瞼下垂を組み合わせた施術は、「目を大きくしたい」「たれ目を改善した」という方におすすめです。

目頭切開で蒙古ヒダを調整することで目の大きさを確保し、まぶたを引き上げる眼瞼下垂の効果で目尻を引き上げます。

目頭切開+目尻切開

蒙古ひだを切除する目頭切開と、目尻の皮膚を切開する目尻切開を同時に行なう施術です。

目尻切開は効果が出にくいといわれていますが、他の施術と組み合わせることでより効果を高められるとのこと。効果が出やすい方と出にくい方がいるので、目元の施術が得意な医師に相談することをおすすめします。

目頭切開法と二重まぶたの手術を一緒に受けた人の症例や体験談をチェック>>

目頭切開あんしんパーフェクトガイド