目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

目頭切開法の種類と適する症状

このカテゴリでは、目頭切開の手術法の種類と、手術に適した目の状態を解説しています。

目頭切開の手術について

目頭切開とは、東洋人に多く見られる目頭を覆っている蒙古(もうこ)ヒダと呼ばれる皮膚を切除、あるいは切開する手術です。

日本人には特に蒙古ヒダが発達した人が多いと言われ、有名人の中にも目頭切開手術を経験した人が大勢いると言われています。目と鼻の手術はデビュー前の基本と言われているくらい、芸能界では頻繁に行われている手術です。

目と目の間が広すぎて離れて見えるので狭くしたい、平行の二重にして目をパッチリさせたい、横幅を広げて目を大きくしたい、切れ長の目にしたいなど、様々なコンプレックスを解消することが可能なため、今、大変注目を集めている手術です。

目頭切開の手術法各種

目頭切開には、いろいろな手術方法があります。目頭切開の手術誕生当初からある皮膚を切り取る単純切開法三日月法蒙古ヒダを入れ替えるZ法や、W型に皮膚に切り目を入れることで皮膚のひきつれを予防するW法、その他クリニックのオリジナルなどさまざまです。

現在ではZ法やW法が多く行われています。が、それぞれの手術方法で、手術結果が変わってきます。

自分の希望にあったデザインと手術が行われるよう、しっかりと担当医と打ち合わせをすることが大切です。医者任せにしないで当サイトをはじめ、様々な情報を収集し、しっかりと自分の要望を担当医に伝え、綿密な打ち合わせをすることが良い結果へと導いてくれるでしょう。

目頭切開のメリット・デメリット

目頭切開の手術は、1~2mm程度、ほんの少し切開するだけでも、離れ目の改善、大きな目や切れ長の目、キレイな二重になるなど、目元の印象を変えることのできる手術です。

その反面、メスを使用するため技術がない医師が担当すると傷跡が目立つリスクや、センスの無い医師が担当した場合、理想とは程遠い仕上がりになる危険性もはらんでいるというデメリットも存在します。

経験を積んでいることはもちろん、美的センス・デザインセンスの高い医師と出会うことが手術成功の鍵となります。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド