目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 目頭切開法の種類と適する症状 » 埋没法など、他の重瞼術との併用
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

埋没法など、他の重瞼術との併用

目頭

目頭切開は、単独で行っても効果が出ますが、二重にする重瞼術などと組み合わせることでさらに魅力的な目元をつくることができます。

目頭切開と他の手術の併用法

埋没法+目頭切開、目頭切開+目尻切開、眼瞼下垂術+目頭切開など、他の施術と併用する方法についていくつかの症例を用いて解説いたします。

【症例1/目頭切開+埋没法】

  • 患者希望…奥二重で小さな印象のまぶたをはっきりとした印象的な平行型にしたい。
  • 手術方法…埋没法のみでは、蒙古ヒダによって、よじれ等不自然なラインが出てしまうため、目頭切開法を併用。埋没法の手術は、希望の二重のラインにマーキングして医療用の髪の毛よりも細い特殊な糸を使い、上瞼の皮膚の一部が目を開ける筋肉に引っ張られるように糸で連結し、縫いとめる。次に、目頭の蒙古ひだを切開しピンクの涙丘を露出するように広げた。
  • 結果…埋没法により、幅が広めのハッキリした二重が完成。目頭切開の影響で、目頭部分が露出し、きれいな平行型になった。蒙古ひだがなくなった分、目の横幅が広がって目が大きくなり、目の感覚が狭まって顔全体のバランスが整った印象になった。

【症例2/目頭切開+全切開(若い方)】

  • 患者希望…一重で重たい印象の目元をハッキリした二重の大きな目にしたい。
  • 手術方法…まぶたが厚すぎて埋没法では二重の手術が難しかったため、全切開法でしっかりと二重をつくり、まぶたをスッキリさせた上で、目頭の蒙古ヒダをZ型に切開し皮弁を入替え縫合。
  • 結果…一重で目つきの悪い印象が、パッチリとした大きな目になり、華やかな印象となった。目頭切開によって横幅が広くなると同時に、目頭の靭帯を切開したことにより、縦方向にも目が大きくなり、全切開法で二重を大きくしたことにより、くっきりとした平行型の二重が完成。

【症例3/目頭切開+全切開(年配の方)】

  • 患者希望…加齢に伴ってまぶたが下がり、目が開けづらい。人相も変わって目つきが悪くみられるようになったため垂れ下がったまぶたを解消させ、スッキリした目元にしたい。
  • 手術方法…全切開法で、ゆるんだ皮膚の切除を行い縫合し、まぶたをスッキリさせた上で、目頭の蒙古ひだをZ型に切開し皮弁を入替え縫合。
  • 結果…まぶたの皮膚のだぶつきが無くなり、まぶたが上に引っ張り上げられ目全体が縦に大きくなったのと同時に、目頭切開によって横幅も広いパッチリした大きな目に。蒙古ひだで隠された二重が表れ、くっきりとした平行型の二重が完成。10歳以上若返った印象となった。

【症例4/目頭切開+眼瞼下垂術】

  • 患者希望…まぶたを開ける力が弱く、眠たそうな目に見える。目力(メジカラ)が弱く、貧弱に見える。
  • 手術方法…まぶたを開けるための筋肉を眼瞼挙筋といい、眼瞼挙筋の端は挙筋腱膜という薄い膜になって、まぶたの瞼版(眼瞼を補強する骨格の役割をするもの)に繋がっている。まぶたを擦ることや老化などで、検挙筋膜がまぶたから剥がれた結果、目の開きが弱くなり、目力(メジカラ)までも弱くなる要因となる。
    眼瞼下垂の手術は、上まぶたの眼瞼挙筋を縫い縮めることでまぶたの開く力を強化。目の縦幅を広げると同時に、目頭切開を行い、横幅を広げ、目全体を大きくする。
  • 結果…目の開きが弱く、眠そうな印象だったまぶたは、上に引き上げられ縦に大きく開くようになった。視界が広がり、それまであった眼精疲労や肩こりなどの症状がほとんど無くなった。また、目頭切開により目が横に大きくなり、顔のバランスが整い、目力(メジカラ)が出て、魅力的な目の印象となった。

【症例5/目頭切開+目尻切開】

  • 患者希望…切れ長の、できる限り大きな目にしたい。
  • 手術方法…目頭切開と目尻切開を同時に行う。目頭切開の術式は、切れ長の目に見せるため、目頭が鋭く見えるZ法を用いた。涙丘が見えるギリギリまで目頭を切開し、皮弁を入替えて縫合。
    目尻切開では、目尻を骨の近くギリギリまで切除し、可能な限り大きくした。
  • 結果…目頭切開でピンクの涙丘部分が、目尻切開で白目部分が露出したことにより、目の横幅が大きくなり、目全体が大きくはっきりとした顔立ちになった。また、目頭切開時に切れ長に見えるデザインにしたので、クールな印象の目元になった。

目頭切開と他の手術法を併用した症例写真

目頭切開は他の手術と併用して行われることがあります。どのようなときに目頭切開と併用されることがあるのでしょうか。症例写真とともに探ってみましょう。

目頭切開+二重埋没法

目頭切開併用画像01
引用元:ガーデンクリニック
http://www.garden-clinic.net/photo/detail/detail.php?id=497

手術前の目元は一重なうえに目尻が下がっており、目と目の間も離れて見えていました。こちらの患者さんに施された手術法は目頭切開と二重埋没法です。目頭切開を行ったことで、目と目の幅が縮まりました。埋没法は4点留めになっており、くっきりとした二重のラインに仕上がっています。この手術を行ったことで、小さく見えていた目の形がパッチリとした大きな目に変わりました。

目頭切開+二重全切開+眼瞼下垂治療

目頭切開併用画像02
引用元:ガーデンクリニック
http://www.garden-clinic.net/photo/detail/detail.php?id=466

眼瞼下垂の治療を希望していた患者さんですが、眼瞼下垂の他に目頭切開と二重全切開法を同時に受けました。それまでは奥二重のまぶたに悩まれていて、まぶたが目を隠すように下がってきていたようです。行われたのは目頭切開・二重全切開・眼瞼下垂手術。目頭切開と全切開で二重のラインを作り、厚ぼったいまぶたは眼瞼下垂手術で解消されています。この治療のおかげで、患者さんの目はくっきりとした二重の大きな目元になりました。

目頭切開+眼瞼下垂

目頭切開併用画像03
引用元:高須クリニック
https://www.takasu.co.jp/operation/eye/megashira020.html

手術する前の目元は二重でしたが、蒙古ヒダが強く張っていたので奥二重気味に見えていました。時々まぶたが下がってしまい、眠そうに見えてしまうこともあったそうです。それを解消するために行われたのが目頭切開と眼瞼下垂手術でした。目頭切開で離れているように見えた目の間の間隔を縮めて、垂れ下がることがあるというまぶたを眼瞼下垂手術で解消しています。目頭からくっきりとした二重ラインが見えるようになり、パッチリとした目元になりました。

目頭切開+目尻切開+下瞼開大

目頭切開併用画像04
引用元:ガーデンクリニック
http://www.garden-clinic.net/photo/detail/detail.php?id=515

もともとはっきりとした二重で、大きな目元の持ち主ですが、患者さんからの「さらに大きな目になりたい」という希望に応えるために手術が行われました。手術法では目頭切開・目尻切開・下瞼開大が施されています。目頭と目尻を切開したことで、丸みを帯びていた目元が切れ長の印象に変わりました。さらにたれ目を作る下瞼開大も取り入れているので、きつい印象にならない、チャーミングな目元になっています。切開法を行ったものの、手術後の腫れは大きくならなかったとのことです。

目頭切開は、他の施術の効果を上げたい場合や、一つの施術法だけでは患者さんの悩みを解決できない場合に併用されることがあるようです。例えば二重手術の時には、目頭切開も行うことで平行型のラインを作ることができたり、優しい目元にすることができたりします。目頭切開をメインにして他の手術を行うというよりは、目元の印象を変えるための一つの手段であると考えたほうが良いでしょう。

目頭切開と他の手術を併用するメリット・デメリット

では実際のところ目頭切開とほかの手術を併用することには、どのようなメリットデメリットがあるのでしょうか?理想の目元を実現するためには、良いところばかりを追いかけても仕方がありません。

自分の目元の現状と、手術をすることによって得られる結果の天秤を、冷静に判断するための参考に見ていきましょう。

目頭切開と他の手術を併用するメリット

目頭切開だけではなく、他の手術も併用する際の一番のメリットといえるのが、やはり「細やかな調整ができる」という点でしょう。目頭切開だけでも、細く見える目元の印象をはっきりさせることは可能です。しかし、目元で気になるのは目の大きさだけでは無いことも事実。

また、目の印象に関係してくるのは、生まれ持った目の形や大きさだけではなく、加齢による目のくぼみやまぶたが下がってくるなどさまざまな原因が考えられます。

これらすべてを目頭切開だけでカバーするのは、やはり難しいといわざるを得ません。また、目の大きさを変えることだけを求めていたのだとしても、目頭切開だけでは自然な目元を演出するのは難しいといえます。

理想の目元を演出するには、目頭だけを切開すればいいものではないのです。そもそも目を大きくするためだといっても、目頭切開だけで大きくしようとしてしまえば、バランスの悪い目元になってしまうことも考えられます。

このように、一つだけの手術に頼るのではなく、数種類の手術を併用することで、どんな方にでも柔軟に対応でき、理想の目元を実現することが叶うのです。

目頭切開と他の手術を併用するデメリット

では反対に、複数の手術を併用することで考えられるデメリットとは、どのような物が考えられるのでしょうか?自身の顔しかも、「目元」という人の印象に残りやすい部分だからこそ、デメリットに関してもしっかりと把握しておきましょう。

デメリットに関して一番に考えられるのは、「ダウンタイムがその分長くなる」といった点でしょう。目頭切開単体で手術を受けた際には、およそ3~5日程度といわれています。

しかし、同時に目尻切開や下瞼開大等も受ければ、その分だけダウンタイムは長くなりがちです。少しの休みの間に終わらせてしまいたい、プチ整形だからそんなに時間はかからないはず。

このように考えている人からすれば、大きなデメリットだといえるでしょう。ただ、この程度のデメリットならば、あらかじめ時間を用意しておくことで回避は可能です。見切り発車で受けることが無いように注意することも大切です。

目頭切開と他の手術法のまとめ

目頭切開は単体で行う方法もありますが、埋没法や目尻切開、眼瞼下垂術など他の施術と併用することもできます。

他の施術を併用するメリットは、バランスを整えたり微調整ができるようになること、目元の印象をよりはっきりできること、自然な目元を演出できることです。目頭切開単体でも印象は変えられますが、複数の施術を併用することで、より希望の状態に近づけることができます。

一方、他の施術を併用するデメリットは、目頭切開単体で受ける場合よりダウンタイムが長くなることです。複数の施術を組み合わせて行うため回復に時間がかかるのはやむを得ませんが、早く全快したい人にとってはデメリットになるでしょう。

このように、目頭切開と一口にいっても複数の施術を組み合わせた様々な方法があり、なおかつそれぞれにメリットとデメリットがあることを覚えておきましょう。また、ダウンタイムの時間や効率性だけを考えて受けるという拙速な判断は避ける必要があります。

目頭切開と他の手術法でおすすめのクリニックは?クリニック情報を見る

関連するページ

目頭切開あんしんパーフェクトガイド