目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

三日月法

多くの美容整形外科で取り入れられている目頭切開法の「三日月法」について紹介しています。三日月法の手術方法やメリットとデメリット、実際に手術を受けた人の体験談などもまとめました。これから目が大きく見える目頭切開を受ける人は、ぜひ参考にしてください。

三日月法とは?

三日月法切開イメージ

三日月法とは、目頭切開の種類の1つです。メスをつかって目頭の蒙古ヒダを切除することで、スッキリしたまぶたと大きな目が実現します。ちなみに、蒙古ヒダに二重ラインが埋もれてしまう奥二重の人にとっては、平行二重を手に入れる方法でもあるんです。

目頭切開の種類の中でもっとも古く歴史ある方法で、以前はほとんどの美容外科が対応していました。

最近はZ法やW法、リドレープ法などの新しい目頭切開が登場しているため、三日月法を対応しているクリニックが少しずつ減少しています。

三日月法の手術方法

リドレープ法が目の下のラインに沿うようにして皮膚を切除するのとは違い、目頭の蒙古ヒダを縦に切開、切除します。

他の手術方法と違って単純な切込みだけを入れるので、腫れは少なくすむのですが、術後には傷口が徐々に引っ張られてしまうため、傷が凹みになる場合もあります。

三日月法のメリット・デメリットとは

三日月法のメリット

三日月法は目頭にある蒙古ヒダの部分を切開・切除するだけのとてもシンプルな手術です。手術時間も短いため、腫れが少なくすむのも特長。蒙古ヒダの症状がとても軽度の人であれば、三日月型の目頭切開は適応しやすい方法でしょう。

また、取り除く皮膚の長さや量を調節しやすいというメリットもあります。

三日月法のデメリット

W法やZ法といった他の目頭切開とは違って単純に皮膚を縫い合わせる三日月法は、手術後に皮膚が元に戻ろうと縮むことがあります。人間の体の組織には元に戻ろうという作用が働くためなのですが、手術を受けた傷はその作用に負けて蒙古ヒダが元に戻ってしまうケースもあるようです。

メスを入れるのは一箇所で傷跡はシンプルですが、皮膚が引っ張られて強張る“ひきつれ”を起こしやすくなります。

三日月法は目頭切開の一般的な方法でしたが、今では三日月法をもとにさまざまな治療法が開発されてきました。三日月法よりも元に戻る可能性の少ない方法もあるため、メリット・デメリットを踏まえて、受ける手術をじっくり考えたほうが良いでしょう。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド