目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

蒙古襞形成

目頭切開の施術方法の一つ蒙古襞(もうこひだ)形成について、手術の説明や症例、メリット・デメリットについて紹介します。また、実際に施術を行なった方の体験談も載せているので、ぜひ参考にしてみてください。

蒙古襞(もうこひだ)形成とは?

蒙古襞形成は、上まぶたの内側から目頭にかけて覆いかぶさっている皮膚(蒙古襞)のバランスを整えるための手術です。顔へ与える印象に大きく影響するのですが、多くても少なくてもバランスが崩れてしまうのが蒙古襞。医師の手腕が大きく問われる施術です。蒙古襞形成でバランス良く整った目元は、笑ったときに優しい印象を与えることができます。

この施術は目元を大きく見せたい方だけでなく、他のクリニックで施術を受けて目が寄り過ぎてしまった方や目と目が寄り過ぎている方、半永久的に二重まぶたを手に入れたい方にも向いている施術です。

蒙古襞形成の手術方法

蒙古襞形成は、目頭周りの皮膚を切開して広げ、縫い合わせることで理想の形に整える施術です。

目頭周りの皮膚が切除され過ぎていたりすると、蒙古襞を形成するための皮膚が十分ではないことがあります。その場合は、下まぶたの皮膚を使って施術を行なうケースもあるようです。また、術後のダウンタイムが長く、理想の形になるまでに半年以上かかることもあります。

蒙古襞形成は他の目頭切開と比べ、より高い技術が必要となる施術です。目を理想的な形にするためにも、カウンセリングはもちろんですが、信頼できる技術力を持った医師に依頼するようにしましょう。

蒙古襞形成のメリット・デメリット

メリット

より目の改善

蒙古襞を形成することで、目と目との間に距離感を出すことができます。そのため、より目を改善してバランスの取れた目元にすることが可能です。

デメリット

ダウンタイムが長い

施術後の腫れが1週間続くケースや2ヶ月たっても赤みが引かないケースがあるなど、ダウンタイムが長いというデメリットがあります。

費用が高額

クリニックによって異なりますが、蒙古襞形成の治療費は30~50万円ほど。他の切開施術よりも高い傾向にあります。

蒙古襞形成を受けた患者さんの体験談

以前目頭切開の手術を受けたのですが、日によって違和感を感じる時があったので修正手術をお願いしました。施術時間は30分ほどで終わり、一瞬だけ痛い時がありましたが、それ以外に痛みを感じることはありませんでしたよ。そして施術までは無事成功。けれど、私の場合は肥厚性瘢痕というミミズ腫れ状の傷痕になってしまいました。多分、もっと変化があればと術後に傷跡をヘンに触ったことが原因かと…。よく調べて、もっと慎重に行動していれば良かったと後悔しています。40代:女性/池本形成外科・美容外科

目頭切開あんしんパーフェクトガイド