目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

そのほかの方法

目頭切開の手術法式、Irlt法、Imre法、Stallard法等の術式説明と適応症状を紹介します。

いろいろな目頭切開の手術方式

現在目頭切開手術の主流となっているZ法(Z-plasty法)やW法(内田法)の他にも、たくさんの種類の手術方式があります。色々な方式があるということを知った上で、自分が一番納得できる術式で手術を行うことが、後悔をしない最善の方法です。

このページでは、Z法・W法以外の目頭切開手術方式について簡潔に解説していますので、術式検討の際の参考にしていただければ、と思います。

【三日月法(Irlt法/単純切除法)】

目頭部分の皮膚を三日月形に切開し、余分な組織を除去して縫合する方法です。目頭を露出させるので、きりっとした目に仕上がります。難しい技術の必要がなく、手術自体もシンプルで所要時間が短いことから、多くのクリニックが採用している方法です。切除する皮膚の長さや量を調節しやすく、腫れも少ないというメリットがあります。

【Imre法(Z形成術)】

内眼角部のヒダの位置を移動するZ形成術です。

【Mustarde(Y-V形成Z形成複合法)】

Z形成術とY-V形成術を組み合わせた方法です。すぐれた方法ですが、切開線が広範囲になるため、皮膚の色をマッチさせることが困難な場合があります。そのため日本では、美容外科領域で用いられることは少なく、形成外科領域での再建治療として使用されることが多い術式です。

【Stallard法(変形Z形成術)】

蒙古ヒダの表面(前葉)と裏面(後葉)にまたがる変形Z形成術です。

【Mack法(Y-V形成術)】

蒙古ヒダ表面(前葉)に作成したY字切開で得られた三角弁を中央に内側に伸ばす、いわゆるY-V形成術です。

【平賀法(Y-V形成術)】

蒙古ヒダに横切開を加え、中心部の表面(前葉)と裏面(後葉)を縫合し、その際にできた上下の余った皮膚を切除する方法です。目頭を尖った形にしたい時などに有効な方法です。

 

その他、各クリニックでは、Z法・W法をはじめとする術式を応用した、オリジナルの手術方式が開発されています。そのクリニックの方針や医師の考え方によって、最善とする方法が異なるため、様々な術式が生まれるのです。

手術の前には、術式に関しても医師と相談し、しっかりと納得した上で手術を受けるようにしましょう。

目頭切開あんしんパーフェクトガイド