目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

W法(内田法)

目頭切開の手術方式W法(内田法)と呼ばれる施術について術式の説明と適応する症状をご紹介します。

目頭切開・W法(内田法)とは?

目頭切開の施術法の一つ、W法(内田法)は、目頭を覆ってしまっている蒙古(もうこ)ヒダをW型に切開して取り除き、目を大きく見せる手術です。

かつて、目頭切開の手術が始まったばかりの頃は、単純に目頭の皮膚を切り取るだけだったのですが、それだと皮膚が元の状態に戻ろうとする再生能力が働き、切り取った目頭の皮膚が引っ張られてひきつれを起こしてしまう、という失敗例が多く報告されていました。

このひきつれの問題を解消するために新たに開発されたのが、W法(内田法)なのです。

W法はZ法と比べて柔らかい印象の目になります。可愛らいい雰囲気を残したまま目を大きく見せることが可能です。良い意味で若い印象を保ち、悪い意味では幼い印象が残ります。

また、W法は術者によってうまい、下手が分かれる手術です。技術力の高い医師が手術をした場合には、手術跡はほとんど目立ちませんが、技術力が高くない医師が行うと、手術跡が長期間目立つ可能性があります。技術力の高い医師に担当してもらうことが、Z法以上に重要です。

W法(内田法)の手術方法

W法(内田法)の手術は、まず目頭の皮膚をW型に切開し、皮膚を取り除きます。そして、そのWの中央部分にあたる三角形の皮膚を、目頭の奥に差し込んでから縫合するのです。この術式が考案されたことにより、目頭が元に戻る確率が大幅に減少し、単純切開術の弱点であったひきつれも無くなりました。

手術は、一般的に局所麻酔で行いますが、希望に応じて静脈麻酔が可能なクリニックもあります。術後は、軽い鈍痛を感じる場合がありますが、大きなものではありません。

術後、4~7日程で抜糸ができます。

また、皮膚の切除を伴いますので、手術後の修正の難易度が高く、完全に元に戻すことが困難であることも念頭に入れておかなければなりません。

しかし、W法(内田法)は、従来の術式と比較しても、手術跡の位置が自然で、技術を持った医師が手術を行えば、より跡が目立ちにくく、仕上がりもキレイなので評判の高い術式です。Z法よりも変化が大きい手術であり、平行型の二重を作りやすく、埋没法などと合わせて施術することで、より自然で美しい目元に仕上げることができます。

W法(内田法)で目頭切開手術を受けた患者さんの体験談

今までメザイクでごまかしてきたのですが、友達の勧めもあって切開手術を決意しました。自分のイメージ通りにするには二重切開と目頭切開をやるのが良いとのことで同時に手術しました。手術の最中に痛いということはありませんでした。抜糸から徐々に腫れが引き、目頭の傷もどんどん薄くなっていきました。

30代:女性/目白ポセンシアクリニック

知人が目頭切開をやって、すごく目が可愛くなっていたので、私もやりたいと思いました。事前に自分で調べてZ法よりW法の方が効果が大きいようだったので、先生にお願いしてW法で手術してもらいました。1週間後に抜糸して改めて目が大きくなったなと実感しました。メイクをするとしっかり目が強調されて手術の効果には大満足しています。

20代:女性/聖心美容外科

手術後は鏡を見るのが楽しくなりました!手術のあと腫れが引くまで時間がかかるので、長期間の時間を取れる人はやった方が良いと思います!とても効果のある術法だと思います。

20代:女性/ヴェリィ美容形成クリニック

小さくて離れた目がコンプレックスだったため目頭切開を考えてました。インターネットで調べてW法が良いと知り、実際にクリニックで相談をしました。カウンセリングを受け非常に信頼できると感じたので、そのまま手術をお願いすることにしました。痛みについては術後の夜に少しジンジンする程度でした。それ以降は特に感じられませんでした。腫れも少なかったので、生活に支障がほとんど出なかったのが良かったです。コンプレックスが解消されて外出するのが前より楽しくなりました!

30代:女性/目白ポセンシアクリニック

私は目の幅が極端に無いことに悩んでいました。カウンセリングで相談して目頭切開の手術をしてもらいました。目の大きな人がずっと羨ましかったんですけど、これからは自分の目も好きになっていけそうです。手術が終わって、自分の目を見たときは本当に嬉しかったです。

30代:女性/城本クリニック

目頭切開あんしんパーフェクトガイド