目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

Z法

目頭切開の手術方式z法・ミニz法と呼ばれる施術について術式の説明と適応する症状をご紹介します。

目頭切開・Z法(Z-plasty法)について

目頭切開施術法の一つZ法(Z-plasty法)は、目頭を覆う蒙古(もうこ)ヒダをZ型に切開し、目頭が見えるように皮膚を入れ替え、目幅を大きく見せる施術法です。

現在では、Z法とW法が多くの手術に用いられています。W法は、術式がやや難しいものであること、三角弁を大きくしすぎるとやや角張った目になってしまうことなどから、術式がシンプルで、手術跡も目立ちにくいZ法を好む医師が増えています。

Z法は、W法と比較すると目頭の形が鋭くなりやすく、シャープで切れ長の目のイメージが作りやすくなります。良い意味では美人系、悪い意味ではきつい顔に見えるので、ご自身の顔つきや希望によって術式を選ぶことが大切です。

Z法(Z-plasty法)の手術方法

1.術前デザイン
目頭切開は二重まぶたの手術と同時に行われることが多く、Z法のデザインも二重のラインのデザインに併せて行います。
切開を行うZ型の上のライン部分は二重のラインに一致するようにします。

2.麻酔
二重ラインの幅や内眼角の出来上がりを確認するためにも患者さまに随時開眼していてもらう必要があるため、局所麻酔が用いられることが多いです。
どうしても不安のある方には静脈麻酔を適用するクリニックもあります。

3.手術(切開・皮弁の入替え)
皮膚をZ状に切開後、皮下の眼輪筋を切開する。

4.手術(皮弁の入替え)
Z状の皮弁の入れ替えを行うことで蒙古ヒダが少なくなります。
しっかりと止血することで術後の腫れが少なくなります。

5.手術(縫合)
特殊な細い糸で、皮膚縫合を行います。
透明の糸を仕様することでさらに傷跡を目立たなくしているクリニックもあります。

6.術後
外用の抗生物質軟膏の塗り、抗生物質の服用、消炎鎮痛剤を投与します。
抜糸は4~7日後に行います。 

目頭切開の手術方式z法・ミニz法と呼ばれる施術について術式の説明と適応する症状をご紹介します。

Z法で目頭切開手術を受けた患者さんの体験談

目頭切開はメスを使用するので怖かったし、手術のあとが残らないか心配でした。カウンセリングで相談した時にカウンセラーの方からZ法の説明を聞き、傷跡に残る可能性が少ない方法だったことが決め手となりました。新しい仕事を始める時に、イメチェンしたいと思い手術を受けましたが、顔の印象が少し明るくなって良かったです!説明していただいた通り、今では手術のあともほとんど分からなくなっていて、アイメイクも楽になりました!

20代:女性/目白ポセンシアクリニック

蒙古ひだが残っているのが嫌だったので、カウンセリングで相談したところ、目頭切開のZ法が良いと言われたので、この施術を受けました。手術の際は痛みも少なく、時間もあっという間でした。今まで長い間悩んでいましたが、仕上がりに満足しています。

60代:女性/湘南美容外科

埋没を3回しても、どうしてもすぐにとれてしまうため、二重の全切開と目頭切開をしました。目頭切開はZ法というものを勧められて、そちらを施術してもらいましたが、手術したあと、驚くほどに腫れなかったです。 1週間後には伊達メガネをかけて外出しても大丈夫なくらいでした。

30代:女性/ルネッサンス美容外科医院

私は目が離れていることがコンプレックスでした。他人からは「そんなことないよ」と言われていましたが、とても悩んでいたので手術をお願いしました。そこまで切開をしないZ法という術式ということで、手術しても変わらないんじゃないかと心配でしたが、術後に鏡を見てみると、ちょっと切っただけでもこんなに印象が変わるんだと感動しました。私が悩んでいたことを知っている家族も喜んでくれています。

20代:女性/ヤスミクリニック

小さな目に悩んでいて目を大きくしたかったのですが、目頭は顔の印象を大きく左右するし、たくさん切ってしまうと取り返しがつかないという思いもあって、切る範囲が少ない方法をお願いしました。手術の直後でもそんなに腫れず、思ったよりも早く傷が気にならなくなってびっくりしました。初めての手術だったので、私にはこれで良かったなと思っています。

30代:女性/目白ポセンシアクリニック

目頭切開あんしんパーフェクトガイド