目頭切開あんしんパーフェクトガイド

理想の目が手に入れられる!
目頭切開の名医教えます
サイトマップ

Z法

目頭切開の手術方式z法・ミニz法と呼ばれる施術について術式の説明と適応する症状をご紹介します。

目次

目頭切開・Z法(Z-plasty法)について

Z法切開イメージ

目頭切開施術法の一つZ法(Z-plasty法)は、目頭を覆う蒙古(もうこ)ヒダをZ型に切開し、目頭が見えるように皮膚を入れ替え、目幅を大きく見せる施術法です。

現在では、Z法とW法が多くの手術に用いられています。W法は、術式がやや難しいものであること、三角弁を大きくしすぎるとやや角張った目になってしまうことなどから、術式がシンプルで、手術跡も目立ちにくいZ法を好む医師が増えています。

Z法は、W法と比較すると目頭の形が鋭くなりやすく、シャープで切れ長の目のイメージが作りやすくなります。良い意味では美人系、悪い意味ではきつい顔に見えるので、ご自身の顔つきや希望によって術式を選ぶことが大切です。

W法についてはこちらで解説しています>>

Z法(Z-plasty法)の手術方法

1.術前デザイン
目頭切開は二重まぶたの手術と同時に行われることが多く、Z法のデザインも二重のラインのデザインに併せて行います。
切開を行うZ型の上のライン部分は二重のラインに一致するようにします。

2.麻酔
二重ラインの幅や内眼角の出来上がりを確認するためにも患者さまに随時開眼していてもらう必要があるため、局所麻酔が用いられることが多いです。
どうしても不安のある方には静脈麻酔を適用するクリニックもあります。

3.手術(切開・皮弁の入替え)
皮膚をZ状に切開後、皮下の眼輪筋を切開する。

4.手術(皮弁の入替え)
Z状の皮弁の入れ替えを行うことで蒙古ヒダが少なくなります。
しっかりと止血することで術後の腫れが少なくなります。

5.手術(縫合)
特殊な細い糸で、皮膚縫合を行います。
透明の糸を仕様することでさらに傷跡を目立たなくしているクリニックもあります。

6.術後
外用の抗生物質軟膏の塗り、抗生物質の服用、消炎鎮痛剤を投与します。
抜糸は4~7日後に行います。 

目頭切開の手術方式z法・ミニz法と呼ばれる施術について術式の説明と適応する症状をご紹介します。

Z法のメリット・デメリットとは

メリット

  • ダウンタイムが短く傷が目立たない
  • Z法は、他の切開法と比べて術後の後戻りや切開部分の引きつれなどが起きにくいのが特徴です。他の施術と比べて皮膚を切除する量が少ないため、傷が小さくて術後の腫れや痛みなどのダウンタイムが短くなります。万が一蒙古ヒダを元に戻したいと思った場合でも、入れ替えた皮膚を元に戻すことで対応することが可能です。

  • 目の横幅が広がり、スッキリとした目元になる
  • Z法では蒙古ヒダで隠れていた部分が見えるようになるため、目の横幅が広くなったようなぱっちりとした大きな目になります。また、腫れぼったい目元をスッキリとした印象にすることも可能です。

  • 離れ目の改善
  • 一般的に日本人は西洋人と比べると目と目がはなれ気味です。それは蒙古ヒダが原因の1つだと考えられています。Z法で蒙古ヒダを切除すると大きな目元になるので、目と目との距離を近づけることができるのです。

  • 末広型の二重を並行型にできる
  • 末広型の二重の人は、目頭の二重ラインが蒙古ヒダの中に入り込んでいるため、目頭側にまで二重の幅がない状態です。Z法では目頭側まで二重のラインを出すことができます。

  • 周囲にバレずに目頭切開ができる
  • Z法は目頭切開したことを周囲にバレにくいのが特徴です。本来その人が持っているポテンシャルを引き立たせるため、ナチュラルな仕上がりになり目頭を切開したことを周囲に気づかれません。Z法はダウンタイムが短くて傷跡が小さいので、周囲に目頭切開したことを知られたくない方にとっておすすめの目頭切開法です。

  • 目と目の距離を縮めることで鼻筋がキレイに見える効果も
  • 目と目が離れているとのっぺりとした顔になるので鼻が低く見えてしまいます。そこでZ法による目頭切開を行なうと目と目の距離が近づくため、鼻筋が通った印象を与えて鼻が高くなったように見せることができるのです。目頭を1・2ミリ切開するだけで印象が大きく変わりますよ。

デメリット

  • 他の目頭切開法と比べて自由度が低い
  • Z法はW法と比べて目頭の形の自由度が低いのが難点。施術を受ける人の目頭の形が反映されやすいため、好きな形にすることができないケースがあります。言い換えれば自然な形の目頭にすることができるとも言えますね。

  • 「可愛い」を目指す人には不向き
  • Z法では蒙古ヒダが開くため、鋭い印象の目になり大人っぽい印象になります。以前よりも年上に見られる可能性も。蒙古ヒダを切る長さや角度によって印象は変わりますが、可愛い印象を与えたいと思っている方にはあまり向いていないでしょう。

  • 三白眼になる可能性が高い
  • 目頭を切開すると目の開き具合が大きくなります。そのため、黒目が大きくない人の場合だと黒目の下の白目が見えてしまうことも。中には三白眼でキリッとした鋭い印象が魅力的だという人には良いかもしれませんね。

  • 眼球に水分の配給が上手くできなくなることも
  • 目頭を切開すると目頭の赤い部分の露出が多くなるため、ドライアイになるケースがあります。そのため眼球を乾燥させないように目薬を差してドライアイの予防が必要です。ドライアイが進行するとさまざまな目のトラブルに発展するので、術後はこまめにケアを行ないましょう。

  • 目頭切開後に起こりうる変化
  • 目頭を切開して無事にキレイになれたとしても、将来変化するケースは少なくありません。例えば目が三日月型になる違和感があったり、蒙古ヒダを切ってしまったことで目の周囲に小じわができたりするリスクが高くなります。将来を見据えたうえで腕の良いクリニック・ドクターのもとで、適切な治療を受けましょう。

  • 費用がかかる
  • Z法は費用がかかる治療法です。クリニックによって違いがありますが、両目の治療で20万ほど。あまりにも低価格で施術を提供しているクリニックは技術が低い場合があるので、クリニックへ相談する前に口コミや評判をチェックしておきましょう。

    Z法による目頭切開の症例写真

    蒙古ヒダを切除する目頭切開法の一つ、Z法の症例写真を紹介しています。目頭切開法にはZ法のほかにW法もありますが、こちらの方々はなぜZ法での目頭切開法を選んだのでしょうか。症例写真と手術の詳細から、その理由を探ってみましょう。

    目頭切開Z法

    目頭切開z法画像01
    引用元:高須クリニック
    https://www.takasu.co.jp/topics/capture/ope/cap001.html

    こちらの患者さんにはZ法での目頭切開が施されています。手術前は蒙古ヒダが強く張っていて、目の間隔が広がっていました。目頭切開により、目の幅が1.5mm縮まりました。仕上がりの目頭は斜め下の方向に少しだけ尖った形です。術後は傷跡も目立っていません。

    目頭切開Z法

    目頭切開z法画像02
    引用元:高須クリニック
    https://www.takasu.co.jp/photo/megashira055.html

    施術後は華やかな印象の目元になっていますが、施術前は蒙古ヒダが強く張っていました。行われたのはZ法での目頭切開のみ。目と目の間隔が2mmほど狭まるようにしたことで、自然な目の形ながら左右のバランスが整っていますね。目頭も好みの形になったことでとても満足されていたそうです。

    目頭切開Z法+全切開法

    目頭切開z法画像03
    引用元:高須クリニック
    https://www.takasu.co.jp/photo/megashira050.html

    もともとは一重まぶたで、アイプチやアイテープを使っていた癖がまぶたに残っていたそうです。目の開きが左右で違っていたのと強い蒙古ヒダの張りがあったため、Z法での目頭切開と全切開法での二重手術が行われました。二重のラインは普段アイプチ・アイテープを行っているところです。目頭切開では、適度に目頭が尖るデザインで1.5mmほど内側に狭くした結果。術後も左右の目の開きはまだ差がありますが、術後に比べてかなり良くなっています。

    Z法目頭切開+眼瞼下垂手術

    目頭切開z法画像04
    引用元:高須クリニック
    https://www.takasu.co.jp/photo/sekkai047.html

    以前に別のクリニックで二重まぶたの手術を受けたことがある患者さんです。手術を受ける前は左右のバランスが崩れており、左目は半分見えないほどにまぶたが下がっていました。手術したクリニックでは眼瞼下垂と判断し修正手術。その際に患者さんから目頭切開の希望があり、手術の経過から「できる」と判断して、目頭切開が行われました。結果、左右の目のバランスは劇的によくなり、パッチリとした大きな目になったとのことです。

    Z法による目頭切開を行う方は蒙古ヒダが強く出ている人に多い印象を受けます。また、二重手術と目頭切開をセットで行う場合にもZ法を使われる方が多いようです。Z法は目頭切開のなかでも術後の傷が目立ちにくく、ダウンタイムも短めなので利用する方が多いのかもしれません。目の形を大きく変えることなく行える手術なので、「目の位置やバランスが気になる」「周りにばれないように手術をしたい」という方にはおすすめできる手術法といえるでしょう。

    Z法で目頭切開手術を受けた患者さんの体験談

    目頭切開はメスを使用するので怖かったし、手術のあとが残らないか心配でした。カウンセリングで相談した時にカウンセラーの方からZ法の説明を聞き、傷跡に残る可能性が少ない方法だったことが決め手となりました。新しい仕事を始める時に、イメチェンしたいと思い手術を受けましたが、顔の印象が少し明るくなって良かったです!説明していただいた通り、今では手術のあともほとんど分からなくなっていて、アイメイクも楽になりました!

    20代:女性/目白ポセンシアクリニック

    蒙古ひだが残っているのが嫌だったので、カウンセリングで相談したところ、目頭切開のZ法が良いと言われたので、この施術を受けました。手術の際は痛みも少なく、時間もあっという間でした。今まで長い間悩んでいましたが、仕上がりに満足しています。

    60代:女性/湘南美容外科

    埋没を3回しても、どうしてもすぐにとれてしまうため、二重の全切開と目頭切開をしました。目頭切開はZ法というものを勧められて、そちらを施術してもらいましたが、手術したあと、驚くほどに腫れなかったです。 1週間後には伊達メガネをかけて外出しても大丈夫なくらいでした。

    30代:女性/ルネッサンス美容外科医院

    私は目が離れていることがコンプレックスでした。他人からは「そんなことないよ」と言われていましたが、とても悩んでいたので手術をお願いしました。そこまで切開をしないZ法という術式ということで、手術しても変わらないんじゃないかと心配でしたが、術後に鏡を見てみると、ちょっと切っただけでもこんなに印象が変わるんだと感動しました。私が悩んでいたことを知っている家族も喜んでくれています。

    20代:女性/ヤスミクリニック

    小さな目に悩んでいて目を大きくしたかったのですが、目頭は顔の印象を大きく左右するし、たくさん切ってしまうと取り返しがつかないという思いもあって、切る範囲が少ない方法をお願いしました。手術の直後でもそんなに腫れず、思ったよりも早く傷が気にならなくなってびっくりしました。初めての手術だったので、私にはこれで良かったなと思っています。

    30代:女性/目白ポセンシアクリニック

    Z法の注意点・ポイント

    Z法を受ける時の注意点

    目頭切開法の大きな注意点は術後の後戻りと傷跡です。Z法は他の目頭切開法と比べると後戻りと傷跡のリスクが低いのが特徴ですが、全くないとは言えません。蒙古ヒダを取り除くと見える目頭の赤い部分は、人によって大きさや形も違うため、事前に確認せずに施術を受けてしまうと、理想と違う仕上がりになる可能性もあります。Z法は目頭の形を変化できる自由度が低い分、ナチュラルな目頭したい時に利用するのがおすすめです。

    Z法を受ける時のポイント

    Z法を受ける際に大切なポイントはクリニック選びです。手術の技術はもちろんですが、患者の抱える不安・悩みや術後の仕上がりについて相談できるクリニックを選びましょう。目頭の切開は切る角度や長さによって印象がガラッと変わってしまうケースが多いため、口コミや評判をチェックして丁寧に対応してくれるクリニックかどうかの見極めが大切です。またZ法を受けた後に理想の目頭になれたからと満足していても安心してはいけません。

    将来どのような変化が起こるかわからないので、アフターサポートのチェックもしておくと◎。自分に合ったクリニックを選んで素敵な目元を手に入れましょう。

    関連するページ

目頭切開あんしんパーフェクトガイド