目頭切開あんしんパーフェクトガイド

目頭切開ガイド » 目頭切開で評判の全国クリニック一覧 » 西新宿杉江中央クリニック
理想の目が手に入れられる!目頭切開の名医教えます
サイトマップ

西新宿杉江中央クリニック

西新宿杉江中央クリニック
画像引用元:西新宿杉江中央クリニック公式HP
https://shinjuku-biyou-chuoh.com/

美容整形の目頭切開を行う西新宿杉江中央クリニックの手術法や特長、料金、実績、口コミ情報等を紹介します。

西新宿杉江中央クリニックの目頭切開の方法と特長

  • 目頭切開料金/220,000円(税込)
    ※二重瞼形成手術(切開法・埋没法)および眼瞼下垂手術を併用して受けることで併用割が適用され、165,000円(税込)となります。
  • 治療時間/目頭切開・全切開二重治療:約40分、埋没法:約10分〜15分

欧米人の多くは、アーモンドアイと呼ばれるきれいなアーモンド型の瞳を持っています。日本人にとっては憧れでもあるアーモンドアイですが、日本人にアーモンドアイを持つ人が少ないの原因の一つとして、「内眼角贅皮」があります。「蒙古ひだ」と呼ばれることもあり、日本人を含むアジア人にとりわけ特長的な内眼角贅皮ですが、この内眼角贅皮は目頭を覆う上瞼を指し、これがあることによって、目が本来の大きさより小さく見えてしまうのです。

目頭切開手術では、この内眼角贅皮を取り除くことで、瞳を大きくし、目元の印象をすっきりとさせる手術であり、加えて目と目の距離を近づける効果もあるため、

  • 目と目の距離が離れている方
  • 目を西洋人のように大きく見せたい方
  • 蒙古ヒダが強く張っている方
    • という方、更には、

      • 並行型の二重を作りたいという方

      という方におすすめできる手術です。また、場合によっては、切開法・埋没法といった二重まぶた形成手術や眼瞼下垂手術を併せて受けることで、更に大きく印象を変えることが出来る場合があります。

      目頭切開手術の流れ

      目頭切開手術 の大まかな流れとしては、まず、ペンを使って目頭のうちで切開を行う部分に印をつけた後、麻酔をうち、ペンでつけた印に従ってに蒙古ひだを取り除いていきます。その後、縫合を行ってから、10分程度幹部を冷却し、手術が終わった後に内服薬と点滴役を処方します。

      以上の工程の所要時間としては、約40分程度となります。また、手術日から数えて7日には抜歯を行うため、来院が必要となります。シャワー・入浴は手術日当日に、洗顔は手術日の翌日に可能ですが、手術後しばらくは、目をこすらないことが必要です。

      患者さんの声

      • 一重を中学生の頃からずっと気にしてきました。アイプチや埋没法などを一通り試してから、二重手術を受ける決心をしました。いくつかのクリニックでカウンセリングを受けましたが、西新宿杉江中央クリニックにお願いすることにしたのは、担当の先生とカウンセリングでしっかりとお話することが大きかったです。こういう雰囲気の目になりたい、形はこれくらいで、幅はこれくらいで、と詳しく希望を話すことが出来、先生も親身になって聞いてくれました。手術前に不安に思っていた点や、手術後に起こるかもしれないこと等についても詳しく話すことが出来たので、不安を解消した状態で手術に臨むことが出来ました。
        最終的に、二重切開、たるみ取り、脱脂を西新宿杉江中央クリニックにお願いしました。麻酔注射のときだけ痛みがありましたが、その後は、麻酔がしっかりと効いたのか、何も感じませんでした。手術中は看護師さんがずっとそばにいてくれたので、安心してベッドに横になっていました(笑)。先生は、27年間の美容外科医として勤めているという経歴を持っているだけあって、腕はとても良かったです。
        手術が終わって、腫れが引き、何もしていないのに二重のラインがくっきりと目元に浮かんでいるのをみると、改めてウキウキした気分に成ります。

      「美容外科を身近に」がモットーの「杉江 善哉」院長

      「限られた人たちが受けるもの」であり、更に、一定のリスクがつきまとう「不安なもの」というイメージを持たれてしまいがちな美容外科。西新宿杉江中央クリニックの院長をつとめ、美容外科医として四半世紀以上に及ぶキャリアを持つ杉江 善哉医師は、そうした美容外科の持つネガティブな覆し、美容外科をより身近で、多くの人に開かれたものすることを目指しています。そのためには、不安を抱えて来院する患者さん一人一人によりそいながら、それぞれの患者さんの不安を払拭させていくことが重要であると考える杉江医師。そんな杉江医師が率いる西新宿杉江中央クリニックでは、医療機関として満足度の高い治療を提供することはもちろん、患者さん一人一人が不安なく手術を受け、術後も安心して過ごすことが出来るような治療を提供することを目指しています。

      経歴

      • 1992年 東京慈恵会医科大学卒業
      • 1992年~1993年東京慈恵会医科大学付属病院 勤務
      • 1993年~2005年大手美容外科勤務
      • 2006年~2019年広島中央クリニック 院長
      • 2019年~西新宿杉江中央クリニック 院長就任

      目頭切開の名医厳選6選

      基本情報

      「女性をより美しく、幸せにするために。患者様の不安をなくし、美容外科治療をもっと身近なものへ」をモットーとして掲げている西新宿杉江中央クリニック。そんな同クリニックでは、豊富な経験を持つ医師・看護医・カウンセラーが丁寧にカウンセリングを行い、患者さんの要望、状態を踏まえた上で、豊富なメニューの中から最も適切なものであると考えられる治療を提案・提供いています。

      また、患者さんと円滑で蜜なコミュニケーションを行うためにも、同クリニックは、患者さんのプライバシーの保護を重視した設計が取り入れられています。例えば、来院から個室のカウンセリングルームまでは、他の患者さんとほとんど顔を合わせることなく移動することが可能であり、また、待ち時間を減らすためにも、完全予約制となっています。

      西新宿杉江中央クリニック
      所在地 東京都新宿区西新宿7丁目10‐18 4階
      アクセス JR新宿駅西口より徒歩5分/西武新宿駅より徒歩4分/都営地下鉄大江戸線 新宿西口出口D5より直通
      診療時間 10時00分~18時00分

      ▼傷跡が目立たない、社会復帰が早い、自然な仕上がりなのはどこ?▼

      目頭切開を行うクリニックの名医6名を厳選して紹介しています

目頭切開あんしんパーフェクトガイド